最新更新日:2020/12/05
本日:count up77
昨日:160
総数:942210
厨川中学校 第73期生徒会スローガン「彩奏」〜集結して創り上げる新たな軌跡〜

異動の時期になりました。 その2

 昨日に引き続き校長先生に残していただいたものを紹介いたします。上の写真は会議室の表示板です。目立つように、わかりやすいように、時間をかけて作っていただきました。厨中はお客様が多くお見えになります。PTA活動も盛んで同窓会や、先生方の会議等、中でも会議室はかなりの頻度で使用しています。真ん中の写真は先日のHPでも紹介しましたが、スタンドの部分は用務員さんが表示の部分は校長先生の手作りです。移動式の表示板ですし、表示を変えることも可能です。下の写真は厨中が北梅太鼓を立ち上げることになった経緯をまとめたものです。新しい伝統になった本校の文化活動が後世にもきちんと伝わるよう、額に入れて中央廊下に展示してあります。太鼓の皮に傷がつかないようにと、専用のカバーも作っていただきました。何気なく、さりげなく、そういう便利なものを校長先生はたくさん残してくれました。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

異動の時期になりました。 その1

 本日(3月21日)、新聞に先生方の定期人事異動の記事が載りました。厨中からも多くの先生方が転出されることになりました。
 本校の佐々木孝志校長先生はこのたび、38年間の教員生活を終え、定年退職されることとなりました。また美術の教員としてだけではなく、熱い気持ちを常に持ち、サッカー・バドミントンなどの部活動でも多くの中学生を育ててこられました。それだけではなく、美術科教員としての腕を振るい、学校生活が過ごしやすいものになるよう、また、美しい学校になるよういろいろなものを手作りで残していただきました。写真は教室の表示板、そして厨中の歴史に欠かすことのできないシロヤナギの変遷についての説明です。ひとつひとつ、すべて時間をかけた手作りの品です。まだまだたくさんありますので、これから折を見てご紹介いたします。
画像1 画像1
画像2 画像2

小学校の卒業式に行ってきました!

 本日、(3月20日)大新小学校の卒業式に行ってきました。先日、厨中の卒業式は日本一とHPにUPしましたが、大新小学校の卒業式も大変立派で感動しました。式中、体を動かす生徒は一人もいませんでしたし、当然私語もなし。合唱にいたっては今までの思いを合唱で表現しようという気持ちがひしひしと伝わり、背筋がゾクゾクするほど感動しました。本日98名の生徒がが大新小学校を巣立ちました。保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。厨中に入学予定の生徒の皆さん、4月5日が入学式です。今から皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
画像1 画像1

集合!

 本日(3月19日)、学生協の方が取材で先生方の写真を取りに来ました。ついでに、といってはなんですが、そのときに先生方の写真も撮りました。残念ながら全員集合にはなりませんでしたが、このスタッフで1年間頑張りました。意外と先生方の集合写真を撮るのはそれほど多くなく、しかも仕事着でということになれば初めてなのかもしれません。生徒・保護者・地域の皆さん、1年間ありがとうございました。
画像1 画像1

春はもうすぐそこまで。

 今日の雨で、校庭の雪解けもだいぶ進んだようです。ただし、いまだに屋外活動の部活動は昇降口前のアスファルトでしかできません。ここ数日は晴れの日もなく、岩手山もしばらく姿を見せていません。「青き み空にそびえたつ 岩手の山と姫神を」厨中の効果の一節に取り上げられるほど、岩手山はいつ見ても雄大で美しい山です。個人的な感想ではありますが、毎日岩手山を間近で見られる学校に通えることを幸せに感じます。早く天気になればいいなぁと思っていますが、明日も天気は荒れ模様のようです。インフルエンザにもまだ数人が罹患しています。おたがいに体調管理には十分注意しましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

ありがとうございました。

 今日の午後、2年生の保護者の坂本さんから学校に電話がありました。内容は「知り合いの画家からいらなくなった額があるので必要であれば学校に寄付したい」とのことでした。早速、額(写真)を学校に持ってきていただきました。いただいた額は学校の美術作品の展示や生徒がコンクールに出品するときに使わせていただきます。お心遣いに感謝いたします。ありがとうございました。
画像1 画像1

逆戻りしたような感じです。

 3月も中旬になれば、雪も解け、グランドも使えるようになっていよいよ本格的な部活動!という感じですが、今日(3月16日)はご覧のように朝から雪が降り、まるで冬に逆戻りしたような感じです。インフルエンザの影響で部活がかなり休みになり、今度は雪が降り・・・。仕上がりは遅れそうですがそれでも工夫してやるのが部活動です。できることをやり、シーズンに備えます!
画像1 画像1
画像2 画像2

たくさんの花が卒業式を彩りました。

画像1 画像1
 写真の花は先日の卒業式のステージに飾られたものです。今年度から卒業式に花を飾ってみてはどうかということになりました。花は当日、演台向かって左側に飾られ、卒業式を彩りました。
 そこには、たくさんの種類の花があふれんばかりに飾られていました「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」に。そんなメッセージが込められていたように感じました。卒業式から三日が経ちました。卒業生の皆さん、「オンリーワン」になる準備、進めていますか。4月はすぐにやってきます。しっかり充電して春からの新生活に備えましょう。

北梅太鼓新曲【天真】初披露!

 一昨日の卒業式で、披露された北梅太鼓の新曲「天真」です。卒業式に初披露すべく、1・2年生の新メンバーが早朝や休みの日に集まって練習を続けてきました。当日は来賓に太鼓を指導してくださっている氷上共鳴会の皆さんにもお越しいただきました。初演奏でしたので生徒たちはかなり緊張したようですが、卒業生の門出を祝うべく、一生懸命バチを振っていました。これで、北梅太鼓は演奏する曲が二曲になりました。これからも演奏曲は徐々にですが増えていくことと思います。新生厨中の新しい伝統として生まれた北梅太鼓はこれからも進化を続けます!
画像1 画像1
画像2 画像2

雨の中をガンバリました!

 今日(3月13日)は恒例の一斉奉仕活動日でした。1、2年生と先生方がそれぞれの担当地区で活動しました。当初、ほとんどの地区が公民館等の清掃や周辺道路の歩道清掃の予定でしたが、昨日からの雪により、急遽、雪かきに変更になった地区がほとんどでした。それでも生徒たちは積極的に作業に取り組みました。厨中は地域に貢献する生徒・学校を目指してこれからも頑張りますのでご支援・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

213名が巣立ちました。

 本日(3月12日)、本校で65回目の卒業式が行われ、213名の卒業生が巣立ちました。入場から退場まで、送られる側も送る側もお互いの気持ちが入り、心が動き、揺さぶられるような、まさに「日本一の卒業式」になりました。特に3年生の返事は、今までの感謝の気持ちがたくさん詰まった、心がとても熱くなる「ハイ!」でした。
 保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。母校、厨川中学校は、これからもお子様を見守り、応援致します。お子様の今後の人生に幸多からんことを本校教職員一同、心よりお祈りいたします。本日はありがとうございました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式に向けて その5

 今日は3月11日。3年前の今日、東日本大震災が発生しました。厨中でも修了式の前に追悼の会を開きました。黙祷を捧げ、亡くなられた多くの方々の冥福を祈りました。そのあと、これから復興に向けて我々ができることは何かをテーマに会を続けました。校長先生からのお話の後に生徒代表の吉田凌野君(写真)が復興に向けて「今できること」「これからできること」について、副校長先生からは今を「いきる」ことについてお話をいただきました。生きていること、生かされていることに感謝し、自分の人生を切り拓いていくことが復興につながっていくのだということを改めて感じることのできた集会になりました。生徒全員が真剣な態度で会に臨んでいました。3年生の皆さん、明日の卒業生呼名では、今までの感謝の気持ちを「はい」の返事に込め、これからの決意を表しましょう。卒業式の準備はすべて滞りなく終わりました。あとは明日、3年生が仕上げをしてくれるはずです。最後の授業、そして在校生に「何かを残す」卒業式になることを確信しています。
画像1 画像1

卒業式に向けて その4

 明後日(3月12日)に迫った卒業式に向けて、今日(3月10日)は全体での式予行練習が行われました。式練習中、一人も注意されることなく、本番さながらの雰囲気の中で予定時間よりも早く練習を終えることができました。
 また、式に向けて、卒業生にゆかりのある方々からたくさんのお祝いの言葉をいただいております。晴れの舞台に向け、着々と準備が進められています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

岩手日報にも載りました。

 昨日(3月8日)行われたスプリングコンサートの様子が、本日付の岩手日報に載りました。コンサートに参加してくれた城西中学校の生徒も、ゲストとして宮城からお越しいただいた「みやぎびっきの会」の皆さんも大満足して帰って行かれました。その後、学校では吹奏楽部の「3年生を送る会」が開かれました。感動的な会になったようです。3年生のみなさん、最後の最後まで部活動に取り組んでもらいました。本当に御苦労様でした。そして、ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

本日、青山小・城西中・厨川中3校合同スプリングコンサート開催!

 本日(3月8日・土)標記の通り青山小金管バンド、城西中吹奏楽部、厨川中吹奏楽部の3校合同によるスプリングコンサートが本校体育館で開催されました。中には受検を昨日終了した3年生の飛び入り(予定通り?)の登場もあり、演奏に重厚感がプラスされました。青山小は「あまちゃん」他3曲、城西中は「CHERRY」他3曲、厨川中も「ミッキーマウス・マーチ」他3曲を披露。続いて3校合同の「アメリカシンフォニー」「ふるさと」を100名をゆうに超えるビッグサウンドを奏でました。
 そして今日のゲストはさとう宗幸さん、小柴大造さん、小川もこさん、高橋佳生さん、庄司眞理子さんたち(「みやぎびっきの会」)の皆さんによる「青葉城恋歌」「花は咲く」「虹をかけよう」で会場の皆さんとの交流や一体感の中でのうたごえとなり、大変な盛り上がりとなりました。
 このイベント10年。試行錯誤はありながら、確実に厨中学区に定着した恒例行事となりました。厨中が、地域とともに伸びていく厨中を方向付けしてからこの行事も積み重ねによって確実な実りとなりました。吹雪で気温が下がりっぱなしのなか、約300名を超す聴衆の皆さん、ありがとうございました。
 尚、本日の取材の結果は 5:20テレビ岩手 5:45めんこいテレビ IBCテレビは「世界ふしぎ発見」の後と言いますから10:00過ぎ そして新聞は明日(あるいはそれ以降の)岩手日報紙をご注目ください。
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式に向けて その3

 来週の卒業式に向けて体育館の式場準備が始まりました。2年生が中心となり、黙々と作業に取り組んでいます。昨年の今頃は、今回卒業する3年生が準備をしました。こういう作業も学校の中では引き継ぎです。公立高校受検も終わりました。ここからはさらに最高の卒業式にするための準備を、生徒も職員も気持ちを引き締めて進めていきます。

画像1 画像1
画像2 画像2

校舎落成記念事業実行委員会解散総会が開催されました。

 昨日、校舎落成記念事業実行委員会の解散総会が開催されました。今回の総会を持って組織は解散されることとなりました。校舎新築のお知らせから昨日にいたるまでの数年にわたり、ご尽力いただいた関係各位の皆様には改めて深く感謝申し上げます。ありがとうございました。集めていただいた協賛金は、学校のより一層の施設充実に向けた設備の充実と備品の購入に充てさせていただきました。下の写真はその中の一部です。

写真上:【拡大印刷機】  横断幕や行事等の縦横の看板制作に有効活用させて
いただいております。

写真中:【シロヤナギ表示】以前から学校敷地内にあったシロヤナギ(既に倒
木)の根株から出た新芽が立派な気に成長しました。そこで「新生厨中」の新
たな伝統として本校の歩みとともに成長してきたシロヤナギを保存すべく移植
するとともに表示板を設置させていただきました。

写真下:【チャイム】   縦型鉄琴です。のど自慢大会を連想される方もい
らっしゃいますが、立派な楽器です。

 この他にも、購入させていただいたものがございます。生徒、教職員共々末永く使用させていただきます。ありがとうございました。   
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式に向けて その2

画像1 画像1
 maruru。3学年主任の眞島先生が発行している学年通信です。今号の内容は「卒業式の練習をしっかりやろう」でした。最初の方の練習で、3年生がダラダラしていたことに対して注意をしたことについて書かれていました。「今、やれることを精一杯やれているか?」読んでいて全くその通りだと思いました。「卒業式は最後の授業」よく言われる言葉です。ですが卒業式はそれと同時に「在校生に3年生が残す最後の雄姿」でもあるのです。単に卒業証書を受け取ることが卒業式ではありません。「3年生、やっぱりスゲェな」「ビシッとしてるな」「ああなりたい」こういう姿を在校生に残す義務があることを忘れてはなりません。受験は受験、卒業式は卒業式です。二つのことにきちんと立ち向かえるような中学校生活を送ってきたはずです。今こそ身に付けた底力を見せるときなのです! ガンバレ3年生!

今朝は「放送朝会」でした。そして今年度最後の朝会です。

 3月4日(火)は今年度最後の朝会でした。インフルエンザで学級閉鎖を明けて登校する生徒もいること、朝の寒い気温を考えて校内放送による朝会にしました。
朝から執行部は放送室前を行ったり来たり。しかし始まってみるといつものマイクの前の作法よろしく、落ち着いた放送で任務を達成できました。つまりどんな形になってもやり抜くのが厨中生ということです。
 校長(私)からの話では、何事も取り組む時にはやり抜くための覚悟が必要であり、やり抜いてみせてから始まるという実践を見事に達成した3年生の峠 美佳さんの学習実践を紹介しました。何事も「三日、三月、三年」です。3日、3週、3か月、3年、ごちゃごちゃ言わず(自分に言わせず)やり抜いてからが勝負!
 今年の3年生が極みの取り組みとともに後輩に引き継ぎたい大事なもう一つのことはこれなのではないか。後輩の皆さん、先輩から何を引き継ごうとして卒業式に臨みますか?です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式に向けて その1

 今日は3月3日です。卒業式は3月12日(水)、そして今週は金曜日にいよいよ公立高校の入試を控えています。インフルエンザは終息に向かっていますが、未だに休んでいる生徒がいますので、体調の管理には引き続き留意が必要です。
 さて、いよいよ卒業式を控え、今日は入退場の練習が行われました。写真は入場時に礼をする位置を決め、テープで印をつけているところです。さすが3年生です。練習内容を聞き、すぐにきちんとできるあたりはさすがだなぁと思いました。こうして準備、練習をしながら巣立ちの時を迎えます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
予定
3/24 新入生登校日
3/26 離任式
3/27 職員会議
盛岡市立厨川中学校
〒020-0133
住所:岩手県盛岡市青山二丁目7-1
TEL:019-647-2253
FAX:019-647-2255