安全への配慮

〔豊橋市立多米小学校〕 情報モラルの実践〜家庭でのメディアの使い方を見直そう〜

 多米小と東陽中合同で、「家庭でのメディアの使い方を見直そう」というテーマのもと学校保健委員会を実施した。この会は、児童生徒だけでなく、保護者・地域の方々・教師がともに考える会として実施している。
 小学校1年生から中学校3年生までの児童生徒を対象にした生活点検アンケートの結果から、学年が上がるにしたがって、ゲームや携帯電話・パソコンの長時間利用が浮き彫りとなった。メディア機器は生活に便利なものであるが、使い方を誤ると大きな問題や事件に発展してしまうことを子供たちは知り、正しい使い方をしなくてはいけないことを学んだ。児童生徒の意見だけではなく、家庭の声を聞く場も設けた。「子供が勝手にダウンロードをして困る。」「夜中まで友達と無料通信アプリで会話をして,やめられない。」「通信内で言葉が乱暴になり、友達とのトラブルに発展した。」などの意見から情報モラルの問題が身近な問題であることを実感することができた。
 子供たちは学校保健委員会に参加することで、多くの意見をもつことができた。「メディア機器がコミュニケーションの道具としてよい方にも悪い方にも使えるので、使い方に気をつけないといけないと感じました。」「夜9時以降は友達と連絡しないというのをみんなが守らないといけないと思いました。」参加した保護者の方からは「メディアの使い方は、家庭でルールを決めることが必要です。しかし、続けて守れるように学校が声かけをするなど連携が大切と感じました。」という感想をいただきました。
 このように小中が連携して学校保健委員会を実施し、保護者や地域の方々にも参加を呼びかけることで、地域が一体となって子供たちの生活習慣を振り返るとともに情報モラルの意識を高めることができた。

【大府市立北山小学校】親子で学ぶスマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 全国的な統計では、小学生の約半数がスマートフォンや携帯電話を持っているという実態があるそうです。本校の6年生も、かなり高い確率でそれらの機器を利用しています。また、自分用のスマホや携帯電話は所有していないものの、家族のスマホやパソコン、タブレットを日常的に使用したり、インターネットにつながるゲーム機で通信したりする児童も含めると、ほとんどの児童が情報モラルの危機にさらされているといえます。
 本校6年生では、6月第2土曜日のふれあい学級(親子学級)の機会を利用して、「親子スマホ・ケータイ教室」を開催しました。これは、携帯電話会社の出前講座なので、講師の先生はその道のプロです。さすがに話が上手で、すぐに子供たちの気持ちを、がっちりとわしづかみしました。適所で動画やパワーポイントで資料を提示してくださるので、大変分かりやすく、大人も子供も食い入るように聞いていました。
 内容としては、小中学生が事件を起こしてしまいがちなトラブルについて、具体的な事例を挙げながらの説明です。そして、トラブルへの対処法や予防法についても教えていただきました。具体的には、インターネット上のなりすまし、情報漏えい・拡散の恐ろしさ、ネットゲームの落とし穴、無料通信アプリやSNSによるいじめなど、どれも身近で起こりうる恐ろしさが感じられるものばかりでした。最後には、質問コーナーもありました。
 講座に参加した児童からは、「ふだん、何げなくやっていたけれど、気を付けないと悪いことに簡単に巻き込まれてしまうことが、よく分かりました。」「スマホが自由に使いたいと思っていたけれど、ちょっと怖くなりました。」などの感想が聞かれました。また、保護者からは「親が何も知らずに与えていると、大変なことになると心配になりました。」「子供が使うインターネットには、フィルターをかける必要があると感じました。」「親子で聞けてよかったです。」などの声が聞かれました。
 児童・保護者・教師がそれぞれの立場で、自分自身も含め、子供たちや家族を守るという意識・姿勢が必要であると感じさせられた行事でした。

【豊橋市立高師台中学校】 出前講座 ケータイ教室

記事画像1
 子供たちが、自らの判断でケータイトラブルに関するリスクを回避する能力を身につけさることをねらいとし、全校生徒を対象に講師の先生をお招きして『ケータイ教室』を開催しました。
 特定のメンバーをグループから外してチャットをするという中・高生に起こりやすいトラブルの例が紹介され、加害者、被害者、傍観者のそれぞれの立場で考えました。また、友達同士の悪ふざけのつもりで発信したウソの情報が、ネットや口コミで拡散し、遠く離れた場所で大勢の人々を巻き込み、大混乱を引き起こしたというトラブルも紹介されました。
 講座の後、生徒たちは友達とかわしたSNSを使ったやり取りの内容などを思い出し、その時は何も考えずに過ぎていった小さなトラブルが、大きな問題に発展する可能性があったことを知り、大事にならずにすんだ安ど感と同時に、ケータイの使い方への不安感を覚えていました。
 事後指導では、SNSに文章を書きこむ際は、相手の気もちを考えること、ネット上で知り合った人と会うのは危険であり、個人情報を教えないことを確認しました。また、ケータイ使用にあたってのルール作りや、フィルタリングの設定を保護者にもすすめました。
 ケータイ・スマホのますますの普及とともに、ネットトラブルの増大が予想されます。教員が常に最新の情報をもつよう努めるとともに、生徒・保護者との情報共有を続けていきたいと思います。

【あま市立美和中学校】ケータイ・スマホ 安心安全教室

記事画像1
 『インターネットやスマホの年齢にあった使用方法を知る』『保護者が子供にSNSなどを使わせる上で注意すべき点を知り、家庭での指導の機会にしてもらう』というねらいで、中学1年生と保護者を対象に、講師の先生をお招きし、ケータイ・スマホ 安心安全教室を開催しました。事前アンケートから、自分専用の携帯電話等を使っている生徒は7割、親の携帯電話等を使っている生徒を含めると、9割以上の生徒が日常的にインターネットを利用しているとわかりました。この現状を踏まえ、講演では、トラブルの未然防止のために個人で・家庭で何をしなければならないか、具体例を用いてわかりやすく教えていただきました。
 生徒の感想には、「フィルタリングをかけてもらう。また、ルールを作り、それを守り、相手を思いやって利用することを忘れずに正しく使おうと思います。そして何よりも、コミュニケーションを大切にしたいと思います。」とありました。
 事後指導では、コミュニケーションを大切にできるよう、人間関係に焦点を当てた道徳の授業を学年で一斉に行いました。また、この様子を学校だよりでお知らせするとともに、愛知県小中学校PTA連絡協議会からの啓発文書を配付し、保護者と学校が協力してトラブルの未然防止に努めました。

【犬山市立東小学校】情報モラルに関する道徳の授業実践

記事画像1 記事画像2
 本年度、授業参観日に、全校一斉道徳授業公開を行いました。3年生は主題に「節度ある生活」を取り上げ、「とどいた広告」という資料を通して情報モラルについて学習しました。誘惑に負けてインターネットサイトに、個人情報を入力してしまった主人公の行動について話し合いました。自分だったら個人情報を入力するかしないかについて、グループで意見を交流しました。「簡単に入力してしまったら、大変な事件に巻き込まれてしまうよ。」「家族に叱られるから入力してはいけないよ。」など、3年生なりに個人情報は大切なものであることは分かっている様子でした。授業のまとめに「ネット社会の歩き方〜住所や電話番号を教えるのは慎重に〜」という動画を視聴しました。インターネットで安易に情報の受渡しを行うことで、周囲の人に迷惑をかけたり、自分自身が被害に遭ったりすることを確認しました。授業を参観した保護者の方からは、「子供たちを取り巻くネット社会の恐ろしさを改めて実感しました」という声が聞かれました。情報モラルについて保護者も一緒に考えるよい機会になりました。

【弥富市立白鳥小学校】 みえないおともだち

記事画像1
 
 本校には、日常的にスマートフォン、タブレット、パソコンを利用している児童は多くいます。また、ゲーム、学習、コミュニケーション手段としてなど、多岐にわたりこれらを積極的に活用している様子も見られます。こうした傾向の低年齢化は進み、1年生においても同様の様子が見られます。
 そこで、10月に1年生において、子供たちになじみのある学校放送の「ざわざわもりのがんこちゃん」の中から「みえないおともだち」を教材として、「情報社会の危険から身を守るとともに、不適切な情報に対応する力」を育てることを目標とした情報モラルの授業を行いました。
 「みえないおともだち」を信じて、大変なトラブルに巻き込まれていくがんこちゃんの姿を通して、「会ったことのない人は知らない人なんだということがわかりました」「スマホがとっても危ないものだと知りました」「スマホを信じて勝手にしゃべっちゃいけないと思いました」「家の人がいないところではぜったいにやりません」など、まとめの感想には子供たちの真剣な思いがたくさん書かれていました。楽しくわかりやすい人形劇を通して、子供たちは「相手の見えない情報を安易に信じる怖さ」を学んだ様子でした。
 情報社会の中に生きている子供たちがその情報に振り回されることなく、安全に健やかに成長できるように、本校では発達段階に応じた情報モラルの指導を継続して行っていきたいと考えています。
 

【蟹江町立須西小学校】携帯電話安全教室を開きました

記事画像1
 本校では今年度、携帯電話会社の方に来ていただき、携帯電話安全教室を開きました。5、6年生を対象に、スマートフォンや通信ゲーム機などを通してインターネットを使う上で、知っておかなければならないルールや、起こりうる危険なトラブル、インターネットを安全に使うための心構えについて、スライドを通して分かりやすくお話をしていただきました。
 最近では、子供たちが、身近な機器を使って簡単にインターネットを使うことができるようになった分、思わぬところで法に触れたり、犯罪に巻き込まれたりすることも増えているようです。子供たちは、自分たちがふだん使っているインターネットの危険性を改めて感じ、インターネットのルールや使う上で気を付けなければいけないことを学んでいました。
 子供たちにとって、「情報モラル」を自分たちに必要な課題としてとらえるよい機会になりました。私たち教師も、インターネットとの正しいつきあい方を指導していかなければならないと感じました。

【江南市立宮田中学校】被害者にも、加害者にもならないために

記事画像1
 宮田中学校では、警察や大手通信会社の協力を得て、学年や発達段階に応じた情報モラル教育を実施しています。興味本位で交流サイトに参加し恐ろしい状況に陥ってしまった事例、ゲームアイテム欲しさに成りすましや詐欺まがいなことをしてしまう事例などを紹介してもらいました。日頃、便利に使用しているスマートフォンの恐ろしい面や使用する側の責任を改めて確認することができました。
 情報モラル教室の後、各教室に戻り、各自がスマートフォンを使用する際、何をしなければならないかを班で話し合いました。この教室を通して、SNS上で、加害者にも、被害者にもならないという誓いを新たにしました。

【安城市立安城北部小学校】携帯、スマホ親子安全・安心講座

記事画像1
 本校では毎年、6年生の児童と保護者を対象に「携帯、スマホ親子安全・安心講座」を実施しています。携帯電話やインターネット、ゲームに興味が高い高学年が、正しい情報の利用の仕方を学び、情報モラルに関して防犯意識を高めてほしいと考えました。本年度も11月28日(火)に、講師として、愛知県安城警察署の方を招いて実施しました。
 講話は二つのドラマをもとに進められました。一つ目は、携帯ゲームを始めてから、知らない人とSNSをやり取りしていく中で、自分の写真を送ったことで、トラブルに巻き込まれていく話です。二つ目は、自分の写真をSNSに投稿し、たくさんの人に見てもらえるようにするために、悪ふざけをどんどんエスカレートさせたため、自分に冷たい反響が返ってきたり、周囲に迷惑をかけたりしていきます。さらには、賠償金へのトラブルにつながっていく話です。どちらの話も、投稿した写真を消してもコピーをされて、永遠に使用されてしまう怖さが分かりました。また、フィルタリングをすることの大切さも知ることができました。講話の途中では、何がいけなかったのかを考える場も設けられ、具体的な対処法を共有することができました。
 児童は、「知っている内容もあったけれど、改めて怖さを知った」「危険なことがたくさんあって、びっくりした。これから気を付けたい」などの感想をもちました。保護者の方も情報社会の危険性について子供とともに感じ取り、これからの使用の仕方を考えるよい機会となりました。

【小牧市立米野小学校】情報モラルと動画共有サービスの危険性について

記事画像1
 5年生の学級では、一学期に野外学習へ行った際、動画共有サービスを参考にしながら学級でのスタンツをつくりあげました。そのときに、子どもたちが動画共有サービスについてとても詳しいことに驚きました。有名なYouTuberの名前を知っていたり、好きな動画を紹介し合ったりするなど、子どもたちは、動画共有サービスをとても身近な存在にしているのです。
 そんな身近な動画共有サービスの危険性について、子供たちに認知させるために授業を行うことにしました。小学生がなりたい将来の夢のランキングに、YouTuberがランクインしています。今まで小学生がなりたい将来の夢といえば、スポーツ選手や医者、看護師などでしたが、最近になってYouTuberがランクインし始めました。
 では、YouTuberになるということを、子供たちは本当に理解しているのでしょうか。そこで、小学5年生の児童がお年玉を開封する動画を、動画共有サービスにアップしたら炎上してしまった事例を紹介し、何がいけなかったのかをグループで考えました。「子供が大金を持ってはいけないから」「お年玉をもらったことを動画にするのがなぜいけないのだろう」など様々な考えが出ました。しかし、炎上したきっかけは、視聴者の「からかい」であることを知り、子供たちは、動画をあげることには危険が伴い、本当に気をつけて使わなければいけないことを学ぶことができました。
情報モラル教育実践