ねらい

国際理解

【瀬戸市立本山中学校】 ロウビル校生徒の受け入れ

記事画像1
 本山中学校は、オーストラリア・メルボルン市近郊のロウビル・セカンダリー・カレッジと友好提携しており、2004年から国際交流活動を続けています。今年度は、ロウビル校から生徒8名、引率教員3名の計11名を9月19日〜25日まで受け入れました。3年前から友好の証しに襷(たすき)の受渡しを行っており、昨年の訪問時に渡した襷(たすき)が戻ってきました。生徒全員が、ロウビル校の先生の授業や生徒のプレゼンを4時間受け、グローバル感覚あふれる充実した1週間となりました。また、ロウビル校は、来日のたびに平和教育のため広島に寄ってから帰国しています。本校生徒が折り紙の鶴の折り方を教え、一緒に折った鶴を広島に持っていってもらっています。ロウビル校の生徒だけでなく、本校の生徒にとっても平和について考えるよい機会になっています。この交流は、英語の表現力やコミュニケーション能力を身につけるだけでなく、生徒が世界や未来を見つめ、社会で生き生きと活動するための資質の育成につながっています。
心の教育推進活動