令和3年度 教職員研修事業


ねらい
 教職員の資質向上と専門的な力量を高める研修会を行い、教職員が意欲的に取り組める研修を企画運営することで、高岡市の教育の充実を図る。

◆教員の資質向上を図る研修会【1】【2】【3】【4】
◆今日的な教育課題に対する力を育成する研修会【5】【6】
◆郷土の文化と伝統を大切にする児童生徒を育成するための研修会【7】

No       研 修 名   実施日    受講対象    会 場           備 考
【1】 高岡市学力向上研修会★301 8月2日(月) 市立学校教員、研究主任 戸出コミュニティセンター 講演 国士舘大学 教授 澤井 陽介 先生
【2】 第1回 若手教員研修会 5月18日(火) 4・5年次の市立学校教員 戸出コミュニティセンター 開講式、オリエンテーション、指導講話「学級経営」
  第2回 若手教員研修会 7月30日(金) 4・5年次の市立学校教員 伏木コミュニティセンター 講演 富山大学教職大学院 教授 林 誠一 先生
  第3回 若手教員研修会A 8月10日(火) 4・5年次の市立学校教員 伏木コミュニティセンター 指導講話 西部教育事務所指導主事
  第4回 若手教員研修会A 9月21日(火) 4・5年次の市立学校教員 若手教員授業校 若手教員による研究授業
  第4回 若手教員研修会B 9月29日(水) 4・5年次の市立学校教員 若手教員授業校 若手教員による研究授業
  第5回 若手教員研修会A 11月(未定) 4・5年次の市立学校教員 示範授業参観 示範授業
  第5回 若手教員研修会B 11月(未定) 4・5年次の市立学校教員 示範授業参観 示範授業
【3】 第1回 教科指導員研修会 4月15日(木) 教科指導員 市役所801 教科指導員としての心構え、学校訪問研修の在り方
  第2回 教科指導員研修会 8月10日(火) 教科指導員 伏木コミュニティセンター 若手教員への指導助言
【4】 第1回 ミドルリーダー研修会★303 6月16日(水) 市立学校教員 戸出コミュニティセンター 講演 伏木中学校 久保村 裕 校長
  第2回 ミドルリーダー研修会★303 8月4日(水) 市立学校教員 戸出コミュニティセンター 講演 福岡小学校 関澤 好 校長
【5】 第1回 ICT活用研修会 4月21日(水) 市立学校教員 戸出西部小学校 端末活用研修(発展)
  第2回 ICT活用研修会 5月27日(木) 新規採用教員等 国吉義務教育学校 端末活用研修(初級)
  第3回 ICT活用研修会 6月22日(火) 市立学校教員 福岡中学校 デジタル教科書活用 富山大学大学院 准教授 長谷川 春夫 先生
  第4回 ICT活用研修会 8月5日(木) 市立学校教員 戸出東部小学校 プログラミング教育 富山県立大学 准教授 岩本 健嗣 先生
【6】 道徳教育研修会★301 5月28日(水) 市立学校教員 戸出コミュニティセンター 講演及びワークショップ 貝塚市立東小学校 校長 川崎 雅也 先生 
【7】 ものづくり・デザイン科研修会Aコース1回目★301 7月27日(火) 市立学校教員 地場産業センター ZIBA 青貝塗り
  ものづくり・デザイン科研修会Aコース2回目★301 8月3日(火) 市立学校教員 地場産業センター ZIBA 青貝塗り
  ものづくり・デザイン科研修会Bコース1回目★301 7月27日(火) 市立学校教員 地場産業センター ZIBA 砂型鋳造
  ものづくり・デザイン科研修会Bコース2回目★301 8月3日(火) 市立学校教員 地場産業センター ZIBA 砂型鋳造
  ★:県教委「中堅教諭等資質向上研修」対象番号        
           
           
           

教職員研修事業に関する記事一覧

第4回若手教員研修会(小学校道徳)

記事画像1 記事画像2 記事画像3
9月29日(水)、「第4回若手教員研修会(小学校道徳)」を実施しました。

 国吉義務教育学校 近藤 雄哉 教諭が道徳科の授業を公開しました。
 指導助言者には、野村小学校 荻沢 芳美 教頭をお迎えしました。

 中学校道徳の研修会と同様に、感染症防止対策のため、研修会参加者は授業教室には入らず、授業教室と5会場を遠隔システムでつなぐサテライト型で研修会を実施しました。

 子供たちが活発に発言し、生き生きとした授業が展開されました。

 協議会では、授業中の先生の姿や発問、子供の学習に取り組む態度や発言をもとに、様々な視点から活発に意見が出されました。

 指導助言では、先生や子供の具体的な姿から「子供の発言を丁寧に聞き取ること」、「発言の中にある子供の思いをしっかりと価値付けること」、「活発に話し合える学級の雰囲気をつくること」などの大切さを教えていただきました。

 参加者の皆さんには、2回の授業研究を通して学んだことを生かして、授業力の向上に努めてほしいと思います。

第4回若手教員研修会(中学校道徳)

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 9月21日(火)、「第4回若手教員研修会(中学校道徳)」を実施しました。

 志貴野中学校 長草 裕志 教諭が道徳科の授業を公開しました。
 指導助言者には、芳野中学校 柿埜 哲男 教頭をお迎えしました。

 感染症防止対策のため、研修会参加者は授業教室には入らず、授業教室と5会場を遠隔システムでつなぐサテライト型で研修会を実施しました。生徒の様子と板書をモニターで観ながら、スピーカーから聞こえてくる先生の発問、生徒の発言に耳を傾け、ねらいに迫るための効果的な手立てについて考えました。

 協議会では、最初に「OneNote」を使用し、グループ協議を行いました。「コラボレーションスペース」に考えを書き込み、それを見ながら、話し合いました。その後の全体協議では、参加者が積極的に意見を出し合い、学びが多い協議会となりました。

 指導助言では、道徳科の目標や指導案の書き方、「何について考えさせるか」という明確な意図をもって授業に臨むことなど、授業づくりに大切なことをたくさん教えていただきました。

 9月29日(水)には、国吉義務教育学校において、「小学校道徳」の研修会が行われます。

第3回若手教員研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月10日(火)、「第3回若手教員研修会」を実施しました。

 講師は、西部教育事務所指導主事の阿尾美晴先生で、「考え、議論する道徳科の授業づくり」と題して指導講話をしていただきました。

 道徳科の授業は「道徳的価値の理解」を基に、「自己を見つめる」「多面的・多角的に考える」「自己の生き方についての考えを深める」時間であることを教師自身が理解して、授業づくりをすることが大切だと分かりました。

 グループ演習では、指導講話を基に、道徳科の指導案づくりに取り組みました。
高岡市教科指導員の先生方も話合いに加わり、若手の質問や悩みに答えていただきました。

 活発に、そして生き生きと議論する若手教員の姿が印象的でした。この研修で学んだことを2学期からの道徳科の授業に生かしてほしいと思います。

第4回ICT活用研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月5日(木)、「第4回ICT活用研修会」を実施しました。

 講師は、富山県立大学工学部准教授の岩本健嗣先生で、実技研修を交えながら講演をしていただきました。

 「micro:bit」を使い、授業でプログラミング的思考をどのように育てるかを具体的に教えていただきました。

 ICT活用研修会を実施するたびに、高岡市立学校の高速回線による学校のICT環境のすばらしさを再認識させられます。

「メイクコードを学ぶのではなく、論理的思考力を育むことが目的であることを忘れな
い授業」、「世の中のいたる所にセンサーが活用され、よりよい社会がつくられていることを実感を伴って理解する機会としてのプログラミングの授業」にするための授業展開の工夫等を学ぶことができました。

第2回ミドルリーダー研修会

記事画像1 記事画像2
8月4日(水)、「第2回ミドルリーダー研修会」を実施しました。

 前半は、教育センター安養次長による「コーチング技法を活用した人間関係づくり」の演習で、「聴く・訊く姿勢」や「よい点に目を向ける評価」について学びました。

後半は、高岡市立福岡小学校 関澤好校長先生による危機管理演習でした。

 危機管理演習では中学校区毎に集まり、学校事故の事例を基に、事故を起こさないための方策や事故が起きた場合の対応を具体的に話し合いました。

話合い後、関澤校長先生から指導講話をしていただきました。
日頃から「関係者や関係機関への報・連・相の徹底」や「時系列での記録」を心がけること、また、危機管理においては慎重且つ迅速な対応が必要不可欠であることを改めて心に刻みました。

ミドルリーダーとしての心構えと、新たな視点をもつことができた研修となりました。

第2回ものづくり・デザイン科研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月3日(火)、高岡地域地場産業センター(ZIBA)において、「第2回ものづくり・デザイン科研修会」を実施しました。

 午前は伝統工芸漆器協同組合の方々に、「青貝塗り」を指導していただきました。「貝むき」「仕上げ」「上塗り」等の工程を体験しました。

午後は高岡銅合金組合の方々に、「砂型鋳造」を指導していただきました。前回作成した「原型」を使って、「鋳込み」を体験しました。

青貝塗りや砂型鋳造の工程を学ぶだけでなく、高岡の伝統工芸への理解を深めたり、伝統工芸士の技術の高さを感じたりすることができました。

高岡市学力向上研修会

記事画像1 記事画像2
8月2日(月)、「高岡市学力向上研修会」を実施しました。

コロナウィルス感染症対策のため、急遽、オンラインでの研修となりました。

 「主体的・対話的で深い学びの授業改善を目指す校内研修」について、国士舘大学教授 澤井陽介先生にご講演いただきました。

 前半、「子供が自らの学習状況を把握し、主体的に学習を調整していくための振り返りの在り方」や「指導に生かす評価と記録としての評価を区別し、計画的に行うこと」など、子供の学力向上のために大切にすべきことを学ぶことができました。

 後半のグループ協議では、「校内研修の在り方」について中学校区ごとに情報交換を行いました。各校で効果が上がっていることや課題となっていることなど、互いに話し合う有意義な機会となりました。

第2回若手教員研修会

記事画像1 記事画像2
7月30日(金)、「第2回若手教員研修会」を実施しました。

 講師には、富山大学教職大学院 教授 林誠一 先生を招き、講演をうかがいました。

 現行の学習指導要領改訂のポイントを基に、これからを生きる子供たちに必要な力やそのために教師に求められていることなどをグループワークも交えながら考えました。

知識・技能の習得だけでなく「どのように学ぶか」「何ができるようになったか」の視点を大切にした授業づくりをしていくこと、子供たちの非認知能力(テストでは測ることのできない力)にもしっかりと目を向け学力を伸ばしていくことなど、多くのことを学ぶ機会となりました。

道徳教育研修会

記事画像1 記事画像2
7月28日(水)、「道徳教育研修会」を開催しました。

 講師に大阪府貝塚市立東小学校 校長 川崎雅也 先生を招き、講演をうかがいました。

 4つの教材文を基に、子供たちに何をどのように考えさせれば、より深い学びになるのかについて、グループワークをしながら考えました。

「主題となる価値を明確にすること」「深い学びにつながる発問を工夫すること」など、道徳科の授業づくりで大切にすべきことを具体的な言葉で示していただきました。

第1回ものづくり・デザイン科研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
7月27日(火)、高岡地域地場産業センター(ZIBA)において、ものづくり・デザイン科の指導者としての指導力及び技術の向上を図るため、「第1回ものづくり・デザイン科研修会」を実施しました。

 午前は講師に伝統工芸漆器協同組合の職人の方をお招きし、「青貝塗り」の実習を行いました。「研ぎ」「貝切り」「貝付け」「塗り」の工程を体験しました。
午後は講師に高岡銅合金組合の職人の方をお招きし、「砂型鋳造」の実習を行いました。事前に考えてきていた図案を使って「原型作り」を行いました。

 どちらの実習でも、参加者は指導してくださる職人の方々の技術の高さに感動していました。また、職人の方々が気さくに教えてくださるので、楽しい雰囲気の研修会になりました。

第2回目は、8月3日(火)の予定です。残りの工程を体験し、作品を完成させます。どんな作品に仕上がるか今から楽しみです。

第3回 ICT活用研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 6月22日(火)、福岡中学校において、第3回ICT活用研修会が開催された。

 デジタル教科書の有効活用を図るため、富山大学大学院教職実践開発研究科の長谷川先生にご講演いただいた。

 前半、ICTの「学び」への活用について、長谷川先生が参加者の中に交じりながら、ICTに関する疑問や悩みなどを聞き取るなど、楽しい雰囲気の中での講演会であった。(写真上)

 後半、参加者はグループになり、デジタル教科書を活用した授業実践例を出し合った。小中一貫教育にも役立つ話し合いとなった。(写真中)

 最後に、グループ発表があった。多くの活用例を聞くことができた。同時に今後の課題については、長谷川先生から指導助言をいただいた。(写真下)

 参加者は各学校へ戻り、今日の研修内容を広めていただきたい。

呉西圏域連携事業「ICT教育に関する調査・研究」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 6月17日(木)、呉西圏域6市が連携し、ICT環境の整備や研修の充実を図ることを目的に、「ICT活用研修会」が、高岡市立戸出東部小学校体育館で開催されました。

 コロナ禍のため、講師のNHK放送研修センター専門委員の渡辺英美先生は、オンラインでの参加となりました。

 呉西圏域6市から、学習専用端末を持参した66名の教員が、実技研修に取り組んでいいました。

 NHKfor Schoo を有効活用する方法を、ていねいにご指導いただきました。特に、「ものすごい図鑑」は、迫力があり感動しました。

 会場の通信環境も良好で、66名が一斉に「ものすごい図鑑」のダウンロードを行いましたが、ストレスなく瞬時に完了しました。

 参加者は各市へ戻り、今日の研修内容を広めていただきたいと思います。


第1回ミドルリーダー研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 6月16日(水)、戸出コミュニティにおいて、第1回ミドルリーダー研修会を実施しました。
 学校のミドルリーダーとして求められる資質や実践的指導力の育成を図るため、高岡市立学校の校長から推薦された37名が参加しました。

 今回は、伏木中学校の久保村校長を迎え、「学校の活性化に必要なミドルリーダーの存在」と題しての指導講話をしていただきました。

 久保村校長の若かれし教員時代の失敗談を引用しながら、ミドルリーダーの役割や資質・能力に関してお話していただきました。

 最後に、ミドルリーダーへ贈る言葉として、山本五十六の「米百俵の精神」、「人を動かす秘訣」、「実年者の態度」についてのお話は、特に印象に残るものでした。

 熱く語られた久保村校長先生から、参加者は多くのことを得ることができたようです。

第2回目は、8月4日(水)の予定です。

第2回 ICT活用研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 昨年度末に各学校で2回実施した「端末活用研修会」の未履修者を対象にしたICT活用研修会を実施しました。
 
 対象者は、全ての新採教員及び市外からの転入者で、総勢57名が参加しました。

 コロナウィルス感染症対策のため、国吉義務教育学校体育館でディスタンスを保ちながら研修を行いました。

 東洋通信工業より2名の講師に来ていただき、マイクロソフト365アプリについて、授業場面を想定しながら、OneNoteとFormsの使い方を学びました。

 研修時間が短く、内容を完全に習熟することはできませんでしたが、今後は、「習うより慣れろ」の意識をもって、端末を有効活用してほしいと思います。

第1回 若手教員研修会

記事画像1 記事画像2
 5月18日(火)、第1回若手教員研修会が開催されました。

 予定していた一堂に会しての研修から、リモートの研修に変更になりました。
高岡市内小・中・特別支援学校すべての4・5年次教員48名が、各学校から参加しました。
 この研修は、「若手教員の指導力の向上」「若手教員同士のネットワークの構築」「小・中一貫教育の推進」を大きなねらいとしてます。

 第1回目は、元野村小学校校長の正平務先生に、「自分の得意を生かした学級経営」と題して指導講話でした。

 正平先生の得意な図画工作の指導や俳句指導を通し、感動と夢を持ち続ける子どもたちを育てた経験について講演していただきました。

若手教員研修会は、1年間で5回実施されます。2・3回目は夏季休業中にワークショップを通して、4・5回目は2学期にベテラン教員や若手教員の授業参観を通して、指導力向上を図ります。

 自主的研修の場として、若い教員のエネルギーを共有するとともに、指導力の向上や悩みの解消にも利用して欲しいと思います。 

第1回ICT活用研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 学習専用端末を活用した授業の在り方について、実技研修会を実施しました。

 新型コロナウィルス対策として、戸出西部小学校の体育館において、ソーシャルディスタンスに注意して研修を行いました。

 「NHK for schoolの動画と、OneNoteを組み合わせた指導法」と「Power pointを利用した動画作成方法」など、明日からの授業ですぐに使える内容でした。

 実際に学習専用端末を操作しながら説明を受けたので、理解しやすい研修だったと思います。

 なおこの研修会は、市役所5階の高岡市教育委員会と、慶応義塾大学SFC研究所にオンライン中継されました。

 研修会後は、Formsを利用して事後アンケートを行いました。

 この研修会で身に付けたことを、各学校で広めてほしいと思います。 

教科指導員研修会

記事画像1
 4月15日(木)、第1回高岡市教科指導員研修会を行いました。
 
 高岡市教育委員会の重点施策の具体化を図るために、学校訪問研修会や若手教員研修会のアドバイザー等を通して、高岡市の教育活動の改善と充実に努めます。

 本年度は、高岡市教育委員会より小学校教員7名、中学校教員5名が教科指導員として委嘱されました。

 研修会では、教科指導員としての心構えや、学校訪問研修の在り方について研修しました。

 「一人一台学習専用端末」や「高岡型小中一貫教育」等、今日的な教育課題に対しても積極的に課題解明を目指してほしいと思います。