【武豊町教育委員会】 情報モラル教育「情報モラル講演会」の実施

画像1 画像1
 今年度武豊町では、武豊町立緑丘小学校の6年生児童を対象に、情報モラル講演会を実施しました。スマホ依存防止学会の方を講師にお招きし、「スマホ・ゲームが脳に与える影響」という題目で講演していただきました。
 講師の方から、家庭での勉強時間が同じであっても、スマートフォンを使用する時間の短い児童の方が学習面でよい成績を修めているというデータや、スマートフォンの使用にはお酒やたばこ、薬物などと同じで依存性があるといった内容について、わかりやすい説明がありました。
 講演後、子供からは「ほかの人と比べて、自分はスマートフォンを使っている時間が長くなっていることが分かった。」「スマートフォンが脳に大きな影響を与えていることに、とても驚いた。」といった感想が挙げられました。
 社会全体の情報化が急速に進み、子供がスマートフォンやタブレット等の端末を介して、日常的にインターネットに触れる機会が増えています。子供が適切に情報端末を使用し、依存することなく便利な道具として活用できるよう、今後も支援・指導を続けていきます。