活動内容

あいさつ運動

【小牧市立光ヶ丘中学校】あいさつスマイルプロジェクト!

記事画像1 記事画像2
 小牧市では、“笑顔でさきがけあいさつ運動”が行われ、年に2回、地域の方も参加して「あいさつ運動」が開かれます。
 光ヶ丘中学校では、生徒会が中心となり“あいさつのあふれる学校”を目指して、「あいさつスマイルプロジェクト」を実施しました。
 登校時、昇降口から渡り廊下に生徒・教師が並び、元気な「おはよう」のあいさつとともに、ハイタッチをしながら教室へと向かいます。
 出迎える委員や教師の笑顔、ハイタッチしながら通る生徒の元気なあいさつ。みんなが自然とさわやかな気持ちになれる朝の一場面です。
 また、この「あいさつの輪」は、校内だけではなく、登下校や様々な校外での活動の場にも広がっています。

【尾張旭市立西中学校】全校一斉あいさつ運動

記事画像1
 尾張旭市立西中学校では、学期に1回「あいさつ運動」を行っています。
 本年度の1回目は、7月9日〜13日にかけて行いました。生徒会役員や職員が、「おはようございます」と元気よく登校する生徒に声をかけていました。登校する生徒からも元気なあいさつがかえされ、生徒たちの心の通じ合いを感じることができました。
 2学期は、PTAや地域の方、地域の健全育成協議会とも連携し、心の通い合う西中学校の「あいさつ運動」を更に活発に行っていきます。
 また、今回は、7月初旬にあった西日本豪雨の被災者の方に対する募金活動を合わせて行いました。急な企画ではありましたが、被災された一人一人への思いを込めて、生徒が積極的に募金をしている姿からは、思いやりの心を育むことに結びついていると感じました。

【清須市立西枇杷島小学校】豊かな心を育む

記事画像1 記事画像2
 本校には、豊かな心を育む教育活動がいくつかあります。その一つは、「挨拶運動」です。保護者だけでなく、地域の方にも学校に来ていただき、児童とふれあいながら挨拶をします。
 また、1年生の行事には、「親子ふれあい給食」があります。保護者の方にとっては、懐かしい給食を、1年生の児童にとっては、保護者と一緒にふれあいながら楽しい一時を過ごします。
 さらには、一年を通して、四季折々の日本の風物を感じられるように、節句ごとに、こいのぼりや五月人形、七夕飾り、節分、ひな祭りと様々な飾りを「ふれあい広場」に飾っています。
 他にも、6年生が、他学年に平和推進学習で広島訪問の際に持って行く千羽鶴の鶴の折り方を教えたり、歌詞カードの作り方を教えたりしています。
 これらの活動を通して、豊かな心が育つことを願っています。

【一宮市立向山小学校】PTAあいさつ運動

記事画像1 記事画像2
 本校では、年10回「PTAあいさつ運動」を登校時間帯に行っています。これは、PTA学級委員の方々に本校正門・南門に立っていただき、代議員や生活委員会の子供たちとともに、あいさつを行うものです。定期的に「あいさつ運動」を行うことで、子供たちとのあいさつの習慣化を図るとともに、保護者と一緒に行うことで、地域で子供たちを見守る一助とすることが目的です。
 そして今年は、「あいさつは、遠くから、何度でも、大きな声で」をスローガンに「あいさつ運動」を展開しています。そして、「相手の目を見て、自分から、相手に聞こえるような声で」言うよう指導しています。
 「おはようございます」と、いつものあいさつより更に元気のいい、ハリのある大きな声が、グランドに響いています。高学年の子の元気なあいさつにつられて、最初は恥ずかしそうだった1年生の声も、日に日に大きくなってきたことは、うれしいことです。また、大きな声で言う子は、笑顔で言うことができます。笑顔の輪も広がってきました。
 あいさつは、人とひとの心をつなぐ大切なもので、子供たちの成長のために欠かせないものです。あいさつの輪を広げ、あいさつのあふれる学校にしていきたいと考えています。

【江南市立古知野東小学校】小中連携で行うあいさつ運動

記事画像1 記事画像2
 本校の教育目標の四つの柱に「あいさつ・時間・そうじ・歌声」があります。高学年の児童は、入学してからいつもこの四つの柱を意識していて、下級生の手本となる姿で生活することができています。
 特に、「あいさつ」については、廊下ですれ違う先生や下級生に、大きな声で、にっこり笑顔であいさつをするなど、みんなが気持ちよく生活することができる環境をつくり上げています。その効果があって、入学してきたばかりの1年生も、高学年のまねをして、大きな声でにっこり笑顔のあいさつができるようになってきました。   
 また、年に数回ある「あいさつデイ」には、ふれあい委員会の児童が、小中連携で地域の中学生とともに校門で「あいさつ運動」を行い、あいさつを交わしています。中学生のさわやかなあいさつは、小学生の手本となり、これまで受け継いできた古東小の流れを実感することができます。 
 私たち教師も、「あいさつデイ」に中学生と会話をする中で、卒業生たちの様子をうかがい知るよい機会となっています。小学生も、昨年まで一緒に登校した上級生が元気に楽しく中学校生活を送っている姿を見ることができ、久々の再会に、いつも以上に元気のよいあいさつが交わされています。
 あいさつは心と心を通わせる第一歩です。今後も、いつもさわやかなあいさつの声が響く学校にしていきたいと思います。

【小牧市立小牧南小学校】市内一斉あいさつ運動

記事画像1 記事画像2
 小牧南小学校のある小牧市では、1学期、2学期1回ずつ、「市内一斉に朝あいさつ運動」に取り組んでいます。
 本校では、職員はもちろん、PTAの方々、そして、児童会の運営委員の子供たちも、門に出て元気に「おはようございます」と声をかけ、全校の児童のあいさつが飛び交うよう活動しています。
 二つの門では、腕章をかけた高学年児童の呼びかけで、登校してくる児童たちは、どの子も笑顔で挨拶を返してくれます。気持ちのよいあいさつを交わすことで、心が通じ合い、お互いを思いやる行動にも結びついています。

【半田市立乙川中学校】あいさつ運動で心を磨く

 半田市では、いじめのない学校づくりを、子供たち自身の手で進めるために、市内5中学校の生徒会役員が集まり、「生徒会サミット」を開いています。いじめ根絶に向け、平成25年10月に発表した「スマイル宣言」の普及・浸透を目指し、毎年話合いを重ねています。
 乙川中学校では、体育館で朝礼を行う際に、入り口付近であいさつ運動を行っています。生徒会執行部を中心に、生徒が「のぼり」を手にして、いじめ根絶に向けた活動をしています。取り組み始めた頃は、執行部の生徒があいさつをしても、小さな声であいさつをしたり下を向いたりする生徒が多くいました。しかし、毎週取り組むことで、あいさつが飛び交う学校になってきました。現在では、生活委員会とも協力をしながらあいさつ運動を行い、心が通い合う生徒の育成に努めています。
心の教育推進活動