【岡崎市立男川小学校】夏野菜の栽培 〜名人の授業〜

 本校では、2年生の生活科の授業「花ややさいをそだてよう」で、毎年地域の名人の方に苗植えや栽培の仕方を教わっています。今年は71歳になられた女性名人。一緒に苗を植えたり、栽培の仕方を丁寧に教えていただいたりしました。収穫の時期、自分の顔よりも大きなきゅうりや、真っ赤に熟したミニトマトに子供たちも大満足。教室は大きな笑い声と笑顔でいっぱいでした。
 なかなかお会いすることのできない名人に、子供たちが感謝の気持ちを手紙につづって送ると、お返事のお手紙をいただきました。そこには一緒に過ごした時間がとても楽しかったこと、子供たちから手紙をもらったことがとてもうれしく、宝物にすることなどがつづってありました。子供たちは、手紙の内容に耳を傾けながらうれしそうな笑みを浮かべていました。名人から教わったのは野菜の育て方だけでなく、人と人が感謝の気持ちでつながっていくということでした。