市町村教委の取組

【江南市教育委員会】古知野北小学校の取組「学校の約束って必要?」

記事画像1 記事画像2
 江南市の教育方針の中に、「豊かな心の育成のために…豊かな心をもち、正しい判断と主体的な行動ができる児童生徒を育成するために、道徳教育の充実を図る」とあり、各小中学校が道徳教育の充実を推し進めています。
 古知野北小学校1年生では、道徳科の授業「どうしてこうなるのかな」の実践を行いました。世の中に当たり前に存在する約束やきまり、ルールが存在する理由について自分事として捉え、対話的に学ぶ児童の育成をねらいとしました。また、もう一つのねらいとして、約束やきまりがある意味を理解した上で、それらを守ろうとする態度につなげることとしました。約束やきまり、ルールが存在する意義を模索し、子供たちは授業の中で、自分の言葉で表現し合いました。今後、約束やきまりの意味を理解した上で、それらを守ることができるよう、今回の学びに立ち返ることができるようにしたいと思います。
 江南市教育委員会は、これらの取組を市内小中学校で共有しながら、「友達の考えをもっと知りたい」とのつぶやきが聞かれる授業実践を重ねることで、自分の感じ方や考え方をさらに広げ、深める子供たちを育てたいと考えています。

【豊根村教育委員会】学校公開日に「情報モラル教室」を開催

記事画像1 記事画像2
 5月17日、豊根小・中学校で「情報モラル教室」を開催しました。通信会社の方からは、テレビ会議システムを使って、「使い過ぎや課金に気をつけよう」「メールやラインのやりとりでは言葉だけが頼りになるので、誤解のないように言葉を選ぼう」等、スマートフォンや携帯電話を使う際にトラブルに巻き込まれないよう、気をつけることについて、アニメーションを交えて教えていただきました。
 参加した児童生徒は、今回の「情報モラル教室」をとおして、「インターネットに勝手に人の写真を出したら著作権にふれるから許可をもらってからやりたい」「SNSに投稿するときには、人を傷つけたり個人を特定されたりしないように気をつけたい」といった感想を述べていました。
 保護者向けの話の中では、自画撮り被害がなくならず、特に中学生に被害が多いことを学びました。見えない相手を理想化し、疑うことなく要求されるがままになってしまうことから、「子供だけでなく、周りの大人も見守りが必要であること」「利用状況を把握し子供任せにしないこと」「フィルタリングを活用すること」「気軽に相談できる雰囲気を作ること」等、ネット上に潜む危険を知った上で、道具を正しく使うことの大切さを実感しました。
 「情報モラル教室」の回数を重ねていく中で、さらに情報モラルが高まっていくことを期待しています。

【豊明市教育委員会】市主催少経験者研修でのICTを用いた道徳科の授業研修

記事画像1
 豊明市教育委員会では、新規採用から2・3年目の教員を対象として、夏季休業中に授業力向上を目指した少経験者研修を行っています。ICTの活用の仕方に悩んでいる教員が多いため、今年度は「ICTを用いた道徳科の授業」の研修を一日日程で実施しました。
午前の研修は、講師の先生から道徳科の指導法、ICT活用の仕方について講義を受けた後、4グループに分かれてICTを活用した道徳科の授業案を作成しました。どのグループも講義の内容を踏まえ、授業の進め方や発問の内容、予想される子供の意見、ICTの効果的な活用等について、真剣に議論して授業案を作りました。
 午後の研修は、授業をするグループと授業を受ける子供役のグループに分かれて、模擬授業を行いました。模擬授業後、講師の先生から御指導をいただきました。参加者からは、「道徳によるICTの有効性を再確認できた。」「子供たちの意見のつなげ方を学べたので、他教科でも生かしていきたい。」といった声がありました。
 この研修で学んだことを各学校に持ち帰り、他の教員にも広げていくことで、市全体の教育力向上の一助となればと考えています。次年度も道徳を中心とした研修を計画しています。

【幸田町教育委員会】初任者の授業力向上のための研修会

 幸田町では、豊かな心を育むため、「特別の教科 道徳」を要として、「いのちを大切にする心」「思いやりの心」「他者を尊重する心」「美しいものを美しいと感じる心」「助け合う心」等、心を耕す教育を教育活動全般において推進しています。
 幸田町教育委員会では、「初任者研修会」にて、毎年「特別の教科 道徳」の授業力向上を図る研修会を実施しています。
 令和3年度は、初任者代表(中学校教諭)が、ボランティアで紙芝居をすることになった生徒たちの物語を通して、社会に積極的に関わっていくことの大切さやクラスでの役割などを果たし、自ら協力していこうとする実践意欲と態度を育てることをねらいとした授業を公開しました。研究協議会では、授業の展開、生徒の様子、教師の出などの分析を行いました。さらに、「道徳の授業で大切にしたいこと」について、講師の先生から御指導、御助言をいただき、ねらいに迫るための授業づくりについて学ぶ機会になりました。
 令和4年度も、9月に初任者代表(中学校教諭)が授業を行う同研修を行います。
今後も道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てることのできる授業づくりを目指して、充実した研修を実施していきます。

【みよし市教育委員会】子供の心を育てる教育の推進

 本市での「みよし教育プラン」に、【作戦8 子供の心を育てる教育を大切にします】の重要施策として「道徳教育の研究推進」があります。その取組の一つとして、市内中学校の現職研修会に参加する形で「令和4年度みよし市道徳教育推進教師研修会」を行いました。
 1年生<C(10)遵法精神、公徳心>教材「ふれあい直売所」の授業において、「きまりを守る社会を実現するために大切な思いは何だろう」との問いかけに、「感謝という気持ちがあれば、きまりを守ろうっていう気持ちも生まれる。社会の一員として感謝を大事にしたい。」「社会の一員として、自分だけがやるのではなく、誰かにやってもらっているという気持ちを忘れない。」等の意見が出され、考えを深めることができました。
 研究協議会では、「前段部分で十分に道徳的価値を捉えることが、終末で道徳的価値を一般化する上で大切になること」「一般化する過程の話合いでは、抽象的な内容となるため、焦点がずれ始めた場合、一旦教材に戻り焦点化した後、一般化に再度戻るとよいこと」等を学びました。
 継続して取り組んできた道徳教育の実践が、市内各小中学校に浸透してきています。また、「初任者研修」でも、道徳の授業を参観し、授業力の向上を図る研修を予定しています。   
 教科領域等指導員訪問で活用した指導案や、情報モラル教育に関する指導案を集約し、効果的な指導法や支援の方法を市内各小中学校で共有していきます。

【津島市教育委員会】 がん教育の実施

記事画像1
 津島市の小中学校では、新学習指導要領の実施にともなって、津島市民病院の医師の方をはじめ、津島市医師会、学校医、市役所健康推進課の保健師の方と連携を図りながら、がん教育を進めています。
 本事業は、がんについて正しく理解し、自他の健康と命の大切さについて考えることを目的にしています。今回、市内の中学校で行われた授業を紹介します。
 授業は、学校の先生が、事前アンケートをもとに「がん」について感じているイメージを確認するところから始まりました。生徒の実態を把握したうえで、津島市民病院の先生から「みなさんに伝えておきたいがんの話」というテーマで、がんになる仕組みや治療法について、分かりやすく教えていただきました。そして、早期発見・早期治療の大切さについて、具体的な数値をもとに説明していただきました。
 津島市では、このような専門的な職業の方を講師としてお招きして、地域資源を活かした教育活動を実施することで、社会に開かれた教育課程の実現をめざしていきます。そして、発達段階に応じた授業を実施することで、児童・生徒が、がんに対しての正しい知識を習得するとともに、がん患者への理解を深めていくことができる取組を、今後も継続していきたいと考えています。

【刈谷市教育委員会】生徒会サミット

記事画像1
 刈谷市では、学校教育方針の重点項目の一つとして「豊かな心の育成」を掲げています。道徳教育の推進だけでなく、自主性、主体性を育む生徒会活動をとおして、いのちを大切にする心や思いやりの心の育成を図っています。
 刈谷市では、平成24年度から、いじめ防止に向けて、年に2回市内6中学校の生徒会役員が集まり生徒会サミットを行っています。今年度はコロナ禍ということもあり、3つの分科会に分かれて行われました。第1分科会では「目指す学校像」、第2分科会では「具体的な取り組み、力を入れていること」、第3分科会では「学校への安心感、所属感を高め、いじめ0へとつなげるために」をテーマに各校の実情について情報交換をしました。どの分科会でも「一人一人を大切にすること」や「自分たちが主体となって活動すること」の大切さについて、活発に意見が出されました。今後は、サミットの成果を持ち帰り、各校でよりよい学校作りを目指して生徒会活動に取り組んでいく予定です。

【弥富市教育委員会】道徳教育推進に向けての取組

記事画像1 記事画像2
 弥富市では道徳教育の推進に向けて、主に2つの事業を進めています。
 1つ目は、「弥富市教師力向上研修」事業です。弥富市内全小中学校(小学校8校、中学校3校)で、各校2回ずつ、名城大学教職センター特別講師をお招きし、校内現職教育として、特に少経験者の研究授業を参観していただき、指導助言を仰いでいます。授業後の検討会では、職員間で道徳科の授業のあり方、評価の仕方等について、活発な意見交換がされています。
 2つ目は、弥富市教育委員会主催事業「広島研修」です。本事業は「弥富市立中学校の平和教育の推進について」の目的及び方針を踏まえ、平成25年度より継続的に実施されています。被爆地である広島へ中学2年生の全生徒を派遣し、実際に見たり聞いたりする体験を通して、戦争の悲惨さや怖さについて学ぶ場としています。命の尊さを理解すると同時に、人間尊重の精神を日常生活に活かし、自他を大切にしていこうとする態度を育てています。
 本事業では中心活動である広島研修の事前・事後においても、戦争や原爆による被害、世界平和に対する考えなどを生徒たちが自ら学ぶ場を設定しています。生徒は学んだことについて各自でレポートにまとめ、最終的に模造紙に集約していきます。これらの学びの成果については、市庁舎1階に展示ブースを設け、市民にも広く発信しています。

【東栄町教育委員会】人権擁護教室

記事画像1 記事画像2
 12月3日、東栄町立東栄小学校で1〜4年生を対象に人権擁護教室を開催しました。
 東栄町の人権擁護委員の方を講師に迎え、「他人と比べたりせず、自分らしく」「自分では気づかない長所」の2つのテーマについて話し合って、自分らしさとは何なのかを児童自らが考え、プリントに書き起こしてもらいました。
 児童からは、「自分の良い部分を書き出すのは難しい。」などの声もありましたが、自分の長所を友達と共有したり、自分では気づかない長所を友達から教えてもらったりしながら、人権について学ぶことができていました。授業の最後には「友達の方が自分の良さを知っていて驚いた。」などの感想を述べている児童もいました。
 東栄町教育委員会では、「東栄町が目指す学校教育」を基に、教育活動を進めています。今後も人権教育をはじめ、道徳教育や男女共同参画社会の推進などを計画・実践し子供たちの健やかな成長を願いながら学校を支援してまいります。

【豊川市教育委員会】道徳教育で大切なこと

 豊川市の道徳主任会では、研究主題「豊かな心をもち、他者と共によりよく生きる力を育む道徳教育」に取り組んできました。
 令和3年6月15日(火)には、豊川市立御津北部小学校の田中基明校長を講師に迎え、テーマ「道徳教育で大切なこと」について学びました。道徳的実践力とは、心情や判断力、態度、実践意欲であり、個人の習慣や行為を道徳科の授業で求めるわけではないということや、道徳科の授業のねらいは、行事などのためにあるわけではないということを教えていただきました。また、多面的・多角的に考えるとはどういうことか、実際の授業において板書や座席隊形はどのような工夫ができるのかなど、10項目にわたり、貴重なご指導をいただくことができました。さらに、評価の仕方についても学ぶことができました。
 今後も、道徳科の授業力の向上を目指し、研究を進めていこうと考えています。