平成31年度第3回(通算124回)の教師力アップセミナーは、9月7日(土)10時〜12時、山田貞二先生です。ぜひお越しください。

1月12日 白石範孝先生2

画像1
〇 教材分析について
 「その教材はどんな特徴を持っているのか」「どんな規則性を持っているのか」を分析する。教科書にある作品はあくまで教材であり、ここから何か教えられることがあるはずだと考えることが大切である
(例)「スピード数え歌」
 文字数で数えるのではなく、音数で数えること。小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」は前の音にくっついて一音。小さい「っ」は一つで一音。手を叩いてみると分かりやすいことを教えることで、音数としての役割がわかる。この原理原則を押さえた後に、自分たちで言葉を作らせる。「しょうがっこう」「チョコレート」など、知識があると自分たちで作ることができる。
(例)「大造じいさんとガン」
 クライマックスを探すには「クライマックス」という言葉の意味を教えなければいけない。国語におけるクライマックスは、心・人物の変容点。面ではなく、点である。点は一文で取り出す。また、会話文か、描写か、視点の転換のすぐ後にくることなど、順番に新しいものさしを与え、クライマックスを導き出させる。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31