教育目標

令和3年度教育目標
(1)本校の教育目標
知・徳・体の調和のとれた人間性豊かなたくましい生徒を育成する。
○ 夢や目標の実現に向け、自ら学び、深く考え、行動する生徒(確かな学力)
○ 家庭や学校、地域を愛し、まわりへの思いやりや感謝する心をもった生徒(豊かな心)
○ 生命を大切にし、心とからだを鍛え、たくましく生きる生徒(健やかなからだ)
○ 日本人としての誇りをもち、未来に生きる力を身につけた生徒(生きる力)
(2)経営方針
全職員が教育専門職としての使命と責任を自覚し、信頼と協力、情熱と実践によって、教育目標の実現をめざし、特色と魅力に富む「信頼される学校づくり」に努める。
ア わかる授業・できる・身につく授業の実践を通して、基礎基本の定着と自ら学ぶ力の育成に努め る。
イ 「聴く、認める、ほめる」姿勢の徹底をはかるとともに、コミュニケーション・共働を大切にし、教師と生徒、生徒同士のよりよい関係づくりに努 める。
ウ 「時を守り 場を清め 礼を正す」を目標に、「小さいことほど丁寧に、当たり前のことほど真剣に」を合言葉に、基本的な生活習慣の定着と心豊かな生徒の育成に努める。
エ 全ての教育活動を通して、健やかな心とからだの育成に努める。
オ 学校公開や情報発信、学校運営協議会等の活動を通して、家庭や地域社会との連携を 深め、信頼される学校づくりに努める。
(3)本年度の重点努力目標
ア 確かな学力の育成
・ 現職教育を積極的に進め、授業力・教師力の向上を図る。
・ 指導法の工夫・改善を進め、基礎的・基本的な内容を確実に身につけさせる。
・ 学ぶ姿勢や学習習慣を身につけさせ、学習マナーの向上・定着を図る。
・ 個別指導の充実、ICT機器の活用、生徒同士の対話などを通して、進んで学ぶ生徒を育成する。

イ 豊かな心の育成
・ 生徒指導や道徳教育の充実を図り、豊かな人間性や望ましい社会性を育成する。
・ 様々な体験活動を通して、成就感や達成感を味わわせ、自主的な生活態度を育成す る。
・ あいさつ運動、ボランティア活動、資源再生回収運動などの地域の人々とふれあう 活動を計画的に進め、地球を愛する心を育む。
・ 学級での朝読書や学校図書館での読書活動の充実に努め、豊かな感性や情操を育成 する。

ウ 健やかなからだの育成
・ 保健体育の授業や部活動を通して、運動の楽しさや厳しさを味わわせるとともに、 体力の向上を図る。
・ 健康教育や安全教育、食に関する教育の充実に努め、健康で安全に生きるための心 とからだを育成する。

エ 生きる力の育成
・ 国際理解教育を進め、日本人としての誇りや責任感を育成する。
・ 情報モラルを身につけさせるとともに、情報活用能力を育成する。
・ 未来の自分の姿を思い描くことができるキャリア教育の充実を図る。

オ 信頼される学校づくり
・ 各種広報紙やウェブページによる情報発信に努めるとともに、保護者や地域住民の声を大切にした双方向の情報交換に努める。
・ 生徒、教員、保護者や地域の方による学校評価を実施し、学校運営の改善に努める。
・ 学校運営協議会の活動を通して、家庭・地域・学校が三位一体となった連携に努める。

カ その他
・ 教育相談活動を充実させ、不登校生徒やいじめ問題、問題行動の減少をめざす。
・ 特別支援教育の充実を図り、障がいのある生徒の特性に応じたきめ細やかな指導を進 める。
・ 生徒理解や教員の指導力を高めるために小学校との連携を図る。
・ 多忙化解消にかかる業務改善に努める。