一宮市立大和中学校

2024/07/19 16:00 更新
笑顔輝け大中プランター花壇

校長あいさつ

学校案内

大中プラクティス/日常的な取組み

学校の概要

生徒数・職員数(令和6年4月5日現在)

 1年生 6学級 186名
 2年生 5学級 183名
 3年生 6学級 208名
 特別支援学級 2学級 (計10名)
 合計 19学級 総計577名

教職員 47名


R5全員集合

基本情報

郵便番号 〒491-0934
住所 愛知県一宮市大和町苅安賀字上東出80番地
電話番号 0586-28-8759
FAX番号 0586-44-1857
URL http://www2.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=2320066

学校全景

航空写真R5

校内点描・生徒作品から


校区の概要

一宮市の中心から見て南西部に位置し、周囲にはまだ田園が点在するのどかな環境にあります。しかし、校区内には名鉄名古屋本縁と尾西線の駅があり、また国道155号線や西尾張中央道をはじめとする幹線道路が縦横に走っています。さらには、平成10年12月に一宮ジャンクションと東海北陸自動車道一宮西インターチェンジが開通、令和3年3月には稲沢北インターチェンジが完成しました。交通の利便性がたいへんよいことから住宅地としても、商業地区としても発展してきている校区です。

学校周辺


校章のいわれ

校章2

本校の校章は、松岡茂初代校長先生が考え、図案化したものです。
 昭和22年4月に、本校は西分校と東分校とに分かれて発足しました。その5月には生徒会で校章の図案が募集され、現在のものとは異なった図案が採用されたそうです。しかし、翌年(昭和23年)に分校は統一され、現在の地に新校舎が建設されたのを機に、あらためて校章をつくることになりました。
 その結果、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の御剣が磨かれたとの伝説がある戸塚の剣研石(けんとぎいし)にちなんで、5本の剣を組み合わせ、大和町の頭文字「大」を表すようにと考えられ、現在の校章ができました。
 以来この校章は、大和中学校のあゆみとともに常に大中生のシンボルとして輝いています。