【美浜町立上野間小学校】となえよう 魔法の言葉 「おはよう」と

 全校児童150名の小規模校ですが、校内は気持ちのよい魔法の言葉であふれています。その魔法の言葉とは、「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」のあいさつです。登下校中、地域の方とすれ違うとき、教室に入るとき、友達や先生と顔を合わせたとき、お客さんと出会ったとき、自分からあいさつをしようと心がけている子供たちです。
 毎年、あいさつ運動に向けてのスローガンを決めています。今年度は、できるかぎりたくさんの児童に参加してもらいたいという児童会役員の思いのもと、1年生から6年生までの児童にスローガンの募集を行いました。その中から、「となえよう 魔法の言葉 『おはよう』と」に決まりました。集まったたくさんのスローガンは、決定したスローガンと共に掲示しています。また、スローガンは掲示するだけでなく、朝会で唱和することで、子供たちの意識も高まっています。
 さらに、児童会役員を中心に、毎日あいさつ運動を行っています。毎朝門に立ち、登校する児童を「おはようございます!」と児童会役員が迎えます。登校する児童の顔を見てあいさつするようにしているそうです。「気持ちのよいあいさつが返ってくるととてもうれしい」と輝く笑顔で伝えてくれます。した方も、された方もうれしくなるあいさつは、やっぱり魔法の言葉です。