平成30年度第6回の教師力アップセミナーは、1月12日(土)10時〜12時、白石範孝先生です。ぜひお越しください。

2/14 吉永幸司先生3

画像1
 国語科授業ということで大事にしたいのは、めあてである。めあてが具体的であると、評価ができる。勉強したことが学習成果として力になったか、振り返る時間が必要だと考えた。まとめの段階で、5分なり10分なり振り返りの時間を設けた。これで授業が引き締まった。「授業のめあてについて学習しました。こういう力がつきました。」と授業を振り返ると成果がはっきりと自覚できる。振り返りは、低学年の場合は、学習したことを振り返らせ、事実を書かせる。中学年は、学習にどのように関わったかということを書かせる。高学年では、「ここまで、わかった。」「ここまで、できた。」など成果と次の課題を書かせる。
 振り返りに着目をしたのは、学習の時間の後半を書くことでまとめたいということからだった。鉛筆事件がきっかけだった。授業が中途半端で終わった教室は、机の上が散らばっている。当然、鉛筆も筆箱からはみだしている。ある日、鉛筆が休み時間になくなった。それは、机に体が触れた影響で、鉛筆が床に落ち、落ちていた鉛筆を拾った子が「だれの?」と言えばいいのだが、黙って、近くの机の上に置く。その机の子が自分のではないのに自分の筆箱に入れる。いつの間にか、鉛筆を取ったと思われたという出来事があった。
 書く時間の確保は、授業のおしまいをしっかりすることになり、混乱は起きないという効果もある。鉛筆の持ち主は「鉛筆がなくなった」と捜す。言葉の力がない子は説明できない。いつの間にか、鉛筆を取った人というようになっていく。そうならないためには、授業のおしまいをしっかりする必要があると考えた。まとめの時間を設定し、書く活動を位置づけると、教室がひきしまり混乱がなくなり、落ち着いて書くことに集中するようになった。
 言語活動は平等に時間を確保したと思うようなったことがある。そのきっかけは、授業の初めの音読を見た時である。ある授業で、全員が立って読む。読み終わった子は着席をする。読みが遅い子は、一人になっても読む。その間、他の子は待っている状態だった。読みが遅い子が読み終わったら、すぐに次の活動が始まる。これが普通にならないようしたいと思うこともあった。書くこと、読むことでは、時間を平等にという考えかたは、大事だと思う。
 話すこと聞くことは、日常生活で鍛えるという考え方も大事である。丁寧語を使うことを日常生活で徹底して指導をすると学校がかわる。トラブルを、話し合いで解決をしようという雰囲気が生まれる。整った言葉で話しをしようとする子が増えてくる。先生の言葉が丁寧になる。先生がきちんとお手本を示して、生きる力に、希望や未来につながる言葉で、子どもに語りかけるような学学校に変わっていく。
日常の言葉に敏感になると、子どもへの話し方も変わってくる。事実と考えを区別することを教えると、考えて話す子が育ってくる。「いまの話しはどこまでは事実ですか。」「自分の考えはどこまでですか。」と問い返すだけで、話し方が変わる。「叱られた。」「注意をされた。」という言葉を「指導を受けた」とい言いかえると教える側が責任をもつようになり、教える側の気持ちが真剣になる。
少し、国語の授業とは話題がはなれるが、小学校で大事なのは、3つあると考えている。
 一つは声の大きい子を育てること。声は一生の宝である。日常的に地域では、大きいこえで「おはようございます。」と挨拶をすることでいい子だと褒められる。大きな声は、明るい声へ広がっていく。
 二つ目は書く力を育てる。一番いいのは、日記を書かせる。つまり、自分を振り返る。その子が、生きていた証になる。日付を書くから。子どもは、日記大好き。子どもの家庭での様子を知ることができる。日記が書けない子は、書かなくていいから白紙でも出させる。白紙の日記には、教師が朱書きでその子のいい所を書いてあげる。日記でコミュニケーションをとる。日記に子どものいい所を書くと、子どもは親に見せる。親は、教師が自分の子どもをしっかりみてもらっているということで、教師を信頼する
 三つ目は嫌いを作らない。小学校は全人教育を目指す。勉強を嫌いにさせない。書くことを嫌いにさせないなど、好きにさせることを目指すともに、嫌いを作らない努力が必要である
 これまでお話をしたことを、「ことばの力」育成という面でまとめると3つの側面がはっきりしてくる。「知識内容の理解」とともに「自分が豊かになっていることの自覚」、そして、「考える力」である。細かくは、考える、気づく、行動するという側面から授業を見ていくと新しい授業が見えてくる。
 特に、「考える力」は想像する力。考える力は選ぶ、判断をするという活動が原点である。相手にどうのように伝えれば、事実が伝わるかと考えさせる。見たり聞いたりしたことを具体的に説明させることも考える力である。
「気づく力」は感じる力。問題場面に出会ったとき、問題をどう感じ、どのように解決をしていくかという力。自分の考えが正しいと思っていたけれど、こういう考え方があるのかと思考の中心を柔軟に変える力である。
「行動する力」言葉を選び、行動をする。行動は具体的な活動と結びつく。読む、線を引く、図に書くことから新しい考えが生まれる。行動は意思決定。
 わたしの出会った子どもには、4つのまとまりがあった。1「自分から進んでなんでもできる子」、2「自分の力で課題や問題を乗り越える力持っている子」、3「条件が整うと意欲が盛り上がる子」、4「丁寧に指導を受けることを求めている子」である。
 教室にいる様々な子、一人一人が生きる授業づくりは難しいが、国語力の育成をキーワードにすると光りが見えてくる。授業を変えると子どもが変わる。子どもが変わると学校、学級が変わる。言葉の力は生きる力である。

2/14 吉永幸司先生2

 国語は、言葉である。言葉で話す。言葉で考える。言葉を使う。その言葉を一生懸命に繰り返し使っているうちに、学校の日常で子どもたちの言葉が育つ。「おはよう」と声をかけても知らん顔。友達が「ごめんね。」と謝っても「なに?」と言うよう学校や学級では国語の力は不十分と捉え、日常とつなげる国語科の授業を目指していきたい。
 言葉の力は生きる力と感じた事例がある。6月の初め、1年生の保護者から「うちの子どもがいじめられて帰ってきました。」と連絡が入った。詳しく話を聞いた。6年生の子がドッチボールの遊びで「あっちいけ」と言って1年生の背中を押して追い返したということであった。保護者と私たちの前で、6年生が最初に言ったことが、「今日は、ぼくのためにお忙しい中、来てくださってありがとうございます。」という保護者への感謝の言葉だった。その後、「ボールに当たると危なかったので押しました。その時に気が付いて、担任の先生に『ごめんなさい』と言えばよかったけど、言えませんでした。ご迷惑かけました。」と、お詫びの言葉だった。1年生の保護者も事情を理解し、子どもの話を聞くと、自分に都合がいいように伝えていたという説明だった。6年生がこのように適切に話せなかったら、1年生の子の話が正論になっていた。必要な時に必要な言葉で話せることが大切。学校でのトラブルは、学校から伝えるのではなく、子どもが自分で伝えること。そして、学校が親に確認し、子どもの説明の不十分さは「ここのところ抜けているでしょう。」と子どもに伝え、再度、正しく保護者に説明するよう指導する。正しく伝えると理解を得、深まるような力を国語の時間につけたい。
国語の授業を変え、学校を変えるには、国語の授業の質をよくすることが大事だと考えた。国語は、教材をもとにして、教材の勉強をする。教えたいことがたくさんあり、教師が考えた答えに導きたいと思う。そのため、教師がいっぱい喋る。話して理解をさせようとすると、子どもは、自分で考えようとしなくなる。そうならないために取り組んだのが、板書とノートを一体化することや効果的な言語活動の開発であった。手始めに国語の指導が好きな先生で国語プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトで考えた初めは、「さん」付けで呼ぶ。「はい。」で答えることからであった。特に名前を呼ばれたら返事することを徹底した。この取り組みを全校で行った。そして、キーワードは「丁寧」にした。「丁寧にお話しましょう。」「丁寧に聞きましょう。」を合い言葉にした。そのことで何が変わったか、教師の言葉遣いが変わった。また、主語に「さん」をつけると述語を明確にして伝えるようになった。
次に、ノート指導に力を注いだ。授業では勉強した証拠が必要だと考えると、子どものノートは勉強した証になる。教師は授業準備で板書をノートに書く。そのノートの通りにきれいな板書をする。初めの段階は、子どもが板書をノートに丁寧に写す時間を大事にした。ノートは、学習の記録になる。だから、日付を書く。先生の板書を丁寧に写していくと、勉強の仕方がわかる。学習の記録として残るから意欲が湧くということで、学校が変わっていった。
授業の始めに音読をすることも取り入れた。音読には詩が良い。古典は、特に、音読にふさわしい。
授業だけでなく、学校生活全体でも、国語力を育てることに力を注いだ。保健室の取り組みでは、子どもが来室したら、先生から、話すのではなく、聞き出すことを大事にしてもらった。取り組んで2年、保健室を訪れた子どもは、「失礼します。今、お時間よろしいですか。2時間目の時に鉄棒から落ちました。その時は、大丈夫だったけど、3時間目に痛くなってきました。担任の先生に聞いたら、心配なので保健室に来ました。水で洗ったけど、先生どうすればいいですか。」と言えるようになった。
国語力が育つと怪我が少なくなるというのは、できすぎた話のように聞こえるが、言葉が少ないと、手が出るという実態から考えると、言葉で問題を解決する力が育ったというように考えることができる。
丁寧に相手の話を聴くということで育つ子どももいる。聞き出すことに重点を置くと、「どうしたの?」と問う。「それで?」「それで?」で、話をつなぐ。そうすると考える力が育つ。聞く力が育つ始まりは、指示をしっかり聞くことである。ノート指導でも、点やはね、マス目からはみ出さない等の指示を聞いて書くと美しいノートができるという経験が聞く力を育てる。
画像1

2/14 吉永幸司先生1

 平成26年度最後の教師力アップセミナーは、京都女子大学講師・元同附属小学校校長の吉永幸司先生に登壇していただきました。
 テーマは「国語力は、人間力―言葉で考える子どもを育てる国語指導」で、授業と日常生活をつなげて国語力、そして人間力を育てる国語教育の在り方について、「丁寧」をキーワードに実践に基づいたご講義を紹介します。
 3学期の後半を迎えました。この時期、1年間の子どもたちの成長を評価する時期です。評価の視点を例にすると、挨拶でしたら、4月には、挨拶できなかった。けれど、今は、日常的に「おはようごいます。」と言えるようになったというように具体的に成長を確かめることです。職員室へ入ってきて、「紙をください。」と丁寧に要件を伝えることでできることが、力がついたことになると思えることです。国語で大事にしていることは、言葉の指導を通して、人間としていい人に育てることと思っている。
 国語科の授業は、国語の時間の授業だけで終わらないようにしてほしいと考えている。国語の授業で、登場人物の気持ちを考える、大きな声で発表させる、漢字をしっかり覚えさせる、書かせるという具体的な指導をしている。例えば、物語を読むときに、10時間ほどかけて登場人物の気持ちを考えさせる。その授業の目的は、気持ちを考えることの大事さとか自分の気持ちを正確に言葉で相手に伝えるため大事さ、言葉の選び方等が学習の内容である。授業では、しっかりと習得しているはずなのに、授業以外ではいかされていない。廊下で困っている子に「大丈夫?」と声をかける子が少ない。10時間も勉強したのに、何故、日常生活で「大丈夫?」の一言もかけられないのかそこに光りを充てて考えてみたい。また、ノートに「この単元の作者に興味を持った。面白かったので私は、図書館に行って本を一生懸命読みます。」と書いた子に、1週間後、「本を読みましたか。」と聞く。その子は、「え?なに?」と問い返す。国語の授業だけで完結していたことになる。ノートに書いた内容は、先生との約束なので、「先生、読みましたよ」とこたえる子どもになってほしい。国語の力がついているかどうか、この面を意識していないと、子どもも国語科の授業は、国語の時間だけのもので、生活と関係ないと考えている。
つまり、いい授業だけれども、子どもが日常生活で生かしていないというのは寂しいと思える子、国語で勉強したことは、確実に日常生活をよくすると思える子になってほしい。


画像1

【第7回】本年度の最後は「吉永幸司先生」

■日時 2月14日(土)10時〜12時
■会場 大口町立大口中学校
■講師 吉永幸司先生(京都女子大学講師)
■演題 「国語力は人間力 −言葉で考える子どもを育てる国語指導−」
■講師の紹介
滋賀大学教育学部附属小学校教諭、同副校長、公立小学校校長を経て、京都女子大学教授・同附属小学校校長(平成26年3月退職)、現在は京都女子大学講師。第27 回「読売教育賞」( 読売新聞社)、他多数受賞。「国語力のアップは、考える力や学ぶ力が向上し、人間力を育てる」をモットーに、国語力の基本の一つである「ノートを丁寧に書く」独自の指導を「京女式ノート指導術」として全国に広められました。国語教育を中心に、伸びる子ども・賢い子どもを育てるにはどうしたらよいかということを講義していただきます。

【1/10 秋田喜代美先生1】

 東京大学教育学研究科教授の秋田喜代美先生にご登壇いただきました。
 今回は「子どもがつながる授業、質の高い学びのある授業をめざして」という演題でご講演され、子どもがどういう大人になるかを見据え、幸せでより良く生きるための方法を考えるということ、そのためにどうするかをパワーポイントや実際の授業映像を使って語っていただきました。
 秋田先生がご自身の目で見られた実践を熱く語ってくださり、教師がどのように子どもとつながっていくかを深く考えさせられる、とても学びのあるセミナーとなりました。その内容を紹介します。
画像1

【1/10 秋田喜代美先生2】

 まず、「質」の高い学びについて話されました。
**********************************
 子どもの経験から考えると教育の質には二つの次元がある。
・「安心・居場所感でつながっている」次元
・「文化的価値ある対象に夢中になれる」次元
 そのために、様々な授業方法を持ち、目の前の子どもに合わせて、もっともよい授業方法をとることが大事である。そして、質の高い学びのための保障が必要である。
 それは、
1 参加の保障
2 対話の保障
3 共有の保障
4 多様性の保障
5 探究の保障
 である。この五つを継続的に行うことでさらに学習が深まっていく。
画像1

【1/10 秋田喜代美先生3】

 次に、具体的な授業デザインについて話されました。
**********************************
 質を深めるための手立てとして
1 誰もが参加し良さを認め合う
2 学びを深め創り出す
3 思考や理解を吟味する
 ということがある。
 さらには、いい教師や上司は「待つ・聞く」ことが必要であり、子どもがゆっくりと他の子どもの発言を聞き考えたいときに、子どもの様子を観ずに、話も聞かずに教師が話をし続けてはいけない。教師も、子どもを待って観る間が大事である。例えば、落ち着いている教室には「あいづち、自然な拍手、つぶやき、相手を見ながらの言い方や聞き方」などの特徴がはっきりと見られる。

画像1

【1/10 秋田喜代美先生4】

 そして、「どの学年でも挑戦のある学び」をしてほしいということで、そのための「課題」の一例を紹介されました。
**********************************
 ほとんどの子が夢中になっていても、一部の子どもがうまく課題に取り組むことができていないことがある。常にすべての子どもが満足することは難しいが、その中からも得ることがある。失敗して立ち止まったとしても、そこから、さらに学ばせることでさらなる成功につながることもある。
 そのために、「課題」を工夫し、手立てを考えていくことが必要である。しかし、東京大学付属中学校でも協働学習を10年取り組んでいるが、今でも不安を抱えながらやっている。必要なのは、その不安の中身を明らかにしながら、良さを考え、授業に取り入れていくことが大切である。

画像1

【1/10 秋田喜代美先生5】

 最後に、授業を良くしていくための「学校間や教師の意識の高まり」の大切さをお話しされました。一人でできることは限られているかもしれないが、多くの人と協力し、より良い授業を作り上げていこうという意識を高めることで、次第に良いものが全国に広がっていく。それができる日本の教育界の素晴らしさを強調されました。
 秋田先生の講義を聞いた教師が、これまでの自分の授業を見つめ直し、より良い未来を築くことができるのではないか、そんな事が思える、学びの多いセミナーでした。
画像1

【第6回】「秋田喜代美先生」登壇

■日時 1月10日(土)10時〜12時
■会場 大口町立大口中学校
■講師 秋田喜代美先生(東京大学大学院教育研究科教授)
■演題 「子どもがつながる授業、質の高い学びのある授業」
■講師の紹介
教育心理学、学校教育学、保育学が専門。現在は東京大学大学院教育研究科教授で、主な著書に「子どもをはぐくむ授業づくり」「ことばの教育と学力」「授業研究と談話分析」など。近著「学びの心理学」では「教師とは、子どもの成長を幸せに感じ、そのことで、自らも成長できる専門家のことである」と明言し、子どもたちが居心地よく安心して深く学べる教室とは何か。それが可能となる条件を「授業のデザイン」という視点で提示し「学び」について記述されています。教室での具体的な子どもの状況や教師のあり方について、当日は穏やかな口調で、鋭く語っていただけることでしょう。

【11/8 和田裕枝先生5】

受講された先生方のお声の一部を紹介します。

・子どもを大切に、子どもの考えを生かす授業が学べました。
・算数の授業の組み立て方を基本的な所から学ぶことができた。
・算数の授業づくりに悩んでいたので、とても晴れやかな気持ちです。問題文と図だけから、子どもの実態を第1にして、教材研究する。とても大切な視点を得ました。
・2つめの授業例は目から鱗だった。児童の実態を見極めそれをもとにして、組み立てを考えることの大切さや振り返りの時間を確保することの大切さを改めて実感することができた。
・和田先生の一人ひとりの子どもに声をかける細やかな教育技術をみることができ、大変参考になった。
・学級全体で授業を進めていくための、子どもたちの指名の仕方・発言、作業のさせ方等、運営の方法についても分かったことがたくさんあり良かった。
・和田先生のはきはきとして話し方と笑顔に元気づけられる時間でした。
・和田先生の講演を拝聴したのは2度目でしたが、一貫されたお話で本日も勉強になりました。

算数の授業の組み立て方や教材研究の仕方に加え、子どもへのはたらきかけ方や接し方を学ぶことができました。クラス全員が活躍し、全員で作り上げる授業を教えていただきました。
当日はもっと多くの具体例を出し、きめ細かく説明をされました。あっという間の2時間。和田先生、ありがとうございました。
画像1

【11/8 和田裕枝先生4】

 セミナーの後半では、まず、受講者の先生方に5年「整数」の単元を使って授業の流れを考えてもらいました。その上で、和田先生に模擬授業を行っていただきました。
 
【問題】
たて6cm横8cmの長方形のタイルをならべて、正方形を作りたいと思います。1辺の長さは何cmになりますか。

◎指導のポイントをまとめてみました。
・教科書の表記の「できるだけ小さい正方形」を抜いて問題提示をする。これにより、できるだけ=最小公倍数ということを子どもが発見できるような授業展開にする。
・長方形の具体物を並べ、正方形を作る。1辺が24cmの正方形だけでなく、1辺が48cmの正方形も作り、1辺が72、96・・・cmの正方形もできることを予想させる。できる正方形が一つでないことを気づかせる。
・集団解決の中で、72cmの見つけ方を発表させ、48cmや72cmを公倍数として認識させる。
・1辺が24cm、48cm、72cm、96cm・・・となる正方形の中で、できるだけ小さい正方形を選ばせる。「できるだけ」という条件を後から付け加えることで、スモールステップの授業展開にする。
・適用題として100cmに近い正方形はどれか選ばせる。
・最後にできるだけ小さいということが最小公倍数だということを気づかせる。
画像1

【11/8和田裕枝先生3】 45分の流れを決めるポイント

画像1
当日は、L字型の図形の求積を例に授業の流れを決めるポイントを教えていただいた。

1 まずは、問題文と図から児童の実態を予想する。

2 導入段階でやっておくことを決める

3 自力解決(机間指導)で集団解決への力をつける

4 集団解決で新しい学びを身につけさせる

5 振り返りで達成感をもたせ、次時につなげる
画像2

【11/8和田裕枝先生2】 45分の授業モデル

1 導入(7分程度)
2 自力解決=机間指導で個別指導(5分程度)
3 集団解決(20~23分程度)
4 振り返り(10分程度)
(1)適用問題を解く
    自力で解くことで本時の問題に対する力をつける。
(2)本時の課題に対するまとめをする
    「書く」ことで論理的思考の習慣化
    本時の問題を通して、補完、仮定、一般化などの数学的思考の習慣を身に
    付ける。
ポイントは、振り返りの段階で概念形成の段階まで伸ばすことである。振り返りを10分間確保できる授業はなかなかない。しかし、この時間は個に応じて能力を伸ばせる時間帯である。得意な児童はたくさんの学びを35分の間にみつけ、次々にいかせる。もし直角じゃなかったら、もし割り切れなかったら、などと条件を変えて考える力がつけば、学級全体の学び合い(23分程度)の濃度が変わってくる。
画像1

【11/8和田裕枝先生1】

 豊田市立小清水小学校、和田裕枝校長先生、本セミナー3回目のご登壇です。今回は、「45分の授業モデルを作ろう―児童の考えをもとに組み立てる授業―」という演題でご講演いただきました。45分の授業モデルや5年「整数」の単元を使った授業の流れを、模擬授業を交えながら語っていただきました。授業の組み立て方や教材研究の仕方、授業での子どもへのはたらきかけ方などを教えていただきました。とても内容が濃く、学びの多いセミナーでした。
 セミナーの様子は【11/8和田裕枝先生2〜5】、アンケート結果は、ここをクリックすると見ることができます。
画像1

野口芳宏先生セミナー7

画像1
その後、道徳教育の流れについてお話いただき、最後に道徳の模擬授業をしていただきました。

道徳の模擬授業では、「ハンガー」の絵を使い、上からみたら一本の棒。しかし、横から見たらハンガーに見えることから、ものの見方によって見え方が変わる。見方、考え方、受け止め方・・「観」についての授業でした。

同じ事態にぶつかって、それをどう観て、どう考え、どう受け止めるかで大きく変わってくる。

「観」を磨くことで幸せになるし、立派になるし、楽しく暮らせると思う。逆に「観」が乏しいと貧しい人生しか送れなくなる。

「私の道徳は、価値をはっきり教える。ぼかさない。」

今回のセミナーも心に残る言葉があふれていたセミナーでした。

野口芳宏先生セミナー6

画像1
【午後の部2】 野口流「道徳」の授業 道徳の教科化に向けて

道徳授業についての野口先生自身の基本的な考え方・教科化及び評価についてお話していただきました。

「特定の価値を押しつけていけない」という考えが非常に広まっている。
しかし、「基礎基本の本質は変わらないということ。」変わったら基本でない。

義務教育の間は、「是は是。非は非。」を教えるべきである。これが私の基本的な考え方である。

国語の学力が無くて、世の中を乱すことはない。
しかし、道徳の落ちこぼれは怖い。
道徳の落ちこぼれは、世の中を不安に陥れる。

しかし、その道徳教育の効果が発揮されていないことを残念に思う。

野口芳宏先生セミナー5

画像1
子どもは経験もなければ、知識も浅い。
もっと質の高いものに出会わせて、「あぁ、そうなんだ」って思わせて少しずつ成長させていく必要がある。

今言語活動は重視されている。

しかし、学校ではしゃべるのをやめなさいという。静かにしないと・・と。それでは充実していかない。言語活動の充実と言うのは、短い言葉ででき書くに無駄を省いてしゃべらせることだ。

野口芳宏先生セミナー4

画像1
その後、野口先生からご指導をいただきました。

活動があって指導がない。活動が長すぎて、何をいっているのかが分からない。では何をしたらいいか。話す指導である。
「お前の話は長すぎる。今の3分の1ぐらいでいってみろ」
それだけで短い言葉で的確に言う指導となり、子どもが変わっていく。

野口芳宏先生セミナー3

画像1
【午後の部1】 会員による実践発表 中学2年「言葉の力」

「言葉の力」という教材を使って、一文の言いたいことをグループで話し合って考えさせ、要約させるという授業を野口先生にみていただきました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31