ねらい

郷土愛

【田原市立伊良湖岬小学校】かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間

記事画像1
 「かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間」を校訓とする伊良湖岬小学校は、開校3年目を迎えました。本校北側には、通称「うらやま」と呼ばれる山があります。時には学習林、時には部活動で体を鍛える場として、本校にとって大きな存在です。学習環境を自ら整えるとともに、地域の自然を大切にする気持ちを高め、郷土愛を育もうと、毎年春と秋に、保護者と児童が一緒に、環境整備作業を行っています。
 山頂までは「うさぎ」「たぬき」「かめ」の三つのコースに分かれており、学年分かれてそれぞれの担当場所の枯れ葉や枯れ木を片付け、通りやすいように整備していきます。整備をする中で、季節の木々や生き物にふれる機会にもなっています。
 整備を終えると、果樹園の手入れを行います。各学年が、毎年担当する果樹があり、草取りをして、肥料をまき、秋の収穫に向けての準備をします。1学期には、3年生がすももを収穫しました。4年生は梅を収穫して、梅干しやふりかけを作りました。これからの時期は、柿とみかんが収穫できるのを楽しみにしています。「うらやま」が与えてくれる自然の恵みを楽しみにしながら、作業を終えることができました。

【一宮市立浅井南小学校】保・小連携仲間づくり活動

記事画像1
 本校では、「心豊かな校区の子どもたちの育成をめざして〜保・小連携における仲間づくり活動を通して〜」をテーマに、保育園児と本校児童が一緒になって、地域における様々な活動に取り組んでいます。この取組を通して、これらの活動が地域の支えの上に成り立っていることに気づかせ、地域の一員としての自覚を高めるとともに、園児との交流の機会を各学年で意図的に設定し、他を思いやれる心豊かな子供の育成を図っています。
・1年生は、地域老人会の方から教えていただく「昔遊び」を園児に教えます。
・2年生は、地域の畑で園児と「さつまいもほり」をします。
・3年生は、地域の方と救出した「ヤゴ」を届けトンボに育てます。
・4年生は、地域の菊友会の方に教えていただきながら園児と「菊」を育てます。
・6年生は、地域の方から学んだ「伝統文化体験」から絵手紙を園児に教えます。
・5年生は、来年度に向けて園児を招いて仲間づくり活動のまとめとなる催物を開きます。
 年間を通しての取組となりますが、これまでに活動した児童からは「保育園の子が喜んでくれてうれしかった。」「すてきな仲間ができた。」などの感想が聞かれています。今後も心豊かな子供たちの成長につながるよう活動を進めていきます。

【一宮市立大和南中学校】地域の方と関わることの大切さ

記事画像1
 本校は、地域の方とのつながりがとても強いことが特徴で、以下のようなものがあります。
1「地域貢献隊」3年生のほとんど生徒が参加し、地域の盆踊りの準備として、テント張りを手伝っています。
2「読み聞かせの会」地域の方が行ってくださり、年に3回開催されています。毎回衣装や音楽などの趣向も凝らした読み聞かせをしていただいており、生徒たちは、とても楽しそうな表情で聞いています。
3「お茶お花の会」地域の方を講師として招き、その方々から教わりながら、自分で花を生け、お茶をたてて相手にふるまうことを体験します。
4「和楽器演奏会」音楽の授業の中で、地域の先生を招いて、箏(そう)に触れ、演奏するということを全学年で取り組んでいます。
 このような地域の方の協力を得て、様々な行事や体験活動を行っています。地域の方に見守られながら成長していることも感じることができており、「地域の行事に参加したい」「地域のために自分ができることをしていきたい」という気持ちをもつ生徒が増えてきています。

【蒲郡市立形原北小学校】「あじさいの里(第29回あじさい祭り)見学」

記事画像1 記事画像2
 今年もあじさい祭りに合わせて、1、2、3、6年生が、あじさいの里の見学に出かけました。1年生の生活科「あじさいのさとへレッツゴー!」、2年生の生活科「わくわくどきどき町たんけん」、3年生の社会科「みんな来て来てぼくらの形原」、6年生の図工「ねらえ、私のまちのベストショット」で、地域の財産であるあじさいの里を勉強することにより、自分の住む形原の町への郷土愛を育てたいと考え、毎年、各学年で行っています。
 あじさい祭りは、毎年6月の1か月間、形原温泉・あじさいの里に植栽された、5万株のアジサイが咲き乱れる中で、開催されています。このあじさい祭りには毎年1か月の開催期間に、約10万人の来訪者があり、形原地区では、大きなイベントの1つになっています。夜間はライトアップされ、昼間とは違った風情を楽しむことができ、運がよければあじさいの里に住むゲンジボタルを見ることもできます。

───<見学した3年生の感想>────────────────── 
 あじさいがとてもきれいで、たくさん咲いていました。いろんな種類
があって、びっくりしました。植えられているあじさいだけじゃなく、
「日本のあじさい展」などのイベントや歌手のコンサートがひらかれるな
んて知りませんでした。もう一回家族と一緒に行って、今日学んだこと
を家族にたくさん教えてあげたいです。
───────────────────────────────── 
 夏休み前、最後の全校集会で、3年生の子供が社会科の学習で学んだ「あじさいの里(あじさい祭り)のひみつ」を全校に発表しました。
 ・あじさいの里は、形北小の運動場6〜7個分、こんなに広いのに、
  たった5人で作業していると聞いて、びっくりした。
 ・山の斜面に植えてあるあじさいは満開で、それを見ながら階段を登
  り、上の方のベンチから見える三河湾のながめはすごくきれい。
 ・昔、頂上まで登ることができるロープウェイがあった。
 今後も自分の住む町に興味関心をもち、子供の郷土を愛する心を大切に育てていきたいです。

【設楽町立清嶺小学校】お茶と元気をプレゼント

記事画像1
 本校は、全校18名の小規模校である。学校の茶畑と地域の方の茶畑で茶摘みをした。今年で64年目となる伝統のある行事である。児童が摘んだお茶は、一人で住む地域のお年寄りのみなさんに届ける。子供たちは、お茶をとても喜んでくださるお年寄りのみなさんの顔を思い浮かべて茶摘みをした。児童が摘んだ生葉は31キログラムになった。
 7月4日と7日、製茶したお茶と手紙を持って、地域のお年寄りを訪ねた。お年寄りのみなさんは、この日をとても楽しみに待っていてくださり、歓迎してくださった。子供たちは、昔の話を聞いたり、質問をしたりして、楽しいひとときを過ごした。「毎年、お茶をありがとう。おいしく飲ませてもらっています。」「来年も元気でみんなに会えるように、おばあちゃんもがんばらんといかんね。」などと声をかけていただいた。
 活動後、子供たちから、次のような感想が聞かれた。
・地域の方とたくさんお話ができてよかった。
・おばあちゃんが喜んでくれたので、私までうれしくなった。
・笑顔で話ができて、とても楽しかった。
 お茶配りをすることで、楽しみに待っていてくださること、地域の方が温かく見守っていてくださることを実感し、子供たちは豊かな心を育んでいる。これからも大切にしたい学校行事の一つである。

【一宮市立北方中学校】地域のありがたさを感じる

記事画像1
 本校は、地域の方とのつながりが強いのが特色です。そのため、地域の方を交えた行事も行っています。
 1年生の「町会長と語る会」では、町会長の方を囲んで給食を食べながら、地域の様子について話を聞いています。また、3年生の「お年寄りを囲む会」では、北方町に長く住んでいらっしゃる方から、町の歴史や移り変わりについての話を聞いています。また、休日などに行われる地域の行事などには、中学生がボランティアとして積極的に参加しています。
 このようなことから、地域の方々の温かさをじかに感じることで、生徒たちは安心して落ち着いて生活することができています。また、「地域の行事に積極的に参加していきたい」「少しでも地域のために自分ができることをしていきたい」という気持ちをもつ生徒が増えてきています。

【田原市立大草小学校】 大草相撲大会

記事画像1
 本校は、市内で唯一土俵のある小学校として、「大草場所」と称し、運動会、夏休み、9月の年3回、相撲大会を行っています。本年度も5月に行われた運動会で、取組が行われました。
 1年生にとっては初めての体験ですが、6年生が1年生に組み方や応援の仕方を教えながら、小学校の伝統的な行事をつなげています。赤白それぞれが応援の仕方を考え、一人一人についた「しこ名」を呼び、一丸となって応援する姿がみられました。
 地域の方々も相撲大会を楽しみにしていて、善意で相撲場を整備してくださったり、子供たちが安心して勝負できるようにまわりから見守ってくださったりしています。

 ・負けちゃったけれど、みんなが「ドンマイ」って言ってくれたからよかったです。(児童の感想)
 ・今年はいつも以上に応援がまとまっていて、盛り上がっているな。(保護者の感想)

 子供と子供、学校と地域をつなぐ土俵をこれからも大切にし、単に勝敗だけでなく、国技の伝統を重んじることや、礼の精神も伝えていけるようにしたいです。
 

【幸田町立深溝小学校】 心を育む「ホタルを観る会」

記事画像1 記事画像2
 深溝小学校区では、毎年「ホタルを観る会」が行われています。地元を流れる拾石川には、5月下旬頃から、たくさんのゲンジボタルが飛び交う様子が見られます。地域の方々の故郷を大切に思う心が、このような行事の開催につながっています。そうした地域の方々の思いのこもった「ホタルを観る会」へ参加することを、深溝小学校の子供たちは大変楽しみにしています。
 6月6日(火)、来賓として幸田町長、町議会議員をはじめ多くの方々を迎え、第15回ホタルを観る会が盛大に開催されました。この日は天気も良く、絶好のホタル観察の天候となりました。事前に、地域の方々の協力で草刈りをしていただき、たくさんのゲンジボタルが飛び交う拾石川沿いを、安全に散策することができました。地域の方々の故郷を思う気持ちが、深溝の子供たちの地域愛や自然愛の心を育んでいます。

【南知多町立篠島中学校】小中合同クリンナップ

記事画像1
 篠島中学校では、日頃から地域の方々に支えられているという感謝の気持ちをこめて、小中合同で地域清掃活動「小中合同クリンナップ」を行っています。生徒会執行部が中心となり、生徒議会で清掃場所を検討しました。篠島の環境整備に目を向け、整備された生活しやすい環境を自分たちの手でつくりあげようとする取組です。また、小中学生が共通の目的をもって協力し、活動に取り組むことで、中学生は下級生のよいお手本となり、小学生は先輩たちからたくさんのことを学ぶ機会です。生徒・児童は、事前に観光協会、消防団、老人会などの各団体に協力をお願いし、活動当日には、島民が一体となって清掃活動を行うことができました。地域の方々のサポートのもと、中学生が小学生にアドバイスしながら、きちんとごみを分別して回収する姿が印象的でした。活動後の振り返りアンケートでは、「小学生と一緒に活動する機会や地域の方々と清掃する機会を増やし、みんなで島のために活動することで、篠島に訪れる人が増えてほしい」「このような活動を進めていくことで、小学生や地域の方々との交流の機会を増やし、篠島の将来について話す機会を増やしたい」などの声があがりました。今後も生徒たちの郷土を愛する心を大切に育てていきたいです。

【犬山市立栗栖小学校】 おなかも心も大満足!

記事画像1 記事画像2
 本校は、全校児童19名の小規模校です。毎年5月に児童の祖父母や地域の方々を招いて「肩もみ会食」を行っています。大型連休明けから3・4年生の児童が中心となり、会の企画・運営から当日の司会まで担当します。1・2年生は、自分の祖父母に参加してもらえるということで、今まで学習してきた国語の音読をもとにして、うれしそうに出し物の準備をします。
 会当日は、児童と祖父母・地域の方々が一緒になって「口パククイズ」や「震源地は誰だゲーム」をし、1・2年生や3・4年生の出し物を見ていただきました。給食の時間には、5・6年生が下級生に配膳の指示をしたり、自校で調理された松花堂弁当を率先して配膳したりしていました。和やかな雰囲気の中で会食が進み、最後に児童全員で「ふじさん」の合唱と「肩もみ」のプレゼントをしました。
 何よりもうれしいことは、「私は栗栖小学校の卒業生だが、子供がいないので、この建物になって初めて来ました。」「孫がいる間は毎年来させていただいています。」といった声が聞こえてきたり、会が終わっても、「この間は学校に呼んでいただいてありがとうございました。」という声が返ってきたりと、地域の方々から温かく見守られていると実感できることです。
 みんなで一緒にお弁当を食べ、感謝の気持ちを込めて肩もみをすることで、おなかも心も大満足の楽しい会食会を、今後も継続していけるようにしたいと思います。
心の教育推進活動