低学年の子どもたちを全員参加させる

1学期に訪問した小学校での授業アドバイス。

1年生の国語の時間は、説明文の授業でした。鳥のくちばしの形の違いについての文章です。授業者は初めて1年生を担任する先生です。
ノートを広げるように指示してめあてを板書しますが、すぐには書かせません。後ですぐに使うのでしょうが、ちょっと時間がムダになるような気がします。必要になった時にノートを開いてすぐに書かせた方がよいと思います。
「いつもは考えようだけど、今日は?」と子どもたち問いかけ、めあてを見て「つくろう」という声が上がったのを確認してから、全員で読みます。一部の子どもたちは、「問題と答をつくろう」といういつもと違うめあてにテンションが上がります。授業者は反応する子どもは無視して先に進めます。これはよい対応だと思いました。下手にかかわるとテンションがもっと上がってしまうからです。子どもたちはすぐに落ち着きを取り戻しました。
ディスプレイにワークシートを映して、問題文の最初に何が必要かを子どもたちに問いかけます。「どんな形か」と何人かの子どもが声に出します。授業者は「話してごらん」と子ども同士で聞き合うように促します。子どもたちはすぐに、身体を寄せ合ってしゃべります。まだ、自分からはしゃべれない子どもも目につきますが、そういった子どももその後すぐに挙手しました。全員がしっかりと手を挙げていたのはとてもよいと思いました。
指名された子どもが発表すると、子どもたちはしっかりと身体をその子どもの方に向けます。指名された子どもが「どんな形かを書くと思います」と言うと、うんうんとうなずく子どもがいます。授業者は「どう?いい?」と全体に対して反応を求めました。よい対応だと思います。反応が増えたのを確認して「いいですね」と説明します。同様にして、問題と答に必要な要素を一つひとつ確認していきますが、すぐに授業者がいいと判断して確認が一人だけのことが気になります。反応しない子どもに「どう」と確認したりして積極的に参加を促し、一問一答にならないように意識してほしいと思います。
タブレットを使ってディスプレイに書き込みます。この時どうしても授業者の視線がタブレットとディスプレイに集中してしまいます。仕方がないことではあるのですが、できるだけ子どもを見るようにしてほしいと思います。
初めての1年生の担任で戸惑うことも多いようですが、よく頑張っていると思いますが、全体的に少し授業者がしゃべりすぎているようです。子どもたちが全体で発表する機会をもう少し増やすとよいでしょう。また、すぐに集中が切れてなかなか参加できない子どももちらほら目につきます。どのようすればこのような子どもたちを参加させることができるか、いろいろと工夫してみてほしいと思います。

もう一つの1年生の国語の授業は、「あいうえおであそぼう」という詩の秘密を(特徴)を考えさせる場面でした。
子どもから「リズムがある」という意見が出てきます。授業者が最初の1行を全員で読ませて、「たしかにリズムがあるね」と確認すると、一人の子どもが「リズムがあるっけ?」と理解できないことを訴えます。そこで授業者がもう一度一音ずつ区切って読みながら、リズムがあると説明すると、多くの子どもが「あー」と反応しました。その反応を見て次に進みましたが、リズムがあるというのは感覚です。よくわからない子どももいるはずです。同調圧力で流されないよう意識して、理解できなかった子どもに納得したかどうかを確認したいところです。
これ以外にもいろんな秘密があると、友だちと探すように指示します。子どもたちから「今?」「いやだ」という声も上がります。「秘密」という言葉が今一つ理解できずに、何をすればよいのかかよくわからないことが原因のように思いました。授業者は「この秘密を知らないと楽しいあいうえおの歌がつくれません」と言って作業に入りました。活動の目的を意識させることはよいことですが、秘密を見つけることと歌をつくることの関連をもう少しはっきりさせることが必要だと思います。
「わかった」「わかった」と大きな声を出す子どもがいます。ペアで相談させているのですから、隣の子どもに聞いてもらうように声をかけるとよいでしょう。一つ見つけてその後じゃれ合っているペアもあります。ただ探すではなく「できるだけたくさん見つけて。いくつ見つけられるかな?」といった指示にするとよいでしょう。また、最初に「いくつあるかな?」と全員に予想を立てさせておくと、その数だけは見つけようとするのでより意欲的になると思います。
授業者は子どもたちをしっかり受容できるのですが、子どもたちのテンションをコントロールすることが少し苦手のようです。注意をしなくてもよいので、「はい、○○するよ」と次にとるべき行動を明確に伝えるとよいでしょう。
子どもたちの発表はペアの2人が起立して行いますが、発表そのものはどちらが一人になります。発表した後、もう一人に「これでよかった?つけたすことない?」と発言させる機会をつくるとよいでしょう。また、子どもたちは友だちの発表をよく聞こうとしています。聞いている子どもたちに、「今○○さんの言ったことわかる?もう一度説明してくれる?」とつないだりして、活躍の場を与えるとよいと思います。
自分で気づいたことを「一人で言える」と発表したがる子どもがいました。ペアの子どもが「わからん」というので教えるのですが、うまく教えられず、発表させてもらうことに気持ちがいってしまいました。1年生なので中々難しいのですが、うまくペアの子どもとつなぎたいところです。
子どもたちの発表を受け止めることはしますが、評価や価値付けがないことが残念です。行頭の文字が「あかさたな」の順番になっているということに気づけば、「行の先頭の文字に注目したんだ」「縦じゃなくて横に見てみたんだね」と返したり、文節の字数に気づけば、「一塊の文字の数を数えてみたら、規則があったんだね」というような言葉で評価したりするとよいでしょう。
授業者は一つひとつ自分の課題を克服してきています。着実に力をつけていますので、次回の訪問が楽しみです。

この続きは次回の日記で。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31