令和3年度研究推進校 豊田市立小原中学校

画像1 画像1
 地域に愛着をもち、人との関わりを大切にし、生まれ育った地域へ感謝の気持ちを表現できる生徒の育成を目指し、道徳科の授業を要として、様々な体験活動や地域で活躍されている方々に触れる機会を多く設定した。そのため、地域の未来の発展について、前向きな思いをもち、自分たちが行動することが伝統の継承につながることに気付き、地域を大切に思う気持ちを高めようとする姿が見られた。
★詳細はこちら → ここをクリック

令和3年度研究推進校 豊川市立小坂井東小学校

画像1 画像1
 授業の展開の仕方と板書のまとめ方を工夫した「小東スタイル」を確立させ、話合いの時間を十分に確保し、自分自身を振り返らせることができた。対話活動に親しませ、授業の中にペアトークやグループトークを組み込んだことにより、応答や反応をしながら、自分の考えを積極的に伝え合えるようになった。
★詳細はこちら → ここをクリック

令和3年度研究推進校 犬山市立池野小学校

画像1 画像1
 児童同士の意見の交流時間をとったり、心情表を活用して話し合う機会をとったりすることで、児童の微妙な意見の違いや変容を議論の場に引き出し、授業を進めることができた。児童も、自分の考えをしっかり受け止めてもらえることで、全体の雰囲気と比較しながら、さらに考えを深めていくことができた。
★詳細はこちら → ここをクリック

令和3年度研究推進校 愛西市立八開中学校

画像1 画像1
 ICT機器を効果的に活用しながら、学年をまたいだローテーション授業や、縦割り道徳(ブロック道徳)を、教師がチームを組んで行った。また、学校行事や生徒会活動と道徳の授業を関連付け、道徳的実践の場を意図的に設定した。結果、教師力アップにつながるとともに、生徒の話合いも活発になった。また、道徳の授業の中で学んだことを生活の中で思い出す生徒が増えた。 
★詳細はこちら → ここをクリック