安全への配慮

【あま市立甚目寺南中学校】ネット機器と賢く向き合う

記事画像1
 5月14日(月)の5限に、情報モラル教室が行われました。今回は外部講師として勝野祐子先生に来ていただいて、ネットの利便性、危険性をわかりやすく話していただきました。「無料通信アプリの書き込み」や「スマホ依存、ゲーム依存」の問題など、今後どういったことに注意してネットにつながる機器を使えばよいのかを、しっかり考えられたと思います。ネット機器を使う上で大切なキーワードは以下の三つです。
1.フィルターをかけてもらう。
2.ルールを守る。
3.相手を思いやって利用する。
 使う人自身が責任をもって、フィルターをかけるなどの対応をし、また、見えない相手を思って使用する大切さを感じた1時間となりました。

―生徒の感想―
○情報モラル教室でいろいろと話を聞いて、SNSの恐さを知ることができました。私は無料通信アプリをやっているけれど、家族しかつながっていないので、あまり心配していませんでした。しかし、SNSでの被害がたくさんあったので気をつけたいです。
○無料通信アプリやSNSを使うときは、家庭でのルールをきちんと守り、いじめやトラブルがないようにしたいです。困ったことがあったら、近くの大人に相談して、きちんと解決しようと思いました。
○フィルタリングをかけることによって、様々な危険などから私たちを守ってくれるのはすごいと思いました。最終的には、やはり、自分のことは自分で守るということをしっかり心にきざみ、SNSを使おうと思いました。
○フィルタリングをかけることによって、より安全・安心に生活ができるということを知り、ぜひかけてみようと思いました。言葉しか見えない世界では、表情や気持ちが見えず、言葉のとらえ方も人それぞれです。だから、友達に対しての言葉づかいに注意し、もし誰かが悪口を言っていたら「やめようよ。」と言えるようにしたいです。SNSでの知らない人とのやりとりは、危険だということも学びました。自分の判断で知らない人と連絡先は交換せず、自分で自分の身を守っていきたいです。

【津島市立神守中学校】 情報の記録性・公開性の重大さ

記事画像1 記事画像2
 6月11日(月)全校集会の時間に「情報の記録性・公開性の重大さ」に関する講話を行いました。最近は、SNS等を用いて様々な情報をインターネット上に公開することが容易になりました。その一方で、インターネット上への安易な投稿が自分や他人にどのような影響を与えるかをよく考えず、不適切な投稿をしてしまいトラブルになることが本校の生徒においてもしばしばみられます。講話の中では、肖像権等のプライバシーの権利や、発信した情報は一度コピーされてしまうと完全に削除することが難しいことなどの話をしました。
 生徒は、映像を見ながら、それぞれの事例に対して、何が問題点でどう対処すればよいかなどを考えながらプリントにまとめました。講話後の生徒の感想からは、「個人情報の取扱いはこれまで以上に気を付けていきたい。」「相手のことを考えて、情報のやり取りをする。」等の意見や考えを聞くことができました。
 インターネットを利用する際に情報を発信してよいかどうか考え、ルールとマナーを遵守する態度を養うよい機会となりました。

【小牧市立味岡小学校】情報モラル教育

記事画像1
 本校の児童の中には、スマホのアプリを使って動画を投稿したり、無料通信アプリで友達と連絡を取り合ったりしている子がいます。
 今回、5年生の授業参観において、「ネット上で知り合った人」というテーマで情報モラル学習を行いました。実際に、出会いの誘いのメッセージが届いたらどうするか、自分たちが被害に遭わないための行動はどのようなものなのかを、グループで話し合いながら考えました。保護者の方々も、自分の子供がどのように考えているかを知り、これからどうスマホやネットと付き合っていくかを考えるきっかけになったようです。
 子供たちからは、「自分だけで考えないで、親に相談しようと思った。」「メールアドレスや電話番号を変えることもしないといけないかもしれない。」という意見がありました。

【一宮市立萩原中学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 「スマホ・ケータイ安全教室と人権について」と題して、携帯電話会社から講師の方をお招きし、インターネットの特徴や危険について話をしていただきました。
 ・情報は世界中に公開されていること
 ・一度載せた情報は消すことができないこと
 ・個人情報の特定がされてしまうこと
などをお話されました。
 顔の見えない相手とのメールのやり取りでは、受け取り方の違いもあるため、送信する前に自分の入力した文章を確認することが大切であると学びました。また、中学生・高校生にとって身近なSNSを利用したトラブルや、ささいな言葉のすれ違いから発展するいじめの事例といった動画を視聴したときには、生徒は登場人物に自分を重ねながら真剣に見入っていました。
 中身の濃い会となりました。

【新城市立舟着小学校】アプリ・SNSの安全な活用方法を学んだ情報モラル教室

記事画像1
 小学校の高学年から中学生の時期になると、スマートフォンを購入する子が増えてきます。スマートフォンは安全に活用すれば、とても便利な機器ですが、使い方を間違うと危険に巻き込まれる可能性があります。そこで、安全な使い方を学ぶために、4月26日(木)、新城警察署生活安全課の方を招き、高学年28名を対象として「情報モラル教室」を実施しました。
 高学年の子に聞いてみると、調べ学習や友達との連絡手段として、家にあるコンピューターや保護者のスマートフォンを使う機会がある子が多くいました。インターネットや無料通信アプリ、SNSなどが便利であると感じている子も多くいました。
 そこで、今回はインターネットや無料通信アプリ、SNSに潜む危険性について実例をもとに教えていただきました。
 一つ目の例は、通信型ゲームで知り合った、見ず知らずの男にだまされて、自撮りの画像を送ってしまった女子生徒の話でした。
 二つ目の例は、無料通信アプリで、悪気もなく発信したメッセージによって、同じグループの友達から仲間外れにされてしまったケースでした。
 この二つの実例を、DVDの映像で詳しく見せていただきました。インターネット上の「匿名性」がもつ怖さ、そして無料通信アプリの「相手の表情が見えず言葉だけでやり取りをしていく危険性」を理解することができました。
 最後に、インターネットや無料通信アプリ、SNSなどを利用するときが必ず来ます。そのときまでに、更に正しい知識をもち、便利な道具として安全に使用してほしいという話をしていただきました。
 授業後の子供たちの感想の中で多かったのは、次の二つでした。
・二つの話を聞いて、スマートフォンなどを誤って使用すると大変な事件に巻き込まれることが分かりました。
・インターネットで公開してしまった画像や個人情報は、消したくても消せないことが分かりました。知らない人に個人情報などを教えることは、絶対にしないようにしようと思いました。

【知立市立竜北中学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 本校では、毎年携帯電話会社の方をお招きして、「スマホ・ケータイ安全教室」を行っています。
 中学生の実態として、ケータイ電話を持っていなくても、パソコン、ゲーム機などでインターネットを日常的に活用する生徒が多いようです。インターネットの利便性はわかっているが、危険性については、自分には関係のないものとして考えているのではないかと思われます。
 「スマホ・ケータイ安全教室」の内容は、次のとおりです。
・インターネット上に掲載されている写真は、全世界の人が見ることができ、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性があること。
・何げなくクリックしてしまうと、個人情報が知られてしまうような危険なサイトがあること。
 生徒の感想からは、身近なことと受け止めて、トラブルに遭わないようにしようという意識を高めることができたと感じられました。

【稲沢市立大里東中学校】相手の立場を考えて

 本校では情報モラルに関する実態調査をもとに、情報伝達の安全性とマナーを考えるための道徳の授業を実施しました。
 情報モラル教材「春野家ケータイ物語」を視聴後、登場人物の気持ちについて話し合うことで、相手の立場に立って考えることの大切さを学びました。
 真剣なまなざしで意見交換をする姿が印象的で、「自分勝手な書き込みは取り返しのつかないことになると思った」「お互いにとって気持ちのよい内容を書き込むことが大切だと思う」といった感想が寄せられました。

【豊橋市立津田小学校】個人情報を守るためにはどうしたらよいのかな

記事画像1 記事画像2
 津田小学校では、特別支援学級の児童を対象に、「個人情報を守るためにどうしたらよいのか」について学ぶ授業を行いました。
 授業の導入では、カードを見ながら意見交流をし、どんなものが個人情報に該当するのかを理解することができました。
 また、個人情報漏えいに関するDVD教材を視聴しました。動画の内容をカードで示しながら確認することで、個人情報を知らない人に教えてしまうと、自分や家族が危険な目に遭うということを実感することができました。そして、もしものときの対処の仕方を自分なりに考えることができました。
 授業の終末には、「知らない人から個人情報を聞かれる」という場面を想定して、ロールプレイングを行いました。みんなで考えた対処の仕方を生かしながら、個人情報を漏らさないように対応する児童が多く見られました。
 授業を通して子供たちは、「個人情報」というものの存在を知り、それを守っていかなくてはならないという気持ちをもつことができました。今後も、情報モラルに関する授業に繰り返し取り組んでいきたいと思います。

【碧南市立西端中学校】スマホ教室の開催

記事画像1
 本校では、平成29年度の6月に生徒対象、7月に保護者対象、2月の入学説明会のときに新入生の保護者対象に、計3回のスマホ教室を開催しました。講師には、県の委託の指定を受けて、学校でスマホ教室を行っている専門家の方に来ていただきました。
 生徒対象のスマホ教室は、1年生と2年生、3年生に分けて実施しました。1年生は、「言葉の使い方」をテーマとし、メッセージアプリで意味を取り違えてしまう可能性のある事例をとりあげて学習しました。2・3年生は、「個人情報を守る」をテーマに学習しました。写真に記録される位置情報や、画像に映っている外の背景や部屋の中に映っているもの、人物が着ている服などからも個人情報が漏れていくことを学習しました。
 保護者には、「危険を知って安全に使わせる」をテーマに講座を開催しました。スマホのデモ機を使って、実際に中学生・高校生がよく使っている六つのメッセージアプリが紹介されました。講師の方から、「言葉の使い方」「個人情報の漏れ」「個人情報が盗まれる」ことによるトラブルについて、お話をしていただきました。
 どの教室でも「『危険を知って正しく使う』ことが、自分を守ることになる」ことを学びました。

【みよし市立三好丘中学校】IPAを活用した継続的実践

記事画像1
 本校では、1、2年生を対象に、技術科の授業の中で情報モラル教育を取り入れている。情報モラル教育と平行して学習経験を積むことで、自己のデータやプログラミングに責任をもつとともに、学校外で情報を扱う際にも高いモラル意識が働くことをねらいとしている。
<生徒の実態>
 本校は、学校全体では、毎年、情報メディアに対する心構えについて個人及び各家庭で考える取組をしており、生徒の情報モラルに対する意識は高い。しかし、端的にとらえた情報だけを信じてしまったり、違法サイトや危険なサイトに対する警戒心が薄かったりする。また、1、2年生の段階では無料通信アプリによるトラブルも、毎年のように発生する。
<実践内容>
 技術科の授業において、毎時間10分程度の動画(IPAビデオライブラリーより)を見るようにしている。感想と考察を共有することで、動画から得た知識や感覚を自分たちの考えや思いに変換して、情報モラルに対する意識を高めるようにしている。
<生徒の感想>
・よく知った友達同士でも、ネット上のやりとりでは気をつけなければならないマナーがあることが分かった。
・マナーを大切にすれば、トラブルを回避するだけでなく、よりよい関係を築くこともできると分かった。使う人の心が大切だと思った。
・ちょっとした油断や知識の不足で、想像もしないトラブルや事件に巻き込まれる可能性があると分かった。様々な情報と比較することで、自分自身で何が正しいかを判断し、自分の責任で情報を取り扱うようにしたい。
・大人になって、企業で情報を扱うときのことも学べた。今のうちから意識して、的確に情報を扱えるようになりたい。
情報モラル教育実践