自分の授業を客観的に振り返ることが必要

前回の日記の続きです。

新任の3年の担任の授業は国語の漢字学習で、教科書の絵もとに宝探しに出かけた男の子の話をつくる場面でした。絵と絵のつながりを意識して接続語を考える教材です。
作業を止めて顔を上げさせようとしますが、なかなか手が止まりません。後で時間をあげるからと言って再度指示をしますが、まだ顔が上がらない子どもがたくさんいます。授業者は待ちきれずに先に進めてしまいました。指示は徹底させることが大切です。「まだ、顔を上げていない人がいるね。みんな待っているよ」というような声をかけ、全員が指示に従うようにしてほしいと思います。
授業者は「見て回ってすごいいいのがたくさんあった」と子どもたちの発言意欲を高めようとしますが、挙手はあまり多くありません。低学年と違って、たくさんあったと言われても自分のこととは思わない子どもも多くいます。机間指導中に「いいね」と声かけをしながら○をつけるといったことをするとよいでしょう。
指名された子どもが前に出て発表します。授業者は発表者ばかりに注目して、他の子どもたちが発表者を見ているかどうかを意識していません。発表者が「どうですか?」とみんなに聞きましたが「いいです」という声はほとんど上がりませんでした。授業者は「声が小さい。よくなかったの?」「いいと思ったら大きな声で言ってください」と言ってからもう一度発表者に聞き返させます。今度は大きな声になりましたが、授業者が形式的に「いいです」と言わせているだけです。どういった文であればよいのかを子どもたちが意識して聞いていないので判断はできません。子どもたちの声が小さかったのも、よく聞いていなかったことや判断することを意識していなかったことが原因でしょう。そこを考えずに、「いいです」と言わせると、友だちの発表に対して反射的に「いいです」という子どもをつくってしまいます。気をつけてほしいと思います。
この後の作業について「……教科書を見て、さっきポイントも教えてくれたよね。どういうところにポイントがあった」と、「見てやりましょう」と指示を完結させずに、話が途中で指示からポイントの確認に変わりました。指示を完結させてから、「さっき教えてくれたポイントを……」と確認に入るべきでしょう。説明していることが途中で変わったので、多くの子どもはついていけなかったようです。さっきの発表の時と同じ子どもたちしか手が挙がりません。授業者は「あれ、さっきポイントを2つ挙げましたよね」と言葉を重ねますが、挙手は増えませんでした。大切なポイントであれば、ノートか板書に残っているはずですが、子どもたちの目はぼんやりとして動きません。ノートに書かせたのであれば見るように促し、そうでなければまわりと確認させるといったことをして、活動させなければいけません。結局、そのまま一人を指名しますが、子どもたちはだれもその子どもを見ようとはしませんでした。答をわかりたいと思っているように見えません。「いいです」と言う声は今度も小さかったのですが、授業者は「そうですね」と今度はやり直させずに説明を始めます。注意が恣意的になっています。次に指名した子どもが「絵を見て考える」と答えると、「絵を見るだけじゃなくて……」「絵はどうなっていたんだっけ」とすぐに追加の説明を他の子どもに求めます。これは発言に対する柔らかな否定です。まず、しっかりと受容することが必要です。その上で足りないことがあれば、本人に言わせるようにするべきでしょう。次に指名された子どもが「絵はつながっている」と答え、子どもたちが「いいです」と言うと、発言に対して評価や共有したりすることなく、「○○さんいいですね。身体を向けた。よい姿勢ですね」と姿勢を正させます。ポイントは結局なんだったのか確認しないまま次の指示に移りました。
また、「絵を見るだけじゃなくて」と「絵はどうなっていたんだっけ」はつながりません。「絵はどうなっていたんだっけ」は文を考えるためのポイントとは別の問いです。「絵の何をみるとよい?」と問いかけ「絵と絵のつながり」という答を引き出すべきでしょう。問いや説明のつながりがおかしいため、子どもたちが理解しづらくなっていました。
この後、具体的な指示を出しますが、子どもたちの集中力はすっかり切れています。作業に移るように言ってもすぐに動けませんでした。結局一部の子どもとだけのやりとりだけで授業が進み、多くの子どもたちは終始受け身のままでした。
文を書けた子どもが手を挙げると、授業者がそこに行って点検します。あちこちで手が挙がりだすと、右往左往することになります。子どもたちは手を挙げたままずっと待っているので、体が揺れて集中力は落ちていきます。できた子どもへの指示を出しておき、端から順に○つけをすれば効率的です。
授業者は子どもたちの様子をしっかり見ることができていません。たまたま気づいた時だけ注意をします。また、子どもたちの集中度が落ちてくると、思うように子どもが動かないので「きちんとこちらを向いてください」と口調もきつくなってしまいます。子どもをきちんと認めて受容的に接ししているつもりだと思いますが、無意識で威圧的になる場面を多く目にしました。
精神的にきついことですが、自分の授業をビデオに撮るか録音して客観的に振り返り、授業規律のつくり方や指示の出し方など、基本的なことを学び直してほしいと思います。

特別支援の授業は辞書の使い方の学習です。
辞書で調べた言葉の意味をワークシートに写す場面でした。写すことと写し終えたらシールを貼ることを指示しましたが、口頭だけでした。指示をきちんと覚えておくことができない子どももいますので、特に複数のステップがあるような指示は黒板などに残しておくことが必要だと思います。
授業者は子どもに対して受容的になることができています。指示したことができた時には「ありがとう」といった言葉が自然に出るようになっています。子どもに向かう基本的な姿勢はよいと思います。残念だったのは、「ありがとう」を言う時に笑顔になれなかったことです。余裕がなかったのでしょうか、表情があまり出ませんでした。いつも笑顔を忘れないようにしてほしいと思います。

この続きは次回の日記で。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28