挨 拶     全国公立小・中学校女性校長会  会長 平林 久美子

会長


〜小学校新学習指導要領全面実施の年を迎えて〜
    
〜全国研究協議大会徳島大会中止のお知らせ〜

 昨年度に引き続き会長を拝命いたしました 平林久美子でございます。
 昨年度は、第69回全国公立小・中学校女性校長会全国研究協議大会が、都市機能と豊かな自然、伝統文化が調和した埼玉県川越市において盛大に開催されました。懇談会には、埼玉県御出身の柴山昌彦文部科学大臣(当時)にもご参加いただきました。大会を成功に導いていただきました「埼玉大会実行委員会」の皆様をはじめ、御参加くださいました全国の会員の皆様に厚く御礼申し上げます。
 さて、東京オリンピック・パラリンピックの開催、そして、新学習指導要領が小学校で全面実施となる令和2年度は、華々しくスタートするはずでした。ところが、3月は新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、全国の学校が休校となり、「卒業まであと○日」という日めくりカレンダーも途中でめくられないまま、卒業式当日を迎えた学校も多かったのではないでしょうか。子供たちの命を守ることを第一に学校経営を行い、これまでにない卒業式、入学式を挙行したり、中止や延期になったりする中、桜の花を愛でる間もなかったことでしょう。それでも私は、全国の会員の皆様が同じように全力で学校と子供たちを守っていらっしゃることを思うと、とても心強く感じておりました。
 今年は、7月30日・31日に第70回全国公立小・中学校女性校長会全国研究協議大会が、阿波踊りの準備で沸く徳島県徳島市で開催される予定でした。実行委員会の皆様は3年の月日を掛けて着々と準備を進めて来られました。昨年11月には、私も三部長と共に徳島を訪れ、会場の確認や詳細の打ち合わせを行ったところです。しかし、東京オリンピック・パラリンピックが1年延期となり、政府より緊急事態宣言が出され、学校が再開できない自治体も増えている中、全国研究協議大会を7月末に予定通り開催することは、全国の小・中学生の教育の充実のためにも、会員の皆様の健康やお立場を守るためにも正しくないと判断いたしました。徳島大会実行委員会の皆様には、研究紀要を作成し、全会員に配付していただきます。また、令和3年2月6日に予定されております、本会結成70周年記念行事の中で御紹介いただくことにいたします。
 昭和26年、80名でスタートした本会は、今年結成70周年を迎えます。令和3年2月6日には、東京において結成70周年記念式典を行います。その頃には、新型コロナウイルスも納まってほしいと切に願っているところです。
 本年は、小学校における新学習指導要領全面実施の年です。新型コロナウイルス感染拡大防止と児童・生徒の学力向上という大きな目的を達成するための取組等について、会員の皆様と情報交換を行いたいところですのに、お会いできないのは誠に残念でなりません。
 総会につきましては、会則「第三章 会議」、「第12条 総会」の第4項に「緊急やむを得ない事情により総会を開くことができない場合には、理事会の決議をもってこれにかえることができる。但しこの場合、次の総会において報告することとする。」とあります。そこで、理事の皆様に代表して御承認いただくようにしたいと存じます。その後、総会要項を会員の皆様にお送りいたします。
 最新の情報や議事内容等を本会のホームページに掲載することになると思います。会員の皆様、ホームページで情報を共有いたしましょう。そして、2月6日に東京で、皆様と共に結成70周年をお祝いできるように準備を進めてまいります。