【高浜市教育委員会】道徳授業づくり研修会の取組

画像1 画像1
 高浜市では、学校、家庭、地域が「12年間の学びや育ちをつなげる」という意識をもち、連携を深めています。その取組の一つとして、異校種間で市内の教職員が公開する一人一授業を参観したり、情報交換をしたりすることで、幼・保、小、中の教職員が互いの教育観や指導法への理解を深め、子供のよさを引き出す指導につなげています。市内の教職員が公開する授業においては、「特別の教科 道徳」の公開が増え、意識の高まりが見られています。
 そこで今年度の教職員夏期研修では、参加希望者対象で、道徳授業づくり研修を行いました。市内の道徳の指導員を講師に迎え、「道徳教育のマネジメントと指導・評価について」というテーマで学び合いました。参加者からは、「フリートークの場を設定することで子供の実態に沿った授業展開ができると感じ、実践していきたい。」「見えない心を可視化する板書の工夫にはっとし、すぐに試してみようと思った。」「道徳の授業はもちろんのこと、生徒と触れるさまざまな場面で『心に種をまく』を心がけようと思う。」などの声がありました。高浜市では、今後も豊かな心をもち、他者と共によりよく生きる子供を育む道徳教育を目指していきます。