ねらい

家族との信頼関係

【田原市立伊良湖岬小学校】かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間

記事画像1
 「かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間」を校訓とする伊良湖岬小学校は、開校3年目を迎えました。本校北側には、通称「うらやま」と呼ばれる山があります。時には学習林、時には部活動で体を鍛える場として、本校にとって大きな存在です。学習環境を自ら整えるとともに、地域の自然を大切にする気持ちを高め、郷土愛を育もうと、毎年春と秋に、保護者と児童が一緒に、環境整備作業を行っています。
 山頂までは「うさぎ」「たぬき」「かめ」の三つのコースに分かれており、学年分かれてそれぞれの担当場所の枯れ葉や枯れ木を片付け、通りやすいように整備していきます。整備をする中で、季節の木々や生き物にふれる機会にもなっています。
 整備を終えると、果樹園の手入れを行います。各学年が、毎年担当する果樹があり、草取りをして、肥料をまき、秋の収穫に向けての準備をします。1学期には、3年生がすももを収穫しました。4年生は梅を収穫して、梅干しやふりかけを作りました。これからの時期は、柿とみかんが収穫できるのを楽しみにしています。「うらやま」が与えてくれる自然の恵みを楽しみにしながら、作業を終えることができました。

【江南市立布袋小学校】ほてっこ道徳教育の歩み

記事画像1
 本校では、道徳の教科化を見据えて「心の教育部会」を立ち上げ、研究を行っています。部会では、学年ごとの年間指導計画の作成や「考え、議論する道徳」の授業づくりに向けた研究を進め、授業公開を行っています。
 また、道徳授業の取組を「ほてっこ道徳教育の歩み」やホームページで紹介しています。「ほてっこ道徳教育の歩み」では、教科化に向け、授業内容や学年道徳などの授業実践を分かりやすく紹介をしています。保護者の方に道徳について知ってもらい、家庭での関心を高めています。紹介されていた「家族愛・家庭生活の充実」の読み物について、実際に授業で書いた手紙を家庭で見せると、「お母さん、喜んでくれたよ」と子供たちがうれしそうに話してくれました。「ほてっこ道徳教育の歩み」を通して、道徳に対して共通理解を行い、学校だけでなく家庭,地域と連携して、子どもたちを育てていきたいと考えます。

布袋小学校ホームページ http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2310019

【春日井市立玉川小学校】親子除草作業で学校をきれいにしました!

記事画像1
 本校は、毎年9月末に運動会を実施します。そこで、2学期の始めに親子で夏の間に伸びた校庭の雑草を取り、安全に学校生活が送れるよう、環境を整える活動を行っています。始業すぐの時間帯でしたが、今年も多くの保護者の皆さんが参加して、我が子や地域の子供たちと一緒に、汗を流しながら大きな袋に刈り取った草をどんどん入れていきました。やがて1時間もすると、校庭の片隅に草の入った袋の大きな山ができました。子供たちからは、「学校がとてもきれいになってよかった」「暑かったけれど、お母さんと一緒に草取りができて楽しかった」「友達のお父さんから草取りの道具の使い方を教えてもらえた」「草がいっぱい入った袋を運んでいたら、知らないお母さんに『御苦労さま』と声をかけてもらえた」などの感想が聞かれ、親子一緒に体を動かして仕事をすることで、家族の絆(きずな)を強くするとともに、地域の人たちとも心を通わすよい機会になっています。

【豊橋市立五並中学校】豊橋・学校いのちの日読み聞かせ

記事画像1
 五並中学校では、豊橋・学校いのちの日(6月18日)までの1週間に、毎年「いのち」に関する読み聞かせを行っています。
 昨年までは、教師が題材や本を選び、読み聞かせを行っていましたが、今年度は、図書委員が中心となり、読み聞かせも生徒が行うようになりました。全クラスを図書委員が分担して、3日間、連続して、朝の読書の時間に読み聞かせを行いました。
 上の写真は、2年生のクラスで、「白いやさしいゾウのはなし」という本を読み聞かせているところです。読み手の生徒もとても読むのが上手で、内容がよく伝わってきました。よく練習したことが伺えました。読み聞かせを受けた生徒からは、「白いゾウを見たことがないから、見てみたい。」「お母さんゾウは、息子を火事から守って死んでしまってかわいそうだったが、とてもやさしいと思った。」「自らの命を捨ててでも子ゾウを守ったところが、母親らしくてすごいと思った。」「容姿はちがうこともあるが、誰にでも一つはよいところがあるとわかった。」など、様々な感想が聞かれた。
 五並中学校は、この活動を、これからも地道に、長く続けていきます。

【豊川市立八南小学校】 読書週間

記事画像1
 豊川市八南小学校では、6月20日(火)から7月3日(月)まで読書週間がありました。初日20日の3時間目には『いっぱい であおう わくわくどきどき』をめあてに読書集会がひらかれました。プログラムは(1)図書副委員長の言葉(2)おすすめの本の読み聞かせ(3)図書室の使い方を説明する劇(4)人気の本ランキング発表とクイズ(5)図書委員長の言葉でした。子供たちはクイズに楽しく答えたり、読み聞かせの本を真剣に聞いたりして、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 この集会の後で、読書カードが配布され、読書週間がスタートしました。毎朝8時25分から40分までを「読書タイム」として、たくさん本を読むよう取り組みました。(1)「わたしのおすすめ本」を紹介しよう(2)毎日家庭で20分以上読書をしようをめあてに、それぞれの「読書記録カード」を使って、自分の読書の足跡がたどれるようにして取り組みました。
 「読書週間のふりかえり」で、低学年のある女の子は、「本がにがてだったし、字を読むのがゆっくりだったけど、だんだんうまくなって、読書がすきになりました。」と書いていました。また、ある男の子は、「テレビをけして本を読むことができました。これからもたくさん本を読んでいきたいです。」と書いていました。

【刈谷市立富士松北小学校】 地域・親子ふれあい活動

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 本校では、地域と関わり、親と子のふれあいを深めることをテーマに「地域・親子ふれあい活動」を行っています。活動内容は様々で、地域の方を講師としてお招きし、スポーツ、制作、ゲームなどの種目に親子で楽しんでいます。
 この活動はPTAの方が中心となって準備を行います。子供たちが参加する種目は希望により決定します。子供たちは、新しい種目に挑戦したり、一つの物を親子で作り上げたりする時間を楽しみにしています。
 子供たちから感想を聞くと、「初めて陶芸をしたけれど、楽しくできた。お父さんと一緒に参加できて、うれしかったよ。作品ができあがるのが楽しみ」と、ふだんは忙しくて、時間がとれないお父さんと過ごしたことに喜びを感じている子がいました。オリエンテーリングに参加した保護者の中には、「子供と一緒にハイウェイオアシス内を歩きながら、いくつも新しい発見をしました。またゆっくり子供と歩きたいです」と話していている方もいて、子供とともに地域のよさを見直す機会になったようでした。
 また、講師の先生に「楽しかったです。ありがとうございました」と個人的に挨拶する子も多くいて、「あいさつ運動」実践のよい機会にもなっています。
 このように、「地域・親子ふれあい活動」は、子供たちが地域の方や保護者とのきずなを深めたり、感謝の気持ちをもったりすることができる貴重な時間になっています。
心の教育推進活動