改善が進むと、次の課題が明確になる

小学校の全学級で授業アドバイスを行ってきました。

前回訪問時に指摘したことを、多くの方が意識して授業をされていました。特に共通の課題であった授業規律については、教務主任の働きかけもありずいぶんと改善されていました。授業者の指示が子どもたちに徹底できるようになっています。進歩しただけに次の課題も見てきました。

一つは、子どもたちが指示されたことしか意識していないことです。例えば授業者が話をする前に子どもたちによい姿勢を取らせても、話し始めると集中力が切れて視線が授業者から離れてしまいます。授業者が子どもたちにどこを見ていてほしいかを意識していないので、このようなことが起こるのです。子どもたちの集中が切れた時に、話を止めて視線を上げさせると言ったことが必要です。話をする前に、「今からお話しするから、聞く姿勢をとってね」と「聞く」ことを意識させた指示をするのも有効です。また、指示が徹底できるようになってきたので、直接指示するのではなく「先生は次に何を言うと思う?」と自ら行動を考えるように仕向けていくとよいでしょう。

もう一つは、子どもたちの授業への参加が先生とのかかわりが中心になっていることです。子どもたちは先生との関係がよくなっているので、指名してもらいたいと思っています。自信をもって答えられるときには一生懸命に挙手します。しかし、自信がなければ答を書けていても挙手しようとはしません。また、友だちの発言や発言者と先生とのやり取りは集中して聞こうとはせず、その後の先生の説明を待っています。また、友だちの発言に対して「いいですか?」「いいです」といったやり取りも多く目にしましたが、全員が口を開いているわけではありません。まわりにつられて言っている子どももいます。口を開かない子どもに対して、「どうなの?」と声をかけたり、「いいです」という答に対して、必ず「もう一度説明してくれる?」と他の子どもを指名したりすることが必要です。子ども同士がかかわりあいながら全員参加することを意識してほしいと思います。
そのためには、まず友だちの発言を聞くことに価値を置くことが大切です。発言に対して、「○○さんと同じ意見の人?」「○○さんの考えをなるほど思った人?」と子どもたちをつなぎ、「△△さん、あなたの言葉でもう一度言ってくれる?」と発言を求めるようにするとよいでしょう。こうすることで、友だちの話を聞く必然がでてきますし、安心して発言できるようにもなります。
正解かどうかを問うのではなく、「どこで困った?」と困ったことを聞いたり、「どんなことをやってみた?」と過程を聞いたりすることも発言しやすくするのによい方法です。「なるほど○○で困ったんだ。同じようなところで困った人いない?」「似たようなことをやって人いる?」と受容して子ども同士をつなぐことで、子どもたちの発言意欲を高めることができます。

一人当たりの授業を見る時間を多くは取れませんでしたが、気づいたことを個別にアドバイスさせていただきました。ワークシートや課題などに先生方の工夫をたくさん見ることができ、私にとってもよい学びの時間となりました。
次回、先生方にどのような変化が見られるか、とても楽しみです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31