市町村教委の取組

【津島市教育委員会】 がん教育の実施

記事画像1
 津島市の小中学校では、新学習指導要領の実施にともなって、津島市民病院の医師の方をはじめ、津島市医師会、学校医、市役所健康推進課の保健師の方と連携を図りながら、がん教育を進めています。
 本事業は、がんについて正しく理解し、自他の健康と命の大切さについて考えることを目的にしています。今回、市内の中学校で行われた授業を紹介します。
 授業は、学校の先生が、事前アンケートをもとに「がん」について感じているイメージを確認するところから始まりました。生徒の実態を把握したうえで、津島市民病院の先生から「みなさんに伝えておきたいがんの話」というテーマで、がんになる仕組みや治療法について、分かりやすく教えていただきました。そして、早期発見・早期治療の大切さについて、具体的な数値をもとに説明していただきました。
 津島市では、このような専門的な職業の方を講師としてお招きして、地域資源を活かした教育活動を実施することで、社会に開かれた教育課程の実現をめざしていきます。そして、発達段階に応じた授業を実施することで、児童・生徒が、がんに対しての正しい知識を習得するとともに、がん患者への理解を深めていくことができる取組を、今後も継続していきたいと考えています。

【刈谷市教育委員会】生徒会サミット

記事画像1
 刈谷市では、学校教育方針の重点項目の一つとして「豊かな心の育成」を掲げています。道徳教育の推進だけでなく、自主性、主体性を育む生徒会活動をとおして、いのちを大切にする心や思いやりの心の育成を図っています。
 刈谷市では、平成24年度から、いじめ防止に向けて、年に2回市内6中学校の生徒会役員が集まり生徒会サミットを行っています。今年度はコロナ禍ということもあり、3つの分科会に分かれて行われました。第1分科会では「目指す学校像」、第2分科会では「具体的な取り組み、力を入れていること」、第3分科会では「学校への安心感、所属感を高め、いじめ0へとつなげるために」をテーマに各校の実情について情報交換をしました。どの分科会でも「一人一人を大切にすること」や「自分たちが主体となって活動すること」の大切さについて、活発に意見が出されました。今後は、サミットの成果を持ち帰り、各校でよりよい学校作りを目指して生徒会活動に取り組んでいく予定です。

【弥富市教育委員会】道徳教育推進に向けての取組

記事画像1 記事画像2
 弥富市では道徳教育の推進に向けて、主に2つの事業を進めています。
 1つ目は、「弥富市教師力向上研修」事業です。弥富市内全小中学校(小学校8校、中学校3校)で、各校2回ずつ、名城大学教職センター特別講師をお招きし、校内現職教育として、特に少経験者の研究授業を参観していただき、指導助言を仰いでいます。授業後の検討会では、職員間で道徳科の授業のあり方、評価の仕方等について、活発な意見交換がされています。
 2つ目は、弥富市教育委員会主催事業「広島研修」です。本事業は「弥富市立中学校の平和教育の推進について」の目的及び方針を踏まえ、平成25年度より継続的に実施されています。被爆地である広島へ中学2年生の全生徒を派遣し、実際に見たり聞いたりする体験を通して、戦争の悲惨さや怖さについて学ぶ場としています。命の尊さを理解すると同時に、人間尊重の精神を日常生活に活かし、自他を大切にしていこうとする態度を育てています。
 本事業では中心活動である広島研修の事前・事後においても、戦争や原爆による被害、世界平和に対する考えなどを生徒たちが自ら学ぶ場を設定しています。生徒は学んだことについて各自でレポートにまとめ、最終的に模造紙に集約していきます。これらの学びの成果については、市庁舎1階に展示ブースを設け、市民にも広く発信しています。

【東栄町教育委員会】人権擁護教室

記事画像1 記事画像2
 12月3日、東栄町立東栄小学校で1〜4年生を対象に人権擁護教室を開催しました。
 東栄町の人権擁護委員の方を講師に迎え、「他人と比べたりせず、自分らしく」「自分では気づかない長所」の2つのテーマについて話し合って、自分らしさとは何なのかを児童自らが考え、プリントに書き起こしてもらいました。
 児童からは、「自分の良い部分を書き出すのは難しい。」などの声もありましたが、自分の長所を友達と共有したり、自分では気づかない長所を友達から教えてもらったりしながら、人権について学ぶことができていました。授業の最後には「友達の方が自分の良さを知っていて驚いた。」などの感想を述べている児童もいました。
 東栄町教育委員会では、「東栄町が目指す学校教育」を基に、教育活動を進めています。今後も人権教育をはじめ、道徳教育や男女共同参画社会の推進などを計画・実践し子供たちの健やかな成長を願いながら学校を支援してまいります。

【豊川市教育委員会】道徳教育で大切なこと

 豊川市の道徳主任会では、研究主題「豊かな心をもち、他者と共によりよく生きる力を育む道徳教育」に取り組んできました。
 令和3年6月15日(火)には、豊川市立御津北部小学校の田中基明校長を講師に迎え、テーマ「道徳教育で大切なこと」について学びました。道徳的実践力とは、心情や判断力、態度、実践意欲であり、個人の習慣や行為を道徳科の授業で求めるわけではないということや、道徳科の授業のねらいは、行事などのためにあるわけではないということを教えていただきました。また、多面的・多角的に考えるとはどういうことか、実際の授業において板書や座席隊形はどのような工夫ができるのかなど、10項目にわたり、貴重なご指導をいただくことができました。さらに、評価の仕方についても学ぶことができました。
 今後も、道徳科の授業力の向上を目指し、研究を進めていこうと考えています。

【碧南市教育委員会】よりよく生きる子供を育てる道徳教育

 碧南市教育研修会道徳部会では「豊かなかかわりの中で自己を見つめ、よりよく生きる子供を育てる道徳教育」のテーマのもと、各校において研究実践を重ねています。
 令和3年度は西端小学校において道徳研究が行われました。研究主題を「考え、議論する道徳」とし、授業研究に取り組んでいます。
 教師の発問に個々の児童が答える授業から脱却し、友達の考えを知って自分の考えを広げたり深めたりできる授業の構築を図り、「共に学ぶ」観点から、教材に取り上げられた事柄や登場人物の葛藤などを自分事としてとらえ、活発に議論することで、道徳的に価値のある方向へ向かうよう道徳科の実践を行いました。
 「主発問はもとより、問い返し、切り返し発問もあらかじめ吟味しておくことで、狙いとする道徳的価値に迫ることができた。」「自分の立ち場を明確にする場を作ることで、児童が自分事としてとらえ、活発に意見を交わし合い、立場の違う意見もしっかり聞いて考えを深めることができた。」「活発な議論を目指すが、間や静寂さも大切にすることで、児童がじっくり思いを『語る』ことができると分かった。」などの成果が報告されました。
 また、研究校だけでなく各校の実践報告をまとめ、各校に送付することで、成果と課題を共有しあい、次年度の活動に生かすようにしています。

【日進市教育委員会】動画を使って情報モラルを学ぼう

記事画像1
 日進市では、昨年度から一人一台ICT端末を配備し、授業等で活用をしています。本年度は、さらに活用の場を広げていけるよう、各校で準備を進めています。
 さらに、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため登校ができない状況となることも考えられることから、児童生徒にICT端末を家庭に持ち帰らせる練習も始めました。児童生徒は、家庭に持ち帰ったICT端末で、担任と健康観察を行ったり、学習ドリルソフトで学習をしたりしました。
 このような取組を行う中では「情報モラル教育」がより一層重要となり、日進市情報教育研究委員会が中心となって推進しています。
 ここでは、ICT端末を持ち帰る際に行った、市内小学校の取組を紹介します。

 まず、学年の先生から学年全体に話をしました。「発表ノート」という機能で友達の発表に書き込めることや「チャット」機能があることに触れ、「人を傷つける道具としてではなく、便利な道具として使えるようにしたい。」「直接会うときより、何倍も相手のことを考えて思いやりの気持ちをことばにのせよう。」といった話をしました。
 次に、各教室に分かれ、ICT支援員と協力し、担任が動画を使って授業を行いました。「何の断りもなく人にタブレットのカメラを向けると嫌な気持ちになること」や「どこで何に使われるのか不安に思うこと」などについての動画を見ました。タブレットを持ち帰って「写真を撮る」という課題が出されているため、動画を見た後には、具体的な場面を想像しながら気をつけることを考えました。
 SNSに関する動画を見た後には、児童から「『海にコーラを流したら二度と回収できないように、SNS上に上げられた情報も回収できない』という話が心に残った。」という声が聞かれました。話だけでなく、動画を視聴することで、具体的な体験と結び付けて児童に考えさせることができました。

【瀬戸市教育委員会】豊かな心を育むための道徳教育

記事画像1 記事画像2
 瀬戸市では、道徳教育を通して、子供たち一人一人が互いを尊重し、思いやりをもち、規範意識や社会のルールを身につけるなど豊かな心を育む取組を行っています。
 毎年、市主催の初任者研修では、道徳教育研修会を開催しています。今年度は、「ストップモーション方式による模擬授業」と題した研修を行いました。初任者は発問のしかたや子供の本音を引き出す工夫、評価等について学びました。
 また、各校の道徳教育の充実のため、道徳教育推進教師が集まる連絡会を定期的に開催しています。昨年度は、ポートフォリオを活用した評価のあり方やその具体的な方法について協議を重ね実践しました。今年度は、現状の課題と改善策を共有するため、情報交換をZoom会議にて行いました。
 今後は、ICT機器およびデジタル教科書を活用しながら、子供たちの豊かな心を育むための教育活動を市全体で推し進めていけるよう引き続き取り組んでまいります。

【あま市教育委員会】職員研修

 あま市教育委員会では、道徳教育推進のため、道徳教育に関する職員研修を数多く行っています。
 初任者研修では、前期に市内の道徳授業の達人先生をお迎えして、模範授業(本年度はコロナのため模擬授業)を行い、その後、「特別の教科 道徳」に関する研修会を行いました。また、後期には市内の初任者の代表の先生が研究授業を行い、その後に参観した初任者からは、さまざまな観点から意見を出し合いながら、グループ協議を行いました。
 さらには、年間10回程度行われる「Ama Teachers College(通称:ATC)」と題した、市教委主催の職員研修では、さまざまな分野の研修を行いますが、情報モラル教育や「特別の教科 道徳」の研修などの内容を毎年取り入れています。
 各校でも岐阜聖徳学園大学との連携協定を結びながら道徳教育の研修を行うなど、市内全体で道徳教育の充実に向けて意欲的に取り組んでいます。

【江南市教育委員会】江南市立古知野南小学校の取組「友達レベル」

記事画像1 記事画像2
 江南市では、学校教育目標「他人を思いやる豊かな心を育む」ため、みんなでさまざまな考えを比較し、問題を解決できたという充実感を味わうことのできる魅力ある道徳授業の実現を目指し、各小中学校が道徳教育の充実を推し進めています。
 江南市立古知野南小学校4年生では、道徳科の授業「泣いた赤おに」の実践が行われました。
 赤おにが青おにの手紙に涙する場面で、赤おにと青おにの思いを推し量るために、役割演技を取り入れたり、相手を思う気持ちを「友達レベル」表に数値化するように問いかけたりしました。(写真)また、ワークシートに、「今までの自分は(過去)」「今日の教材を考えて(現在)」「これからは(未来)」を書き込ませ、授業を振り返りました。
 これらにより、「本当に親友の関係じゃないと泣けない。赤おにの友達レベルは90%だ。」「青おにの友達レベルは60%。それは、思いやりがあって優しいが、手紙だけ残して長い旅に出て、赤おには悲しんだから。私は友達が悲しまないように、いつもWin Winで接したい。自分のことばかり考えるのではなく、他人のことを思って行動し、友達の笑顔を増やしたい。」など多数の意見が交わされ、友達を心から思うことの大切さについて深く考えることができました。
 江南市教育委員会は、これらの取組を市内小中学校で共有しながら、「友達の考えをもっと知りたい」とのつぶやきが聞かれる授業実践を重ねることで、自分の感じ方や考え方をさらに広げ、深める子供もたちを育てたいと考えています。