市町村教委の取組

【南知多町教育委員会】郷土に誇りをもてる子供たちの育成

 南知多町教育委員会では、育てたい児童生徒像を「郷土に誇りをもち、心豊かに学び、心身ともに健康でたくましい児童生徒」として、各学校で教育活動を行っています。南知多町は、少子高齢化や人口減少が続いている地域ですが、町全体で子供たちの地域への愛情を育む取組を進めています。
 9月4日(金)には、師崎地区で「第8回小中サミット」が開催されました。2小学校、1中学校の代表児童生徒が、区長やまちづくり協議会の代表の方と、温かい地域づくりに向けて意見を交換しました。また、昨年度にこの会で考えた「やさしさ宣言」に対する各校の取組も発表されました。
 9月15日(火)には、日間賀島地区で「第9回日間賀サミット」が行われました。「過去と現在の日間賀島について知り、自分たちにできることを考えよう」というテーマで、児童生徒が地域の方と日間賀島漁業や観光業について学んだり話し合ったりしました。「私は島の現状や自分の将来について『どうせ』とか『どうでもいい』って感じていたけれど、改めて島の将来は私たちでつくっていかないといけないと思った」等の感想が見られました。
 南知多町の財産でもある「人の温かさ」に包まれて、これからも子供たちの郷土に対する温かい思いを育てていきます。

【豊田市教育委員会】道徳科の授業改善の推進

記事画像1
 豊田市では、道徳科の授業改善を推進しています。
 令和元年度から研究推進校である豊田市立猿投台中学校は、研究テーマを「互いに認め合い、仲間とともに主体的に行動できる台中生の育成 ―コミュニケーション力を育てる道徳科の実践を通して―」と題して、道徳科の授業や評価の仕方について研究を進めています。令和2年11月には、コロナ禍のため参観人数を限定し、市内の中学校教員を対象に授業公開を行いました。各中学校を代表して参加した教員が、公開授業から学んだことをOJT研修として自分たちの学校に広めることで、各学校の授業改善に生かすようにしています。
 また、平成29年度から道徳教育の第一人者である大学教授等を講師として招き、道徳教育推進教員等を対象に道徳科の具体的な授業方法の研修を行っています。令和2年度は、豊田市授業アドバイザーを講師として、11月に「主体的・対話的で深い学びにつながる『道徳授業のつくりかた』」と題して、研修を開催しました。参加した小学校の教員から「授業を進める際の押さえるべきポイントや、振り返りを評価に生かす効果的な方法を学ぶこともでき、有意義な研修となりました」等の感想があり、充実した研修となりました。
 今後も、豊田市では、道徳科の指導に力を入れ、知・徳・体のバランスのとれた児童生徒の育成に努めていきます。

【日進市教育委員会】情報モラル教育

 日進市ではこれからの情報化社会を生き抜く力を養うために、各校が情報モラル教育を積極的に行っています。日進西中学校では、毎年生活安全教室を行っています。令和元年度は講師を招き、SNSの危険性や情報モラルについて講座を開きました。SNSを利用した時の自分の感じ方と相手の感じ方の違いが、トラブルの原因になりやすいことを学びました。また、講座終了後の振り返りでは「もしも自分がトラブルに巻き込まれたら」という仮定で、対応について話し合い、インターネットの世界には様々な危険が潜んでおり、安全に使用するためにはその危険性について意識を高めていかなくてはいけないことに気付くことができました。令和2年度は、教室でリモートによる講師の話を聞きました。生徒は真剣な表情で講師の話に耳を傾けて、自分の言動に責任をもつことの大切さに気付くことができました。
今後も児童生徒が正しい情報モラルをもち、適切な対応ができるよう支援していきます。

【清須市教育委員会】「支援を要する子供たちへの効果的な対応」について学ぶ

 清須市では、子供たちの健やかな成長を願って様々な場面で研修を重ねています。その中でも、市内の小中学校の養護教諭は年6回の研究会を行っています。9月には、家庭教育相談員を講師として迎え、「支援を要する子供たちへの効果的な対応について」と題した研修を行いました。研修内容は、(1)適応機制を育む学校、(2)希死念慮・自殺企図の子供の心をケアする保健室、(3)SATイメージ療法、の3つでした。
 研修会では、愛知県教育委員会の教師用リーフレット「かけがえのない命を守るために」を使用しながら、「TALK」の原則を意識し子供のSOSを受け止めたり、「まあ、いいか」「何とかなるさ」など、子供の気質に合った言葉がけを考えたりしました。また、子供の心の扉を開く言葉として、「あなたの笑顔が見たい」という声かけが効果的だと学びました。9月10日から16日が「自殺予防週間」であることに触れた話もあり、改めて確認できたことがたくさんありました。
 今後も、自他の命を大切にして心を豊かにしていけるよう、子供たちを支えていきたいと考えています。

【東栄町教育委員会】交通安全講話「命の大切さを学ぶ教室」

記事画像1
 令和元年7月16日(火)に東栄中学校で、「命の大切さを学ぶ教室」とした交通安全講話が開かれました。講師を務めたのは、スマートフォン向けゲームを操作しながら運転をしていたトラックにはねられ、幼い命を失った小学生の男の子の父親でした。事故当時の様子を語り、「ながら運転」の危険性や命の大切さを訴えました。
 運転者による運転中の確認不足や、ちょっとした気の緩みが大きな事故を引き起こしてしまうことがあります。「一人一人がルールを守り、当たり前のことができれば事故は減らせる」と講師の方は話し、交通ルールを守ることの重要性を伝えてくれました。
 講演を聞いた生徒は「大切な人が同じ目に遭ったらとてもつらい。スマートフォンに対する使い方を改めて考え、その危険性を周りにも伝えていきたい」と感想を述べました。
 東栄町は、今後も道徳教育をはじめ、伝統的な天地人教育を反映させ、知・徳・体が調和した教育の推進に向けた、取組を行っていきます。

【大府市教育委員会】情報モラル教育の推進

記事画像1
 大府市では、国のGIGAスクール構想を受け、GIGAOBUを掲げてICT教育の推進に努めています。昨年度には、大府市独自のモラル教育の年間カリキュラムや指導案を作成しました。今年度、実際に授業を進める中、新しい課題がいくつか見つかり、来年度に向けてよりよいカリキュラムや指導案の改訂が必要となっています。今後、児童生徒の一人一台端末の使用が進んでくると、今まで以上に情報社会での適正な活動を行うための考え方や態度が必要となります。情報モラルやプライバシー保護の問題について、児童生徒が自分ごととして真剣に考えられるような授業づくりを行っていきます。
 また、教員研修の必要性も高まってきました。急速に進むICT機器の普及に対応するため、ICT活用指導スキルの向上だけでなく、それを生かせる授業づくりや適正な情報教育となるように研究を深めていく必要があります。各校で、ICT教育推進委員や教務主任、ICT支援員が講師となり、情報教育の研修を進めています。
 今後は、ICT機器を通して、家庭や地域ともさらに連携をし、加速する情報社会で適正な判断、活動ができる児童生徒の育成を目指していきます。

【尾張旭市教育委員会】教科等研究員を活用した授業力向上

記事画像1
 尾張旭市では、教科領域での研究を推進し、専門性を磨く教科等研究員が、各校の研究授業を参観し指導する機会を設けています。教科等研究員が授業参観後、発問や授業の流れなどについて良かった点や改善点等を授業者に伝えることで、授業力の向上につなげています。
 「特別の教科 道徳」においては、ここ数年より各校からの指導要請が多くなっています。教科等研究員による指導の場が、学校全体での道徳教育の成果や課題を共有できる機会となっており、職員の道徳科の授業に対する意識の高まりにつながっています。
 また、授業者が学習指導案を作成する時や教科等研究員が授業を参観する時には、教務主任会において2年間かけて作成した道徳科の手引書「特別の教科 道徳のいろは」を活用しています。内容は、基礎編・授業編・評価編・指導案編の4部構成となっており、道徳科の目標や基本の指導過程及び多様な指導方法を示したり、評価方法や指導案の書き方を紹介したりしています。
 今後も「特別の教科 道徳」の授業力向上のため、研修会の企画や様々な取組をしていきます。

【刈谷市教育委員会】豊かな心の育成

 刈谷市では、学校教育方針の重点項目の一つに「豊かな心の育成」があります。道徳科の授業はもとより、すべての教育活動と「豊かな心の育成」を関連づけ、目の前の子供たち一人一人の実態を捉え、命を大切にする心や思いやりの心の育成を図っています。
 学校が再開された6月には、多くの小中学校において新型コロナウイルス感染症に関連した道徳科の授業が行われました。小高原小学校では、新聞記事を教材として「だれに対しても分けへだてなく接し、温かい社会をつくる」ことについて考え、話し合う授業を行いました。子供たちは、正しい知識や情報を知らないことで不安につながり、その不安感が周囲の人たちに心ない言動をさせてしまうことなどに気付き、自分の心や生活を振り返りました。発達段階に応じて準備された資料やワークシート、指導案は、授業後に市内の小中学校に紹介されました。そして、各校において子供たちの実態に合わせて、これらを活用した授業が実施されました。
 今後も、各校で実践された内容を共有し、「豊かな心の育成」に取り組んでいきます。

【田原市教育委員会】「子供一人ひとりの心に響く道徳の授業」

 田原市教育委員会から委嘱を受けた田原市立若戸小学校が、2年間の研究実践を重ね、研究主題を「豊かに感じ、自ら考え、思いを深めることができる子の育成−子供一人ひとりの心に響く道徳の授業を目指して−」とし、昨年度研究発表を行いました。
 若戸小学校の研究実践では、道徳的価値の理解を深めるために、「これからの道徳」として、3つの視点(「導入」「展開前段」「展開後段」)をもって授業展開の工夫を考えました。
 授業を展開するにあたり、「導入」では、まずその教材ならではの「楽しい」授業の雰囲気づくりに視点をあてます。次に「展開前段」では、道徳的価値を吟味し、多様な価値観を引き出せるよう、中心発問に視点をあて、学習のねらいに深く迫ります。最後に「展開後段」では、中心発問について考えたことを展開前段と異なった視点・手法で話し合い、考えを深めます。
 研究発表会当日も、この3つの視点をもって授業が展開され、子供たちは登場人物の心情を理解するだけなく、教材を多面的・多角的に考え、活発に話し合うことができました。参観した教員も多くの刺激をもらいました。
 今後も道徳教育の充実を図る取組を行っていきます。

【豊山町教育委員会】情報モラル研修

記事画像1
 豊山町教育委員会では、町採用講師を対象に年間を通して様々なテーマで研修を行っています。その中の一つとして毎年3学期には情報モラルをテーマとして取り上げ、変化の激しい情報化社会を取り巻く現状とそれに応じた対応等について研修を行っています。
 令和元年度も1月の研修において、情報モラルの育成をテーマに研修を行いました。
 研修では、最初に政府が描いている近未来の姿として「Society5.0」の動画を視聴し、現在の社会を取り巻く情報化社会の実態と、これから起こり得る社会の変化について確認しました。その後、児童生徒が一般社会に出た際に、その変化に対応するために必要なスキルや力、身に付けておくべきモラルやマナーについて話合いを行いました。
 研修後、受講者からは、「日頃は、学習指導や生活指導など、目の前にある日々の指導で精一杯だが、今回研修した情報モラルだけに限らず、何事においても指導をする際には、子供たちが社会に出て活躍する10年後、20年後のことも意識して指導する必要があると感じた」「子供たちが社会に出た時に必要な力を身に付けさせるために、教師として、今どのような指導をしなければならないかということも意識して指導を行う必要があることを感じた」などの感想がありました。
 今後も情報モラルの指導力を高める取組を行っていきたいと思います。