愛される学校づくり研究会

第2回教育と笑いの会

会場案内

名古屋ルーセントタワー 16階

ルーセントタワー


第2回 教育と笑いの会

平成25年10月、野口芳宏先生から次のように言われました。
 「玉置君に会ったら、ぜひ伝えようと思っていたことがあってね。最近の教育界は、何か怖気づいているようで、あまりにも元気がない。あなたは落語をやるでしょ。教育落語の会をやろうじゃないか。笑うとパワーが出るよ。この困難な時代を生き抜くには、笑いのエネルギーが必要だよ」
 こうした野口先生のご指示により、平成26年8月16日に「教育と笑いの会」を開催しました。開会での野口先生の言葉「ご先祖さまをお送りしなくてはいけない大切な日に、親不孝者がこんなに集まっていただきありがとうございました」から大爆笑。終始、会場には弾ける笑いが続き、おかげさまで第1回目は大成功となりました。

今回は第2回目となる「教育と笑いの会」です。この会を立ち上げたときに、野口先生はすでに、2回目、3回目と続けようと考えておられました。このことは次の指示からわかります。タイトル「教育と笑いの会」について野口先生に相談したときです。「タイトルの前に、『第1回』とつけておきなさい」と言われたのです。

今回は、番組を増やし、寄席のように次から次へと出演者が出てきます。メイン番組は、故・有田和正先生の授業ビデオを見ながらのユーモア分析です。また、池田修先生には、「『こんな時どう言い返す』ユーモア返答術講座」と題したワークショップをお願いしました。もちろん、プロの落語も堪能していただけます。第1回目と同様、これまでにないアプローチで、みなさんと「教育と笑い」について考え、教育界を元気にしたいと思います。どうぞお越しください。

●期 日
平成27年12月19日(土)
●時 間
13時00分〜16時40分
●場 所
名古屋ルーセントタワー16階にて
名古屋駅から地下道(ルーセントアベニュー)で直結、徒歩10分
●参加費
3000円
●定 員
200名
●主 催
教育と笑いの会・愛される学校づくり研究会
●申込み
下記申込ページから、お申込みください。(12月4日締切)

※定員になりましたので受付を終了させていただきました。

⇒申込ページ

  1. 申込受付後、ヤマト運輸のクロネコDM便にて「入場券」「払込票」をお送りします。お申込から1週間過ぎてもお手元に届かない場合は、事務局までご連絡ください。
  2. 入場券到着後、同封の払込票にて代金をお支払いください(8日以内のお支払いをお願いしております)。払込票は指定のコンビニエンスストア、ゆうちょ銀行または郵便局でお支払いいただけます。
  3. 払込票の受領証をもって、領収書に替えさせていただきます。別途領収書が必要な方は、当日受領証を受付にお持ちください。

※代金お支払い後のキャンセルは承っておりません。日程等十分ご確認の上お申し込みください。

●内 容
マイク2.jpg

野口芳宏・玉置崇の教育漫才

野口芳宏(植草学園大学名誉教授)
玉置崇(岐阜聖徳学園大学教育学部教授)
野口芳宏 玉置崇
マイク.jpg

志水廣の教育漫談

志水廣(愛知教育大学大学院教育実践研究科教授)
志水廣
マイク.jpg

『こんな時どう言い返す』ユーモア返答術講座

池田修(京都橘大学准教授)
池田修
マイク2.jpg

野口芳宏・池田修・玉置崇による落語鑑賞の勧め

扇.jpg

校長落語名人の芸を楽しむ

月の輪熊八(愛知県知多市立東部中学校長 小林幹政)
小林幹政
扇.jpg

プロの落語を楽しむ

桂雀太(上方落語家・桂雀三郎門下)

※桂紅雀から桂雀太に変更となりました。

雀太
マイク2.jpg

故・有田和正先生の授業におけるユーモアを学ぶ

有田先生の授業ビデオを見ながら、ポイントとなるところ(ユーモア)の分析と教育効果について語り合います。

登壇者: 野口芳宏、志水廣、佐藤正寿、桂雀太、玉置崇
F2015-2_登壇者2(変更)
有田和正
  進行役: 大西貞憲 大西貞憲


笑顔2.jpg 落語のお勧め

■茂木健一郎「脳を活かす伝え方、聞き方」(PHP新書)p73

もし会話上手になりたいのであれば、寄席や落語会に行くことをお勧めします。最低、10回は通ってください。10回行くだけでも、話し方はずいぶんと上達するはずです。落語を録音したものなども市販されていますし、ユーチューブなどを使えばネット上でも観ることができますが、私としては是非、生の落語を聴いていただきたい。

■池上彰「伝える力」(PHP新書)p193

話し方を学ぶには、落語は最高の教材になります。演芸場に足を運ぶのもよいでしょうし、CDやテープを繰り返し聞くのもよいでしょう。
 一流の落語家は、とりわけ間のとり方が見事です。一瞬止めて、間合いをとったかと思うと、また立て板に水を流すごとく話を続けます。