令和元年度 第7回(通算128回)の教師力アップセミナーは、2月8日(土)10時〜12時、筑波の山本良和先生です。ぜひお越しください。

野口芳宏先生セミナー1

画像1
画像2
午前の部
語彙の拡充の原理〜3年生「ありの行列」〜

国語の学力とは、
「読字力」「語彙力」「文脈力」である。

「文脈力」はつながりを理解する力で、いちばんつけにくい。
「読字力」は、教科書には平仮名で書くことを、黒板には漢字で書くことで身につけさせることができる。→ 講演中も多くの言語を拾いながら実践していきました。
そして、「語彙力」。語彙自体の意味を知らないといけない。

それを、教科書で教えていく。

言語の力をつけていくことが、国語の教育。学力は教わらなければ身につかない。
国語の学力はすべての学力の基礎学力、「底」である。

人が去り行く時、手に入れたものはすべて失い、与えたものだけは残る。

なんとも心に響く第一部でした。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29