肌寒い朝夕です。健康に気をつけて生活しましょう。

ホームページをよろしく

画像1 画像1
 本校ホームページの更新率(90日間)100%を達成しました。
 市内小中学校には、すでに100%を達成した学校がいくつかあります。本校も仲間入りを果たしました。これまで、毎日多くの方々にアクセスいただき、大変ありがとうございました。
 平成21年度も、こまめに更新を続け、タイムリーな情報をお届けする予定です。今後は、さらに充実した内容のホームページをめざしていきますので、これまで以上に多くの方々にご覧いただければ幸いです。

一期一会

画像1 画像1
 今日で平成20年度が終わります。
 職員の異動が、昨日新聞発表されました。年度替わりは、いつも「一期一会」の言葉を実感します。これまで黒田小で多くの子どもたちと関わってきた異動職員も、明日からは新しい出会い、新しい歩みに向かって旅立ちます。
 同時に、新しい職員が黒田っ子と出会い、新しい関わりを始めます。
【退任職員】
 教 諭 豊島美千子(退職)
      安田美智子(葉栗小へ)
      大沢 裕二(貴船小へ)
      田中 久徳(犬山・城東小へ)
      芳村めぐみ(長久手・北小へ)
      児玉真理子(豊田・高岡中へ)
 栄養士 鈴木智恵子(退職)
  これまでの黒田っ子との関わり、ありがとうございました。 

桜情報

画像1 画像1
      校庭の桜は 三分咲き  入学式が 一番の見ごろでしょう

玉堂コーナー移転

画像1 画像1 画像2 画像2
 春休み中、校内の掲示物を見直してみました。
 この機会に、これまで校長室廊下にあった郷土の日本画家・川合玉堂の作品を紹介するギャラリーを、中舎と南舎を結ぶ渡り廊下2階に移転しました。この方が、より子どもたちの目に触れる機会が多いと考えたからです。従来からある北舎2階の「山内一豊コーナー」と、移転した「川合玉堂コーナー」を併せて「郷土ストリート」を形成しました。
 テレビ番組の「お宝鑑定団」で、時々玉堂の作品が話題に上がりますが、日本画は、子どもたちにとってはあまり馴染みがありません。一宮市木曽川町出身の偉大な画家の作品を紹介することで、日本画の世界に少しでも関心を持ってくれればと思います。本物の作品のいくつかは、近くの「玉堂記念図書館」の常設コーナーで鑑賞することができます。
 ※川合玉堂→http://www.aichi-c.ed.jp/contents/syakai/syakai...

元気になったよ!(飼育委員会)

画像1 画像1
 先日、通院したウサギは、獣医さんに治療していただいたお陰で、だんだん元気になりました。
 まだ目の下に薬を塗ってやらなければなりませんが、嫌がることもなく、気持ちよさそうにしていました。一時はどうなることかと飼育委員一同、とても心配していましたが、元気を取り戻してホッとしています!
 春休み中も、飼育委員会は動物たちのためにがんばっています!

お知らせ

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 間もなく新年度スタート ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 いつも黒田小学校のホームページを応援していただき、ありがとうございます。
 今年度も元気いっぱいの子どもたちの様子、学校のさまざまな取り組みを保護者・地域のみなさまに発信していきたいと思います。

 なお、2008年度(平成20年度)に掲載された記事に関しましては、4月1日以降、ホームページ左下の◇過去の記事「2008年度」メニューをクリックすると閲覧が可能となっております。

 また、ホームページ右上のカレンダーを操作することで、過去の記事をご覧いただくこともできます。ぜひご利用ください。


画像1 画像1

春光あびて

画像1 画像1
                 春の暖かさが 戻ってきました

地域で育つ(3)

画像1 画像1
 「一豊杯剣道錬成大会」で一宮北高校の和太鼓部が演舞を披露してくれました。
 高校に和太鼓部があるとは知りませんでした。おなかに響くリズムを、軽快なばちさばきで演奏する地元の高校生の姿は新鮮で、「格好いい」と思いました。
 伝統文化の継承は、どの保存会も後継者不足が問題となっていますが、部活動として取り組んでいる彼らの姿は、文化継承の一つの方向性だと思います。地域の中で演奏機会をどんどん増やし、興味を持つ若者が増えるといいですね。日程が合えば、彼らの演奏ぶりをぜひ黒田っ子にも聴かせてあげたいと思いました。
 

地域で育つ(2)

画像1 画像1
 木曽川町の子どもたちを中心に結成された少年少女合唱団があります。
 その名を「木曽川少年少女合唱団 木曽川KIDS(キッズ)」といいます。今日の午後、第11回定期演奏会が尾西グリーンプラザで開催されました。
 年中さんから高校生、OGで構成された団員のみなさんが、前半は愛唱歌や童謡メドレー、イタリアンソング、ディズニーメドレーを次々に聴かせてくれました。調和のとれた美しい歌声に、聴衆から盛んに拍手が送られました。
 休憩をはさんで、後半はミュージカルを演じてくれました。年少から高校生までの幅広い団員構成を活かした配役で楽しませてもらいました。
 午前中の剣道同様、地域に子どもたちが活動できる場所があり、その発表の機会があるということは本当に幸せです。家庭にも、学校にも、地域にも居場所がある子どもたちは、成長できる機会がたくさんあります。そんな子どもたちをサポートする大人たちでありたいものです。

地域で育つ(1)

画像1 画像1
 「一豊杯剣道錬成大会」が木曽川体育館で開催されました。「山内一豊出生地」である木曽川町で行われるこの大会は、新市合併を機に始まり、今年で4回目を迎えました。
 開会式に臨んだ選手たちは、小学生が19チーム95名、中学生が男子28チーム168名、女子が31チーム186名。合計で何と449名の市内小中学生が一堂に会した大きな大会です。体育館に正座する449名の剣士の姿は、実に壮観でした。
 地元チームに所属する黒田っ子もたくさん参加していました。開会式の選手宣誓をしたのは、本校を卒業したばかりのN君でした。日ごろから元気なあいさつをしてくれるN君は、堂々たる態度と声量で立派に大役を務めてくれました。
 木曽川町には「総合地域スポーツクラブ」が整備され、剣道だけでなく、さまざまな種目のスポーツクラブがあります。黒田っ子は、地域の指導者から心身ともに鍛えていただける機会に恵まれ幸せです。

元気にしてますか?

画像1 画像1
 春休みに入って4日目。
 黒田っ子のみんさんは元気に過ごしていますか?4月6日の入学式まで、まだ1週間以上あります。スポーツクラブに所属している人は、練習や試合があり、一生懸命に身体を動かしていることでしょう。読書好きの人は、いっぱい本を読んでいることでしょう。あるいは、ETC搭載の車で、家族そろって遠出しているのかも知れませんね。春休み中も「早寝・早起き・朝ご飯」……とにかく、生活のリズムだけは崩さないように心がけてほしいものです。
 卒業生は、中学校生活への準備はすみましたか?制服や鞄、ジャージなどといった用具類の準備はもちろん、心の準備を忘れないで中学校の門をくぐってください。
 この時期は、別れと出会いのシーズン。黒田小の職員スタッフも、他校へ転勤する人、他校から転入する人など、この春、異動となった職員がたくさんいます(まもなく新聞発表があります)。4月1日からは、新スタッフで子どもたちのためにがんばります。

あしぶみ

画像1 画像1 画像2 画像2
             春のあしぶみ  でも 待ちきれない

もうすぐ1年生

画像1 画像1
    もうすぐ ピカピカの1年生   黒田っ子の 仲間入り

ドウダンツツジ

画像1 画像1
      季節によって さまざまな顔を 見せてくれます

寒の戻り

画像1 画像1 画像2 画像2
 先日までの暖かさが嘘のように、昨夜からぐっと冷え込み、今朝は吐く息が白く見えるほどでした。天気予報に雪マークがつく地方もあるほどです。
 寒の戻りで、校庭の桜の開花スピードが目に見えて落ちましたが、花が入学式まで持ちそうなのはありがたいことです。
 学校では、このところ平成20年度の帳簿の整理と21年度のスタート準備が並行して行われています。新しい教科書や机・椅子などが運び込まれたり、年度当初に配付するパンフレット類が届いたりしており、職員がその整理に追われる毎日です。
 春休み中の子どもたちは、どのように過ごしているのでしょうか?提出すべき宿題はありませんが、遊びと復習の両立をと願っています。そして、長期の休みにしか体験できないようなことに挑戦する日々を送ってほしいものです。

新陳代謝

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 新しい机と椅子が届きました。
 古く痛んだものと交換します。
 また一つ、新年度の準備が整いました。

新カテゴリー「黒田小の自然」

 校内には季節感を感じさせる樹木や花がたくさんあります。
 このカテゴリーを通して、四季折々の「黒田小の自然」をお届けします!
画像1 画像1

ウサギの通院(飼育委員会)

画像1 画像1
 飼育委員会で世話をしているウサギが1把、このところ目の下がただれてかわいそうな状態でした。「何とかしてあげたい」という思いから、獣医さんに診ていただくための費用をみんなで出し合おうかとも相談していました。先日、飼育委員が、校長先生や教頭先生に相談に行きました。
 今日、このウサギは、藤山先生に連れられて獣医さんに診ていただくことができました。費用も学校の予算で出していただきました。原因は「目やに」にありました。大きな病気を患っていたわけではありませんでしたので、みんなホッとしました。消毒してもらい、目薬も差してもらいました。

イメージ

画像1 画像1
 どんなことがらも、イメージというのは大切です。
 修了式の日に、4年3組の子どもたちから「私の校長先生像」をいただきました。子どもたちは、私に対するイメージを漢字一文字で書いてくれました。
 2学期、臨時で書写の授業をさせてもらった4年生。そんな関わりの中で、子どもたちが私に対してどんなイメージを抱いたかを知ることができました。「優」や「笑」、「強」「温」「筆」……それぞれが書いてくれた文字を見ながら、どうしてその子がこの文字を選んだのか、その子との関わりの場面が思い起こされます。そう言えばあの時……かけた言葉や、かけられた言葉が浮かんできます。
 この「私の校長先生像」というアイディアに感心するとともに、改めて日々の子どもたちとの関わり方が大切であることを教えてもらいました。ありがとう!
 

準備

画像1 画像1
 春休みの学校…子どもたちの響き渡る声がありません。

なにかもの寂しい感じがしますが、校内では来年度の準備が着々と進んでいます。


新トップページ
「こちらからどうぞ」をクリックしていただき、お気に入り・ブックマーク等をお願いします。
一宮市立黒田小学校
〒493-0001
愛知県一宮市木曽川町黒田字古城26番地2
TEL:0586-28-8740
FAX:0586-87-3249
校長 加藤 晋之
学級数  20学級
児童数 543名 (30.4.1現在)
★他サイト及び紙・電子問わずあらゆる媒体への無断転載を禁じます★
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 入学式