検討会で、先生方の力が子どもたちのよい姿を引き出していることを伝える

私立の中高等学校で、研究授業の全体会に参加しました。先日の公開授業研究会の検討会です。

教科別の検討会の前の全体会では、先生方に授業の様子から学んだこと、子どもたちのよい姿などをまわりの方で自由に話していただきました。うれしかったのが、先生方がとてもよい表情で話し合っていただけたことです。まだまだ話は続きそうでしたが、残念ながら時間の関係で、途中で切らざるを得ませんでした。何人かの方に話し合ったことを聞かせていただきましたが、子どもたちの姿や授業から素直に学ぼうという姿勢が感じられました。教科を越えて、子どもたちや授業について話すことのよさを感じていただけたのではないでしょうか。
私からは、「この学校の子どもたちのよさ、可能性には素晴らしいものがある。昨年度私が見た姿と比べても大きく進歩している。子どもたちのよさを認めてほしい。そして、子どもたちのそのよい姿をつくり出したのは、間違いなく先生方の力であり、そのことに自信を持ってほしい。子どもたちの力を認めて、先生方より高いものを子どもたちに求めれば、きっとそれに答えてくれるはずである」といったことをお話しました。また、今回アクティブ・ラーニングを意識した授業が多かったのですが、子どもたちが上手く活動できていない授業もありました。ただグループにすれば子どもたちが活動する、発表場面をつくればよいというものでもありません。アクティブ・ラーニングの考え方、実際に行う時のポイントについて、希望者を対象にしてお話しする時間を取らせていただくことにしました。
「そもそもなぜアクティブ・ラーニングなのか?」「アクティブ・ラーニングに挑戦したいがどこから始めればいいのかよくわからない」「実際にやってみたがどうもうまくいかない、しっくりこない。どうすればいいのか?」といった先生方の疑問に少しでも答えられるようなお話を何回かに分けてできたらと思っています。

短い期間で成長していた講師

昨日の日記の続きです。

今年初めて教壇に立った4年生の担任の講師の授業は、国語の漢字しりとりでした。授業者は1学期と比べると、雰囲気がずいぶん変わっていました。緊張気味ではありましたが、笑顔がたくさん見られます。何より子どもたちをよく見ていたのが印象的でした。前回の訪問からそれほど時間が経ったわけではありませんが、意識して授業をしていたことがよくわかります。子どもたちをよく見ているので、子どものよいところをほめることもできます。

授業の始めに、ウォーミングアップで普通のしりとりをしました。答えた子どもに次の子どもを指名させます。男の子に指名が偏りだしたのですが、授業者は「次は女の子」とタイミングよく指示を出しました。こういうことができるようになったのは、少し余裕を持って子どもたちを見られるようになったということです。以前と比べて、子どもたちへの指示も通るようになっています。後から授業者に聞いたところ、子どもたちがよい行動をとった時にほめることで授業規律がよくなったということです。授業規律をつくる時の基本ですが、それを忠実に実行した結果というわけです。

漢字しりとりのルールを伝えます。熟語の最後の漢字と同じ読みの漢字を先頭として熟語を考えます。練習で子どもを指名して次につながる熟語を答えさせます。授業者はすぐに板書しましたが、どんな漢字を使うのかを他の子どもに考えさせてもよかったでしょう。この漢字しりとりにはその読みの漢字を使った熟語に気づくことと、漢字を正しく書けることの2つのステップがあります。そのことを意識させたいところです。「事件」に対して、「ん」がついていることに反応する子どもがいしました。授業者は「続かないかな?」と返したのですが、すぐに自分で「続けることができる」と説明しました。こういったところでも、「いいことに気づいたね。んがついたから終わりだね?」とぼけて、子どもたちから続けられるということを引き出してやりたいところです。もちろん時間とのせめぎあいがあるので、常にこのように子どもに返すことは難しいのですが……。
子どもが「4文字でもいいの?」とつぶやきました。授業者は「よく気づいたね」とほめて、4文字でもよいことを全体に伝えます。ほめることを意識していることがよくわかります。できればここは、「いいことに気づいたね。みんなにあなたが気づいたことを教えて。みんな○○さんの話を聞こう」と本人から全体に対して発表させたいところです。私的な発言を公的な発言にしてあげるのです。

漢字しりとりのお助けとして、国語辞典を配ります。ここは天下りで与えるのではなく、必要性を子どもたちに感じさせてから与えたいところです。練習の時に、ちょっと子どもたちを困らせる問題を出して、言葉が思いつかない場合に何かいい方法がないかを考えさせるのです。
辞書を配ってから練習問題のワークシートの説明をします。あらかじめ用意した一連の漢字しりとりの一部に穴が空いているものです。この穴に入る漢字を用意された漢字群から選ぶのです。先に辞書を配ってしまったので辞書に気を取られて説明を聞くことに集中しない子どもが目立ちます。授業者はワークシートをかざして説明しますが、小さすぎて見えません。先に配られたワークシートから子どもの視線が離れません。拡大コピーか実物投影機を使って、ワークシートを配る前に説明したいところでした。
この練習問題は、お尻と頭に同じ音の漢字を入れるわけですから、一方の読みがわかればもう一方と同じ読みの漢字を用意された漢字群の中から探すだけです。自分で同じ読みの漢字を使った熟語を考えるのではなく、単に漢字の読みの練習問題になっています。この時間のねらいとずれています。せめて、選択する漢字をなくせば、漢字がわからない子どもは国語辞典を使わなければいけないので、練習になったと思います。また、同じ読みの漢字をたくさん漢字群に入れておいても、辞書を引く必然性があったと思います。
できた子どもは、その続きの漢字しりとりをやってよいという指示でしたので、中には手早く穴埋めを終わって一生懸命に漢字しりとりをやっている子どももいました。しかし、練習問題を終えて手持ち無沙汰にしている子どもも目立ちました。注意したいのは読みのわからない子どもがいることです。授業者は困ったらふりがなを振るとよいとヒントを言いますが、漢字を読めない子どもには無意味なアドバイスです。漢和辞典があれば読みを調べることもできるのですが、今回は漢字しりとりに有効な国語辞典しか準備していません。この点でも、この練習問題がねらいとずれているのです。
答を挙手指名によって発表しますが、子どもたちの挙手の仕方がよくなっているのを感じました。ここでも、改善の後が見えます。「回答」という熟語が答に出てきますが、「解答」しか知らない子どもたちにはよくわかりません。「回答」と「解答」の違いを辞書で調べさせることも必要だったでしょう。

続いて、グループで漢字しりとりをします。用意された紙に順番に熟語を書き込んで、後で発表します。作業の指示の後、子どもたちは素早く活動を開始しました。問題はこのグループ活動のゴールです。授業者が明確に示さないので、子どもたちのエネルギーはどれだけたくさん漢字しりとりを続けられるかに注がれます。ここで子どもたちは国語辞典を活かします。国語辞典と首っ引きで熟語探します。辞書の早引きの練習ならばよいのですが、できれば意味に注目させたいところでした。子どもたちが思考する要素が少ないので、テンションが上がっていきました。中には漢字練習帳を開いている子どもがいました。これまでの学習を活かそうとするよい姿勢です。こういう子どもは評価したいところです。国語辞典に頼らず考えさせることをもう少し意識させると必要があるでしょう。
グループの発表で、書かれたものを読んでいきますが、聞いている子どもの参加度を高めるためにも、個人を指名して読ませるといった変化があってもよかったでしょう。まだ習っていない漢字を使ったらあらかじめその意味を調べておくというルールにしたり、全体の場で意味を調べる時間を取ったりすることも必要でしょう。子どもたちは意欲的に活動しましたが、国語の学習としてどのような力がついたのかは疑問が残りました。これまで学習した漢字を使い、使ったことのない熟語は必ず意味を調べる。発表では、読みや意味を聞いている人に質問するといったルールや縛りをつけるといった工夫がほしいところでした。

最後に、子どもたちが辞書をかたづけて前に持って来たのですが、とても素早く動いていたことが印象的でした。これに限らず、授業規律がきちんとしている場面をたくさん見ることができました。伸びという意味では、今回授業を見せていただいた先生方の中でも一番だったと思います。その成長の陰には校長の働きかけもあります。若手を集めて勉強会を行っていたそうです。若手の成長にはこういったサポートが必要なのです。

若い先生はちょっとしたきっかけで大きく伸びることがあります。また、努力をしてもすぐに結果が出ないこともあります。直線的ではなく、いくつもの壁を乗り越えながら段階的に成長していくものです。この日見た若い先生方からはそのことを強く感じました。短い期間で大きく成長できた方も、壁にぶつかっている方も、今続けている工夫や努力をこれからも続けてほしいと思います。その先にしかよい結果は生まれないと思います。

ベテランのよさと若手の課題が見えてくる(長文)

小学校で授業アドバイスを行ってきました。1学年1学級の学校です。市内の全小中学校での授業アドバイスの一環です。今回から今年度2回目の訪問です。この日は、新任の講師の授業を中心に、全学年の先生方の授業を見せていただきました。

6年生の授業は国語の「やまなし」の授業で「クラムボン」とは何かについて子どもたちが全体で話し合っている場面でした。授業者はベテランで子どもたちの発言をしっかりと受容しています。子どもたちの発言に対して、きちんと根拠を確認してつなげようとしています。友だちの発言を子どもたちが拍手で評価した時も、どうして拍手をしたのかその理由を確認し、「同じと思った」「自分の意見とは違うけれど納得した」といった違いを明らかにします。「説明がすごい」といった言葉が子どもたちから出てきます。子どもたちに問い返したときに、挙手が少なければすぐに答えさせずにグループに戻したりもできます。ベテランらしい素晴らしい授業でした。
子どもたちはよく反応できるのですが、発言の内容が次第に高度になってくると参加できる子どもが減ってきます。子どもの発言を全体で共有する時間をつくる必要があります。他の子どもに説明させたり、理解し消化したりする時間をつくるのです。時として、授業者が代わりに説明しますが、できるだけ子ども同士に任せたいところです。
もともと力のある方でしたが、授業を見せていただく度に新しい工夫、変化を見ることができます。授業力もそうですが、こういった姿勢を若い方は是非参考にしてもらいたいと思います。

5年生の授業は若手の国語の授業でした。読みからそれにふさわしい漢字を選ぶという場面です。子どもたちとの関係をうまくつくることができ、雰囲気もとてもよい学級をつくっています。指示も徹底できています。ここまでできれば学級経営的には困らないと思います。だからこそ、ここからがこの先生の勝負どころだと思います。より高いところを目指してほしいのです。
授業規律であれば、今は「顔を上げて」と指示をしていますが、指示をしなくても子どもたちが判断して顔を上げるようにするのです。言われなくても顔が上がった子どもを、「言われなくても顔を上げてくれたね。ありがとう」とほめるといったことが必要です。これは授業者が意識しないとできません。子どもたちが自分でできるようになれば、授業者のしゃべる言葉も減ってきます。子どもたちのよい行動を笑顔でうなずいて承認すればいいのです。
教科の内容について言えば、この単元、この授業で教科としてどんな力をつければよいのかをもっと考えることが必要です。この授業では、どの漢字を使えばいいのか辞書の助けを借りる場面があります。授業者は答を確認して終わりましたが、問題の答を知ることがねらいではありません。辞書を使うことについては、どんな使い方ができるのか、ここではそのどこを活かすとよいのかといったことを子どもたちが考えることが必要です。また、この課題を通じて個々の漢字の持つ意味を考えさせるといったことも大切です。こういったことを意識して、授業を組み立てることが求められるのです。これは簡単なことではありません。毎日の授業を大切にして少しずつ進歩していくものです。ここからがとても長いのです。
授業者は教師として必要な資質をたくさん持っています。だからこそここで満足せずより高いところを目指してほしいと思います。

4年生の理科の授業は、特別支援担当の若手が教科担当として行っています。天体の観測で方位磁針の使い方の場面でした。
前回訪問時、特別支援を担当することで子どもの言葉を受け止めたり待ったりすることができるようになっていると感じました。集団を相手にどのような授業になるのか楽しみでした。
ICT機器を使ったり、方位磁針の実物を用意したりと工夫をしていました。しかし、残念ながら、特別支援の時に見せてくれた子どもを受容することについては、うまくやれていませんでした。
全体的に余裕がなく、子どもたちの視線が自分に集まるまで待つことができず、つい子どもたちに命令口調で指示してしまいます。指示をしても全員が動くまでに時間がかかります。つい待ちきれず、次に移ってしまいます。時間が押していたのでしょうが、もう少し我慢したいところでした。復習だったので、子どもたちに発言させればいいのですが、自分で説明します。しかし、子どもたちは手元に実物があるので顔が上がりません。ICT機器を活用して手元を写し、子どもたちの顔を上げさせるとよかったでしょう。
一問一答になっていることも気になります。子どもの発言をつなぎません。太陽の動きの観察から、月の動きの観察のポイントを押さえるのですが、観察とはどういうことかを授業者自身がきちんと意識できていませんでした。子どもたちに何を見るのかを問いかけますが、子どもたち何を答えていいのかわかりません。「ヒントはねえ〜」といった言葉を出しますが、子どもたちは観察で大切なことを意識していないので、単に先生の求める答を探すだけです。観察で大切な視点をきちんと整理することが必要です。「対比」という視点で何を対比するかを考えさせてもよかったでしょう。太陽の動きと比べて何が同じで何が違うか。月の形では・・・といったことを子どもに出させて、どうなるのか予測させるといったことをしたいところです。小学校4年生では難しいかもしれませんが、太陽、地球、月の動きのモデルと観察の関連を考えることができると理科としては非常に意味のある授業になると思います。
授業者は自分では課題を認識できています。毎時間の授業の流れを事前にノートにまとめています。意欲は十分にあります。しかし、それですぐに授業が改善するわけではありません。焦らずに、一つずつ課題をクリアしていってほしいと思います。前向きな努力を続けていくことが、きっとよい結果につながるはずです。

3年生は初任者の国語の授業でした。この日は、グループごとの発表場面でした。前回いくつか課題と対応について話をしました。しかし、私の伝え方が悪かったのか上手く伝わっていませんでした。例えば子どもたちとの関係をつくるのに、休息時間に子どもたちとできるだけ遊ぶようにアドバイスしました。子どもたちととてもよく遊ぶようになったそうです。しかし、子どもたちは先生を同格と見るようになってしまったそうです。授業に不規則発言やため口が増えて、授業規律が崩れかけているようです。授業と休息時間の区別をきちんとすることを伝えきれなかった私の責任です。また、子どもの自己評価が大切で、子ども自身が評価できることを意識するようにアドバイスしましたが、驚いたことにこの日のめあては、自分たちの発表について「自己評価」しようというものでした。自己評価するために、具体的な目標と評価基準を与えることを言ったつもりだったのですが、これも上手く伝わっていません。「顔を上げる」「視線をきちんと合わせる」「ゆっくり話す」「声が後ろまで届く」といったポイントを子どもたちと確認しますが、これは自分で評価することはとても難しいことです。意識して行って、それを評価してもらうことです。これを自己評価しようとすると、一番大切な自分たちの話の中身を相手に理解してもらうことがどこかへ行ってしまいます。どう伝えるべきだったのか、悩んでしまいます。
発表の後、子どもたちによかったことを聞きますが、なかなか手が挙がりません。やっと発言してくれた子どもの意見を「そういう小っちゃなことでいいから、言って」と評価してつなげようとします。本人はほめたつもりです。全く気づいていませんでしたが、「小っちゃなこと」と評価された時点で、子どもたちは発言の意欲を失くしてしまいます。ペアでよかったことを言い合うように指示しましたが、子どもたちはほとんど口を開きませんでした。
自分の行動や発言が子どもたちにどのように受け取られるかがよくわからないようです。コミュニケーションが苦手なのでしょう。考え方や方向性を伝えても、具体的に自分の行動に落とすことができません。すぐに改善できるとは思いませんが、この先生には、それこそどんな小さな場面でも一つひとつ具体的にどうすればよいのかを伝えていくことから始めることが必要だと思います。幸いにも、本人も改善しようという意欲があります。また管理職や教務主任はこのことをよく理解しています。時間はかかっても、きっとよい方向に向かっていくと思います。

2年生は体育館でのベテランの図画工作の授業でした。みんなでいろいろなものを並べて作品にするものです。笑顔で子どもたちを受容しています。学級の雰囲気もとてもよく、子どもたちの意欲を感じます。前の時間にこの時間の予告をしてあったようですが、子どもたちは、この授業のゴールがよくわかっていないようでした。そのため、最初の説明は今一つ反応がよくなかったように思います。例え前の時間にやったことでも、その続きからすぐに進むのではなく、子どもたちに発言させて確認してから進むようにする必要があると思います。どうやって作るかについて「だれかと力を合わせたい」という子どもの発言がありました。授業者はそれを受けとめますが、他の子どもに「どう思う?」とつなげることはしませんでした。力を合わせることは具体的にどのようにするのか聞いてもよかったでしょう。学年が進むにつれて共同で作品を作ることが増えますが、そのためにもこういったことを子どもたちに考えさせたいところでした。また、授業者は、一人でやりたい子どもを否定しませんでした。途中までしか見ませんでしたが、一人でやる子どもも、自分のつくったものが友だちのつくったものと合わせて評価されたりすれば、違った気持ちになるかもしれません。ベテランの懐の広さを感じました。

1年生の算数の授業は、文章から読み取ったことをもとに算数の問題を考える場面でした。日記の文章から情報を読み取ります。教科書の内容をディスプレイに映しますが、大きさの関係もあり見えにくいのでしょう。教科書を読んでもいいと指示して、全員で読みました。教科書を見ている子どもをそれほどでもありませんが、ディスプレイを選んだ子どもは途中で集中力を失くします。授業者はそこで、全員に教科書を開かせて読み直しました。そのまま続けてしまえば全体の集中力もなくなってしまうところですが、とてもよい判断でした。
日記にどんなことが書いてあったかを「どんなことでもいいよ」と子どもたちに発表させます。「朝顔のことについて書いてありました」という発言を「よい答え方」と評価しました。子どもの発言を受容し、評価する姿勢はとてもよいのですが、どこがよいのか具体的にする必要があります。「『書いてありました』ときちんと最後まで言ってくれた」と授業者が言ったり、「どこがよかった?」と子どもたちに問いかけたりするとよかったでしょう。また、「その通り」と授業者が正しいと判断をする場面が多いのですが、できれば子どもたち具体的に確認をしたいところです。子どもたちは友だちの発言に「いいです」と反応しますが、これは無責任になりやすい進め方です。大切な内容を含む発言であれば、どこに書いてあるかを問いかけたり、指で示して隣と確認したりすることが必要です。子どもの発言をよく受容していますが、他の子どもにつなげることをもう少し意識するとよいでしょう。
力のある方なので、子どもをきちんとコントロールしながら授業を進めることができます。この先生なら、自分で説明することを少なくして子ども同士で相談したり、考えたりする場面をもっと増やすことができると思います。

新任の講師の授業については、明日の日記で。

公開授業から、学校が分岐点に差しかかっていることを感じる

私立の中高等学校で授業研究がありました。今回は公開された授業を自由に参観できる形で行われました。仕事の都合で半分の授業しか見ることができませんでしたが、アクティブ・ラーニングを意識された授業が多くありました。私が見ることができなかった授業については校長からその様子を教えていただきましたが、すばらしい授業がたくさんあったようです。具体的な場面で語っていただけたことから、そのよさがよくわかりました。

先生方意欲的であったことと同時に、公開されたどの学級でも子どもたちのよさを感じることができました。高等学校では子どもたちの質の幅は公立の小中学校などと比べて狭くなっています。この学校は、小中学校でいえば平均的な層が中心です。教師の働きかけによって授業に意欲的になったり、無気力になったりする層です。子どもたちの授業中の姿は、教師をとてもよく写す鏡になります。以前と比べてもその姿がとてもよくなったということは、先生方の授業がよくなっているということです。先生方の工夫がダイレクトに子どもの姿として跳ね返ってくるのです。今年度の1年生は中学校の学び直しも含めて基礎基本を100%にすることに挑戦しています。中学校でわからなかったことをもう一度やり直せること、わかるようになれると、昨年までの子どもたち以上に意欲的になっています。先生方も子どもたちがよくなっていることに気づいていますが、それが自分たちの力によるものだと思えないようです。自分に厳しい方が多いので、なかなかそのように思えないのでしょう。子どもたちの持つよさは、先生方の工夫で引き出されます。逆に、それまで授業中の姿がよくないのは子どもたちのせいだと思っていたのが、実は自分たちにもいたらない点があったのだと気づく先生も出ています。今この学校は、先生が授業を工夫することで子どもたちのよさが引き出され、その結果先生がより高いことを子どもたちに求め、子どもたちもそれに答えて伸びていくというよい循環に入るかどうかの分岐点に来ていると思います。ここで注意をしなければいけないのは、子どもたちが工夫された授業で意欲的になると、工夫の見られない授業では今まで以上に集中力を失くすことです。おいしいものを食べるようになると、今まで気にならなかったものでもまずいと思うようになるのです。基本的に前向きになっているので、ちょっとした工夫をすれば子どもたちは意欲的に授業に取り組むようになります。例えば、グループ活動を取り入れると、他の授業で経験しているので一から始めるよりも上手くいきやすいのです。今回の授業研究がより多くの先生が授業改善に積極的になってくれるきっかけになることを願います。
この日の授業の検討会は、時間の都合で別の日に行うことになりました。そこでは、先生方気づいた授業のよさを共有していただくつもりです。

空いた時間で広報担当の先生とお話ししました。この学校が子どもたちの学ぶ意欲を引き出せるような工夫をしていることを広く知っていただくことが大切だと思います。抽象的な言葉ではなく、具体的にどのようなことに取り組み、どのような結果がでているかを客観的に伝えることが必要です。中学校時代、今一つ学習に積極的になれなかった、苦手な教科がどうしても克服できなかった、そんな子どもたちが意欲的に学習に取り組み苦手を克服できるとすればとても素晴らしいことです。この学校に入学することで、そういった子どもが一人でも多く生まれることを期待します。
先生の中には、入学者が増えると子どもたちの質が下がって授業がやりにくくなると考える方もいるかもしれません。決してそうではありません。今この学校で取り組んでいることをやり続ければ、子どもたちは意欲的に学習に取り組むはずです。この学校で自分が成長できると思えば、より上の層の子どもたちも入学を希望してくるはずです。大切なことは、どんな子どもが入学してくるかではなく、入学してきた子どもをどのように伸ばしていくかです。そのために必要なことに今先生方は取り組み始めていることを自覚してほしいと思います。
広報に関して、私の今までの経験から制作物のつくり方やポイントをお伝えしました。担当の方はとても熱心に私の話を聞いていただけました。前向きに仕事に取り組んでおられることがよくわかります。今後、こういった面でもお手伝いをしたいと思います。

反転授業の実際から考える

授業と学び研究所で、市で反転学習をとりいれている小学校の発表会に参加しました。実際に反転学習の授業を見ることは初めてだったので、とても楽しみでした。

公開されている授業を研究所のメンバーで分散して見学しました。私は4年生の理科の腕の曲げ伸ばしの仕組の授業を見せていただきました。
授業の開始前のウォーミングアップの時点では、子どもたちはとてもよく集中していました。授業者と子どもたちの関係もとても良好に見えます。この後の展開が楽しみです。
子どもたちが事前に見た学習ビデオで考えたことを電子黒板に全員分を映しだしますが、一つひとつは読みづらい状況です。授業者はその中からこの日の授業のめあてにつながるものをピックアップして拡大提示します。こういった場面での子どもたちの集中力が気になります。先生への指示に従いますが、自ら積極的に考えようとはしないのです。「筋肉が縮んだり、緩むと動く」という子どもの予習から「縮む」「緩む」を説明できる人と問いかけても挙手は一人です。この言葉が予習のビデオに出ているのであれば、それがわからないというのは問題です。実際には、ビデオでは「伸びる」という表現でした。予習ビデオに出ていないのならこれはその子どもが自分で勉強したことです。であれば、その子どもが説明すべきです。「縮む」に対しては通常「伸びる」が対応した言葉になりますが、あえて「緩む」を使っているのですから、ここはそのことを意識した展開にしたいところです。授業者の説明は「緩む」の意味をきちんと押さえているとは言えないものでした。「伸びる」のか「緩む」のかを課題にして展開しても面白いところでした。以前見たある教育用の動画では、ロボットアームがゴムの筋肉に圧縮空気を入れて腕を動かしていることで説明していました。こういった説明であれば「伸びる」ではなく「緩む」であることが理解しやすいでしょう。
いずれにしても、せっかく子どもたちが予習して考えたことがあるのですから、それをもとに全体で考えながら課題を設定したいところでした。
「どのような仕組みで腕を曲げ伸ばししているのか調べよう」がこの日のめあてでした。「調べる」がどのよう活動を意味しているのか興味の湧くところでした。子どもたちはめあてを素早く写します。こういう活動は集中して行います。子どもたちは、教師が求めることをよく知っているように感じました。
授業者はグループに1個筋肉マシーンを用意していました。真ん中で動く紙で作った腕の両側に、筋肉に見立てたビニール紐がくっついたものです。水が入ったペットボトルも用意しています。これを持って腕を曲げたり伸ばしたりして観察するためです。この他に一人1台のタブレットも使います。これらを与えて、グループでの活動が始まります。
子どもたちは、グループの隊形になる前に体を伸ばしたりごそごそしたりしています。ここまでは、受け身の時間だったようです。動きが遅いことが気になります。グループになった後、子どもたちは筋肉マシーンをパタパタさせたり、ペットボトルを持って手を動かしたりはしていますが、じっくり観察したり、友だちと意見を交換している姿は見られません。子どもたちのテンションが高いことが気になります。残り時間がわずかになって、まとめる指示が出ると、今度はビデオの音があちこちか聞こえてきます。多くの子どもがビデオを止めながらその説明や図をもとにワークシートを埋めていました。「調べる」が答そのものを探すことと理解しているのかもしれません。自分でどうなっているのか体の動きを「調べる」ことにはなっていないようでした。「調べる」という言葉の理科的な意味を活動の前にきちんと押さえておくべきだったでしょう。

全体での発表では電子黒板にワークシートを映して、子どもは自分の席で発表します。子どもの発表を聞きながら、授業者は板書をしたりします。当然のことながら、子どもの視線はバラバラになります。板書を見ている子どもと電子黒板を見る子ども、どこにも注目していない子どもが多く、発表者を見ている子どもが少ないことも残念です。子どもが友だちの話を集中して聞かないことが印象的です。授業者が子どもの発言を他につなげずにすぐにまとめるので、必要性を感じないのでしょう。
「縮むと固くなる」といった気づきに対しても、本当にそれを確かめていない子どもはたくさんいるはずです。しかし、実際にそれを確かめさせることはしません。また、この気づきの科学的な視点での価値付けをすることはしません。理科として何を大切にしなければいけないのかが意識されていないように思いました。
腕を曲げると内側のテープが膨らむという意見がありました。筋肉が膨らむこととは少し違います。下手をするとテープが弛むと思うかもしれません。筋肉マシーンの位置づけがよくわかりませんでした。筋肉マシーンでは、ビニールの紐が筋肉です。ビニール紐をどうすれば腕を動かせるかという課題で使えば、子どもたちの思考は変わったと思います。できれば紐を貼り付けるところから始めたいところです。紐の関節側の端は、関節より少し先につけなければいけません。人間の体の構造と比較することで仕組みがよくわかると思います。
全体では腕を曲げると内側の筋肉が縮むといったことに収束させます。まとめに入るにあたって「授業者は内側が縮むと外側は?」と問いかけます。「縮む」という言葉も聞こえてきますが、取り上げることはしませんでした。また、「腕を伸ばすと?」という問いかけで、外側の筋肉が「少し」縮むと返す子どももいました。素晴らしい発言だと思います。よく観察していたのです。しかし、これも取り上げませんでした。時間がないのでこの時間で扱うことはできませんが、「緩む」にこだわれば、両側の筋肉が弛んでいる状態はどのような状態かを考えるきっかけになります。腕を伸ばしている状態は、外側の筋肉は少し縮んでいて、内側の筋肉は緩んで引っ張られて伸びるというような表現が出てくるかもしれません。子どものちょっとした言葉にも注意を払いたいところでした。
最後のまとめに入る前に、「みんなの体は何で支えられているか?」と全体に問いました。「骨」という答の中に「と筋肉」と答える声が聞こえました。しかし、授業者は「骨」と確認して進めています。予習ビデでは「骨と筋肉」となっていたのにです。これも気になる所です。
最後は、内側の筋肉が縮んで外側の筋肉が弛むと曲がる。外側の筋肉が縮んで内側の筋肉が弛むと伸びるというまとめで書いて終わりました。今までの、腕が曲がっている時はどうなっているかという議論と因果がいきなり逆転しています。先ほど述べたように、筋肉マシーンをうまく活用して、この橋渡しをしたいところでした。子どもたちは最後のまとめを一生懸命に写しています。答が大切であると考えているのでしょう。子どもたちが集中する場面に、子どもたちの授業に対する姿勢が見えるような気がしました。

この授業では、グループ活動中にビデオを見せる必要はなかったと思います。子どもたちが考えるためには、結論をまとめているビデオの解説はじゃまだったのです。反転授業は、教室では予習ビデオで学んだことを活用したり、考えを深めたりすることを目指すものです。そのためには、予習ビデオの内容に疑問を持たせることや、それを活用するための課題が重要になります。まず子どもたちに何を考えさせるのかを明確にして、トータルの展開をしっかりと考える必要があります。その上で予習ビデオはどのような内容にすればいいのか、教室ではどのような活動をすればいいのかを考えて組み立ててほしいと思います。もちろん、この市ではそのようなアプローチをとっていると思いますが、この日の授業からはまだまだ不完全だということです。この授業者の課題というよりは、市全体でどのようにしてブラッシュアップしていくかということだと思います。

授業後の全体での時間はあまりとられてはいません。この市や学校の取り組みの説明で終わりました。こういった取り組みの成果のデータは、まだ取り組んだ期間も短いのでなるほどと思うようなものは提示されませんでした。今回のような機会に、外部の方と一緒に授業検討をする機会を持つといったことも必要のように感じました。

実際の反転授業に触れて思ったのが、どんなやり方をしても教科や授業の本質をきちんと押さえる必要があるということです。理科の授業であれば、科学的なものの見方考え方は何か、理科で身につけたい力とは何か、その力を子どもたちにつけるにはどのような活動が必要なのか、そのことをきちんと押さえての授業展開であり、授業法であるということです。また、子どもたちを活動させるための基本的な授業技術も大切です。あたりまえの結論ですが、そのことを改めて考えることができた貴重な経験でした。よい学びの機会を得たことに感謝です。

横山浩之先生から多くを学ぶ

今年度第4回の教師力アップセミナーは、山形大学医学部看護学科教授の横山浩之先生による「不適切な子育てと行動異常」についての講演でした。愛着形成が上手くできなかった子どもの特徴や学校としての対処の方向性についてのお話しです。私自身、学校を訪問していて愛着障害を疑う子どもに出会う機会が増えていたので、とても興味深く聞かせていただきました。

子どもの心理発達上の課題は、年齢ごとに、
・0歳児の課題・・・愛着形成
・1歳児の課題・・・しつけの基本
・3歳児の課題・・・自我の目覚め
・5歳児の課題・・・簡単な論理の取得(一次反抗期)
・8歳児の課題・・・群れでの行動
・10歳児の課題・・心の黒板
・思春期の課題・・・精神的な自律(二次反抗期)
のようになっています。不適切な子育ての影響を受けてこのどこかでつまずくと、それ以降の課題を誤習得してしまいます。心理的な発達は、一定の順序に従い、連続であるが等速ではありません。時期によって、急に変化したり、ゆっくり変化したりします。この発達には決定的な危機があります。人への信頼関係の発達にとっては生後1年がそれにあたります。この時期に不適切な子育てによって愛着形成に失敗すると、ほとんどの課題の習得に失敗してしまうことになります。

例えば、虐待を受けている子どもの場合、幼児期には反応性愛着障害が引き起こされます。反応性愛着障害の特徴の一部としては、
・幼児は視線をそらしながら近づいたり、抱かれている間にとんでもない方向をじっと見ていたりする。
・対人関係の欠如、床にうずくまるなどの引きこもり反応がみられる。自分自身や他人の悩みに対して、攻撃的な反応を示すこともある。
・はげましても効果がない。過度の警戒(しばしば「凍りついた用心深さ」といわれる)が生じる場合もある。
・大部分の例で仲間たちとの相互交流に興味をもつが、(周囲を恐れているため)一緒に遊ぶことは少ない。
などが挙げられます。
これらは、自閉症などの発達障害の行動異常と非常に似ています。
また、学童期に入ると反抗挑戦性障害や行為障害(=非行)といった行動障害への進展、気分障害(うつ病、躁うつ病)、不安障害(神経症)などの精神障害への進展、人格障害、解離性障害など、さらに重症な精神障害への進展が見られます。
反抗挑戦性障害は、「〜しなさい」といった指示に従わなかったり、本当はそうしてほしいのに強く反対したりする行動異常ですが、これも発達障害がある子どもによく見られるものです。そのため、こういった不適切な子育てに起因する行動異常が発達障害と診断されて間違った対応を取られることもあるようです。逆に、発達障害がある子どもは、そのために不適切な子育てをされる危険性が高くなります。また、不適切な子育てによる行動異常をきたしやすい傾向もあります。発達障害のある子どもと不適切な子育てによる行動異常は区別がつかないこともあり得ます。同じような行動をとるので、チェックリストによる判別は不可能なのです。横山先生によれば、その区別は発達障害の子どもは「微細運動障害」があることでできるそうです。具体的には、鉛筆を動かす時に指が上手く動かないといったことがあります。こういったこともとても参考になります。

不適切な子育ての具体例として、「食の問題」「しつけの問題」「メディアの問題」が挙げられました。中でも、「メディアの問題」は考えさせられることが多くありました。
メディアとのつきあい方として、
・2歳までのテレビ・ビデオ視聴は害悪
・授乳中、食事中のテレビ・ビデオ視聴は禁止(食事を大切にしない家庭は崩壊まっしぐら)
・すべてのメディアへ接触する総時間を制限(ゲームは1日30分まで)
・子ども部屋には、テレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かない
ことを挙げられました。特に「自然に親しむ・土に触れる遊びを親子で楽しみましょう」というメッセージを横山先生は伝えられましたが、これから子育てをする人にとって貴重なアドバイスだと思います。
保育園で、「おかあさんといっしょ」といった教育番組を見せるところもあるようですが、ビデオ・テレビは保育園や幼稚園では不要だということです。保育士・幼稚園教諭との遊びの方が大切なのです。英語教育のソフトでさえ害悪のようです。
メディアに接する時間が多いといろいろな問題が生じます。例えば、絵空事は少なくとも小学校中学年以降そんなことはないと理解されるのですが、そのことが相応の年齢になっても理解されないといったことが起きます。「たまごっち」が流行ったころ、小学校高学年でも人は死んでも生き返ると思う子どもが大量にいたというデータもあるそうです。こういったメディアの害悪から子どもたちを遠ざけるためには、メディアに接する総時間を制限することが最も重要になります。メディアに接する時間が1日2時間を超えると行動異常が明確に増加し、1日4時間を超えると100%出現するそうです。こういったメディア中毒は小学校高学年以降では治療困難となるようです。
メディア中毒の子どもの特徴は、
・自己の利害関係にのみ忠実に行動する
・自己の利害関係にかなうときだけ、努力する
・おもてうらのある性格・理由のない自信
・言うことと行動とが矛盾する
・保護者の前でだけ立派であったりする
・次第に、怠学傾向があらわれたり、非行傾向があらわれたりする
といったことが挙げられるようです。なるほどと思い当たることがたくさんありました。

私自身が一番知りたかったのが、学校として愛着形成が上手くいかなかった子どもたちにどのように対処すればいいのかということでしたが、そのことについてもよいヒントをいただくことができました。

「行動異常はめだたない」「トラブルがあると、行動異常が出現する」といった軽度の場合は、担任による対応が可能ということです。
こういった子どもたちの行動原理は「自分の利益」ですから、よい行動はよい結果をもたらすことをきちんと教えることが大切です。ペアレントトレーニングの発想できちんと学級のルールを子どもたちに浸透させる学級経営をすることが一番の対応です。また、保護者対策も重要になります。「小学校に入るまでにできてほしいこと」を配布する(できれば、学年単位で)。「学級のルール」の詳細も伝え、「ほめる形」でチェックした結果についても確実に伝えるといったことが望まれます。
不適切な子育てがなされている子どもは、週明け・長期休み明けに行動が乱れます。この点で、ゴールデンウィーク明けは、子どもたちの生活習慣の乱れを知る一番の好期だということです。これは、先生方の経験則とも一致します。ゴールデンウィークに、家庭内でのお手伝い内容を作文の宿題にすることで家庭の様子を知る方法も紹介されました。炊飯のお手伝いをさせて、その様子を作文にする。家庭ならではの料理レシピを作文に書いてもらうなど、なるほどと納得させられます。

「指導者への反抗がみられる」「週数回程度の授業妨害がある」「トラブルを自ら作り出す」といった行動異常が中程度の場合は、担任以外の対応が必要になってきます。「指導者への反抗、授業妨害が毎日ある」「悪意のある他害行動が毎日のようにみられる」というように行動異常が高度になっている場合は、全校体制での対応が必要になります。
不適切な子育てによる行動異常は発達障害と区別がつきにくいのですが、十分に情報収集をすれば、家庭環境の問題の存在はわかってくるはずです。また、不適切な子育てによる行動異常がある子どもでは、年齢があがるにつれて悪化しているはずです。子どもの状況をきちんと申し送っていれば気づけるということです。
こういった行動異常に対してしつけようとしても上手くいきません。その一つ前の愛着形成で失敗しているので、そこから始める必要があります。ここで注意をしなければいけないのは、保護者に多くを求めてしまうことです。そもそも愛着形成に失敗しているのでしつけや心理的対応を望むと「虐待」を助長してしまうことにもなりかねません。学習指導をお願いしてもそれはずっと先の課題ですからムダです。「早寝・早起き・朝ご飯」「衣食住の確保」、可能であれば「メディアの問題」といった最低限のことをお願いするにとどめる必要があります。
では学校では何をすればいいのでしょうか。愛着形成に失敗しているのが問題なのですから、愛着形成の再獲得が求められます。母親役(愛着形成を教える)が、何をすると人に好かれるのかをしてみせ、愛情をかけられる経験をさせることが必要になります。ここで担任は母親役にはなれません。担任が母親役になると学級を統率することに影響が出てしまうからです。担任は父親役として、学級全体にルールを伝え、該当の子どもにとってよい見本をたくさん作る役割を果たすのです。したがって、担任以外で母親役をつくる必要があります。こういった対処をするためには、どうしても組織としての対応が必要になります。具体的には、母親役が複数必要となります。せっかく子どもと関係をつくれても、翌年異動してしまうと元の木阿弥です。また、母親役は子どもがどんな行動をとっても笑顔を絶やせないという精神的な負担も多いので、一人ではその負荷に耐えきれないということもあります。養護教諭、教頭、教務主任(主幹教諭)などが母親役となりますが、対象の子どもが多い場合や小規模校では、学級担任も、他の学級の子どもに対しては母親役として行動することも必要になります。体制を作り、父親役と母親役の調整、確認等を行うといったチームリーダとしての校長の果たすべき役割が大きいことがわかります。

2時間ほどの講演でしたが、愛着形成が上手くいかなかった子どもの行動異常やその発見の仕方、対応について、本当にたくさんのことを学ぶことができました。横山先生は単なる理論ではなく、どうすればよいのかを必ず具体的に示していただけます。現場に近い視点でのお話は私のような立場の者にとってはとても参考になります。本当にありがとうございました。

介護の研修で、情報に積極的に触れ理解することの大切さを改めて考える

介護関連の研修で講師を務めました。今回は介護制度の変更に伴いこれから介護の現場がどのように変わっていくのかを考えるものでした。
今まで国による一律の基準で行われていた介護保険による介護が、一部自治体ごとの新しい総合事業によるサービスに変わることになりました。介護関係の仕事に就いている方であれば、その内容について関心を持っていてよく理解しているように思うのですがそうとも言えない状況でした。何となくは知っているのですが、きちんと関連する資料を読み込んで理解することはされていません。また、今回この変更の概要を、公的な資料をもとに話したのですが、こういった資料を提示して読んでいただくだけでは、結局のところ何を目指しているのか、その結果自分たちの仕事はどのように変わるのかについてはよくわからないようです。資料の文章のポイントとなるところを中心に、私なりに具体的に解説をし、その上で自分たちの仕事の環境がどのように変わるかを考えていただきました。今回は自分たちの仕事や生活に直接かかわることだったこともあり、皆さんとても真剣に話を聞いて考えていただけました。

国の施策については、各省庁のWEBを見ればたくさんの資料や解説があるので、関係者はそれを見てよく理解しているものと思っていました。しかし、現実には直接かかわる方たちといえどもきちんと見ているわけではなく、また一読しただけでは理解しにくいものであることがわかりました。そういう視点で言えば、確かに学校教育に関しても同じような状況であると思い当たります。アクティブ・ラーニング、知識基盤型社会、グローバル人材、国際バカロレアといった言葉に代表される授業観や学力観、目指す人物像の変化、センター試験廃止や基礎学力テストの導入といった大学入試制度の改革、今いろいろな波が教育界に押し寄せています。現場の先生方とお話ししていて感じるのが、こういった言葉を知ってはいても、それがどのようなもので今どういう状況であるのかについてはほとんど知らない、知ろうとしていないということです。新聞記事で紹介された程度の知識しかないのです。しかし、文部科学省のWEB見れば、詳しい資料や議論の内容を簡単に知ることができます。もちろん一読しただけではよく理解できないこともあるでしょうが、これらの情報に接すれば、将来のことではなく、今目の前にいる子どもたちに対する授業も変化することを求められていると気づくはずです。
例えば、小学校の先生の多くは、大学入試制度の変更は高等学校の問題であって自分たちには関係ないと考えている節があります。しかし、今小学校で学んでいる子どもたちは、確実に今までとは異なった学力観に基づいた力を求められます。もちろん、現在の教育課程もそういったことを意識して作られ、教科書もそれを反映していますが、タイムラグはあります。ただ教科書に従うだけでなく、先を見通しその基盤となる力を身につけさせることを意識して授業を組み立てる必要があります。毎日の仕事や明日の授業の準備に追われていることはよくわかりますが、時々はこれからの教育がどのように変わっていくのかを考える時間を取ってほしいのです。そのために必要な情報は簡単に手に入れることができるのですから。

自分たちに直接関係あることであっても、目の前の問題でなければなかなかそこに目を向けようとはしないものです。しかし、特に教育は子どもたちが社会に出て活躍する未来を見据えたものでなくてはなりません。先生方には、将来子どもたちに求められるものがどのようなものであるかの情報を集め理解し、そのことを意識して教壇に立ってほしいと思います。

授業研究への期待が高まる

私立の中高等学校で、授業参観と授業研究の打ち合わせを行ってきました。

次の週に行う授業研究は、授業公開の形を取って自由に出入りして気軽に見ていただけるものになりました。こういった企画は、私ではなく担当の先生方からの提案で行われています。授業の構成や展開ではなく、子どもたちの様子や先生とのかかわりを見てもらうことを中心にし、そうすることで教科に関係なく学びあえるようにと考えてのことです。授業を見た方にはできるだけたくさんの子どもたちのよかった点と、授業で参考にしたいと思ったことを感想用紙に書いてもらいます。授業のよい点に絞って共有してもらうことで、授業研究に前向きになって、互いに学び合う雰囲気ができることを願っているのです。
学校の中で授業を改善していこうという空気が次第に強くなってきているのを感じます。この日の時点で、すでに多くの方が授業公開を申し出てくださっていました。アクティブ・ラーニングに取り組もうとしている授業が多いことが印象的です。アクティブ・ラーニングに取り組んで手ごたえを感じている教科のよい影響が出ているように思います。

高等学校の様子は、夏休み明けにもかかわらず子どもたちがよく集中している授業が多かったように思います。この学校では大学の推薦は1学期までの成績で決まります。そのため昨年までは、推薦を考えている3年生の生徒は2学期になると学習意欲が下がっていたのですが、この日はそのような生徒は目立ちませんでした。子どもたちがよい方向に変わって来ているのを感じます。

1年生の英語は学習内容が次第に難しくなっていて、理解できずに”situation”を表現する英文が子どもたちから出てこない場面が目につきました。こういった場合は、無理をして同じところを何度もやって時間を使いすぎたり、あきらめて理解できていないまま次に進めたりしてしまうことが多いように思います。一つ前のステップに戻って足場をきちんと作り直すことが大切です。
また、指名して答えられない子どもに時間をかけすぎたために、わかっている子どもがだれる場面もありました。こういった時には一人の子どもに時間をかけすぎないで、全体に問いかけ直して全員で言わせるといいでしょう。その後で、もう一度先ほどの子どもに言わせるのです。すぐに指名してもいいですし、何人か練習した後でもいいでしょう。答えられなくても、必ずもう一度チャンスを与えて、最後は成功で終わるようにするのです。こうすることで、子どもたちは答えられなくてもネガティブにならず、次は答えられるようにと集中して授業に参加するようになります。
ペアワークでなかなかうまく活動できないという相談がありました。こういう時は、子どもを前に出して、実際にその活動をやって見せるとよいでしょう。具体的に見せないと理解できないこともあるのです。

この日は、細かい授業の様子ではなく全体の雰囲気を見ることを中心としましたが、確実に子どもたちはよくなっているように思いました。子どもたちの様子と授業の質は正の相関関係があります。次回の授業研究で、先生方がどのような授業を見せてくださるかとても楽しみです。

理科の実験で大切なことを考える

前回の日記の続きです。

理科の研究授業は2年生のだ液の働きの実験の授業でした。
子どもたちは手元のワークシート見て実験の手順の説明を聞いています。ワークシートに書いてあるより少ない量にすると数値の訂正を説明した時に、変更をワークシートに書き込む子どもは数人しかいません。ちゃんと聞いていないのかと心配になりました。ところが、脱脂綿を誤ってビーカーと書き間違えるというミスについては素早く全員が書き直します。子どもたちはちゃんと聞いているうえに、数値の訂正はこの実験ではあまり重要ではないと修正するべきかどうかも判断しています。「今回の実験ではフィルムケースを使う」と言ってフィルムケースを提示しましたが、顔が上がりません。ところが、綿棒を使っただ液の取り方を実演すると全員の視線が授業者に集中します。ここでも子どもたちは、自分で判断しています。
子どもたちの授業規律は大変よく、授業者の指示もほとんど必要ありません。次に何をすべきかよく理解しています。一部の子どもの行動が遅れた時などに一言行動をうながすだけです。その際、一言「ありがとう」は忘れません。指示に従えるようになった後、指示がなくても自分たちで考えて行動できることを子どもたちに徹底しようとしていることがよくわかります。実験の後片付けでも、指示をしなくても一つの班が動きだしたと思ったら、すぐの全部の班が素早く行動を開始しました。

説明にかなりの時間を使っていました。その間、ほとんど授業者がしゃべり続けています。それでも、子どもたちは集中していました。実験の手順は子どもたちにしっかりと理解されているように見えます。しかし、なぜこのような実験をするのかという目的は今一つ明確にはなっていません。試薬としてヨウ素液とベネジクト液を使いますが、これについて特に子どもたちとやりとりをする場面がありません。前時にベネジクト液の性質を調べる予備実験をしていますが、一部の子どもははっきりと覚えていないようで、友だちに聞いている姿が見られました。聞けているのでよいと言えばそうなのですが、このことを全体で確認しておきたいところでした。
実験では、10分ほど変化を待つ時間があります。この空白の時間を授業者はどう使うかを工夫しました。実験の結果を予想させるのです。しかし、何か根拠を持って予想させようと思うと、何を前提とするかで子どもたちの思考や実験の位置づけは変わってきます。「だ液にはデンプンを消化する力がある」ことを前提にするのか、そもそも「だ液の働きがわからない」から実験をするのか、「ご飯を噛んでいると甘くなる」ことから出発するのかといった、その前提となるものによって変わるのです。それを明確にしていないので、子どもたちは単に試薬が変化するかどうかを予想して終わっているように見えます。最初は個人で予想するように指示しましたが、その後明確に班で相談するように指示をしなかったこともあり、子どもたちのかかわりはほとんど生まれませんでした。
「だ液にデンプンを消化させる力がある」という前提であるのなら、そこから結論を予想できます。「だ液の働きがわからない」ことから出発するのであれば、どんな力がありそうかを予想して、そのための実験を考えることから始まります。そして、もし予想が正しければ結果はこうなるはずだ、そうならなければこういうことが言えるといった議論をするべきです。「ご飯を噛んでいると甘くなる」ことから始めるのであれば、「甘く感じるのはなぜか?」「水を口の中に入れていても甘くならない」「肉はどうか?」といったことを子どもとやり取りすることから始めて、実験を考える必要があります。必要な実験を考えたからといってすべての実験を行うことができませんが、その場合は重要でない実験の結果を伝えて、大切な実験に絞って行えばいいのです。
また、実験は体温に近い場合だけで行っていましたが、これは天下りです。せめて常温で実験した結果を示して、「この実験結果から、だ液にはデンプンを変化させる力がないね」といった問いかけをして温度に注目させてから、温めることを引き出したいところです。
子ども同士のかかわりがないので、10分の時間でも余っていました。全体で考えを聞いて深めることをしてもよかったと思います。

ベネジクト液を温める時に、ゴーグルを手元に置いているのに、使っている子どもがいないことが気になります。また、試験管を直立させていている子どもや試験管の口を友だちの方に向けている子どももいました。ちょっと危険です。中には、そのことを子ども同士で注意しあえている班もありましたが、実験において注意すべきことはもう少し強く念を押しておくべきだったようです。
理科の実験の授業では、直接実験していない子どもが集中していない場面によく出会いますが、この授業ではどのグループもしっかりと集中して実験の様子を観察していました。とてもよい姿です。このような素晴らしい姿を見せてくれる子どもたちが、他の授業では今一つ集中しない姿を見せることもあります。この学年の課題です。
実験後、考察を書いてこの日の授業は終わりました。

教科を中心とした検討会では、全員参加させるための工夫について意見が交わされました。通常はだ液を口から直接取るのですが、日常生活では忌避される行動ですので、女子を中心に嫌がる子どもが多いようです。そこで、授業者は綿棒を使うことで、抵抗感をなくしました。その結果どの子もきちんと自分のだ液を取ることができました。ちょっとした工夫ですが、なるほどと思わせるものです。他の先生も早速取り入れるようでした。
私からは、ただ実験をするのではなく、実験から何を明らかにしようとしているかを子どもたちに意識させたり、仮説を検証するためにどのような実験をすればいいのかを考えさせたりすることを大切にしてほしいことをお願いしました。与えられた実験で答を予想するのは、知識を問う問題演習とあまり変わりはないのです。

この日は、数学の研究授業のための指導案の検討会も行われました。
1次関数の応用の最後の時間です。指導案を見ると、子どもたちの活動は意識されているのですが、この時間のねらいがどこあるのかがはっきりしません。授業者も揺れているようです。1次関数の応用でどのような力をつけなければいけないのかについて、いろいろと意見を出し合いました。授業者はまだこれだと納得できるところまでは煮詰まらなかったようですが、次回の検討会では明確になった指導案が出てくることを期待します。
この学校の数学科はほとんどが若手なので、数少ないベテランの存在がとても大きくなります。検討会でのベテランの発言は的を射たもので、課題が焦点化されます。こういった特別な授業だけでなく、日ごろの授業についてもベテランに相談する空気が広がっていくとよいと思います。

夏休みが明けてまだ日が浅い時でしたが、子どもたちのよい姿をたくさん見ることができました。2学期は行事が多い時期です。これをうまく活かして、子どもたちがより成長した姿を見せてくれることを期待しています。

夏休み明けの学校の授業を見る(長文)

中学校で授業アドバイスを行ってきました。夏休みが明けてまだ日が浅いですが、子どもたちの様子が楽しみでした。

3年生は、落ち着いて意欲的に学習に取り組んでいましたが、やはり一部の子どもが学習に対するモチベーションを失くしているようです。学年、学級の問題というよりは個別の問題だと思います。先生方は、一人ひとりていねいに対応してくれていることと思います。これから学校行事が続きますが、うまく活用することで、こういった子どもたちが学校とのつながりを持ち続けることができればと思います。

2年生も落ち着いて授業を受けているのですが、夏休み前と同じく授業者によって見せる姿が異なります。特に、教師の一方的な説明が続くような場面では集中力を失くしています。この日は道徳や学級活動の時間の様子も見たのですが、授業以上にその差が大きいように感じました。子どもたちは担任のことをよくわかっているので、どこまでが許されるかを知って上手に手を抜いています。ある意味賢い子どもたちです。彼らなりの損得を考えて行動しています。特別活動といった時間を上手く息抜きに使っているように見えるのです。一部の担任は、子どもたちが聞く態勢になっていないのに話し始めたりしています。授業ではそのような場面はあまり目にしません。子どもたちと同じく、こういった時間を軽視していたり、単なる子どもたちとの触れ合い的な時間ととらえたりしているのかもしれません。しかし、学級経営上はとても大切な時間です。こういう場面できちんと学級をコントロールできないと、何かあった時に歯止めが聞きません。これから学校行事が続きます。学年全体で足並みをそろえ、きちんと行事に取り組める体制をつくることが必要です。学年主任はこのことをよく理解しているので、適切な対応を取ってくれることと思います。

1年生は、一部の学級でテンションが上がりやすい傾向が見られたりして、夏休み明けの状態が一番心配な学年でした。ところが、私の予想に反して、1年生とは思えないくらい落ち着いた雰囲気で学習に取り組んでいました。気になっていた学級の様子を見て、思わず本当にその学級か教室のネームプレートを確認したほどでした。何か秘密があるはずだと、学年を支えているベテランの担任の先生にたずねました。すると、夏休み中に手を打っていたということでした。一つは、子どもたち全員に特別のくじ付きの暑中見舞いを送ったことです。先生方が子どもたちのことを気にかけている、見守っていることを伝えると同時に、くじを楽しみにすることで苦しい子どもが少しでも学校に足が向くようにと考えてのことです。もう一つは、学習会を開いたことです。1学期の学習でわからなかったことをそのままにしていたり、課題ができていない状況だったりしては2学期に登校する意欲がわきません。そのために、わからないことを教えてもらったり、課題に取り組んだりするための場をつくったというのです。納得です。こういった企画を立てそれを実行できる学年です。チームワークもしっかりできている証拠です。この学年団であれば、きっと子どもたちはよく育っていくことと思います。子どもたちのこれからの成長が楽しみです。

この日は、若手を中心に授業参観とアドバイスを行いました。
3年生の体育は雨のため、急きょ体育館での授業になりました。
私が見たのは体育大会でのムカデ競争の練習をしている場面でした。授業者は、1チームを前に出してやらせ、他のチームはそれを見ています。授業者の視線はずっとやっているチームに注がれます。時々アドバイスをしますが、そのチームに対して言っているので、見ている子どもたちには伝わりません。続いて、チームごとに練習することを指示するのですが、全体に対しては一言、脚を結ぶ紐についてのアドバイスをしただけでした。見ていた子どもたちにとって、友だちの様子を見ていることの意味は何だったのかよくわかりませんでした。せめて、友だちの様子を見て気づいたことを発表させたり、チームごとにどのようなことに注意をしてやろうかといった相談をさせたりしてからに練習に入りたかったところです。
子どもたちは一生懸命に練習していますが、練習中に相談している姿は見られません。ムカデ競争だからその程度でいいのかもしれませんが、体育として見れば自分たちで練習しながら修正することを意識させることが必要です。日ごろから、目標を意識して練習に取り組み、自分たちで修正するように指導しておきたいものです。
練習終了後、全員を集めて終わろうとしましたが、一緒に指導していた先輩教師が子どもたちに上手くやるコツをたずねました。大切なことをよくわかっています。子どもからは、「声」、「きずな」、「愛情」といった答えが返ってきます。そのどれも否定することなく受け止めて、抽象的なものは具体的にどうすればいいのかよくわからないと返して、「声」に焦点化して具体的にたずねます。「大きな声」「リズムよく」といった答を引き出して、ポイントをまとめてから終わりました。流石でした。上手だったチームに前でやらせて、どこを工夫したか言わせたり、見ている子どもたちに気づいたことを言わせたりするといったやり方もあります。また、時間がないのでこの日は難しかったと思いますが、こういった場面の後にそれを活かしてもう一度練習する時間をつくることも大切です。この日は雨のため急な変更で構成を考えている余裕もなかったと思いますが、こういったことを意識して授業を組み立ててほしいと思いました。

3年生の理科の時間は問題の答を確認する場面でした。
子どもたちは教師の問いかけに反応しますが、声を出すのは1/3くらいです。他の子どもたちは、特に反応を見せません。決して参加してないわけではないのですが、教師がまとめてくれるのを待っているのです。
昨年度、授業者は表情に余裕がなかったのですが、今年は笑顔がよく出るようになっています。子どもたちの表情もよく、よい関係をつくることができています。ただ、反応してくれる子どもとだけで授業を進めていくと、他の子どもの参加意欲は低下していく心配があります。反応した子どもを指名して説明させ、それに対して同じように考えるのか、納得したのか、それとも違う考えなのかを、反応しなかった子どもに問いかけることも必要です。全員に参加を求める姿勢を大切にしてほしいと思います。

3年生の国語は、問の答を子どもたちに発表させる場面でした。
一部の子どもが挙手して、その子どもたちの中から指名して進んでいきます。授業者はその答をすぐに板書します。子どもたちは友だちの発表を聞いていません。先生の説明も同様です。ひたすら板書を写しています。
象徴的な場面がありました。ある子どもを指名して意見を言わせた後、授業者が「付け足しがある人?」とつなげました。次に指名された子どもが発表している時に、先ほどの子どもはひたすら板書を写していました。発表することが目的となっていて、それがどのように評価されているか、どう深まっていくのかに興味がないのです。これは、子どもの問題ではありません。この授業者の授業では、子どもの意見を教師や子どもが評価したり、それをもとに深めていったりする場面がないのです。子どもにつけ足しを求めているのは、自分が求める答を出させたいからだけなのです。
授業者は、文章の一文一文に対して問を準備して、一問一答形式で進めています。根拠となる文を共有して、互いの読みを聞き合うことで深めたり、筆者の表現に込めた思いを読みとったりすることが大切です。そのためには授業を、一問一答の細かい読みではなく、単元を貫く課題を設定し、その課題を解決する過程で必然的に出てくる疑問を解決するために一文一文を読み込んでいくという構造にする必要があります。この文章を読み取るためには、どのような課題を設定すればいいのかをしっかりと考えて授業を構成してほしいと思います。

2年生の数学は、1次関数の定義の場面でした。
久しぶりに関数という言葉が出てきます。ここで授業者は1年生で習ったことだからと確認や復習をしません。多くの子どもたちは何となくでしか覚えていません。この場面は定義をするところですから、きちんと押さえておきたいところです。
教科書は、xとyの関係が1次式で表わせることで定義しています。ここで、式の次数についても確認をすることが必要です。教科書では、1次関数は定数a、bを使ってy=ax+bで表わせることをおさえます。axを比例部分、bを定数としますが、この定数という言葉が先ほどの定数とは微妙に違う意味で使われています。1次式の「定数(部分)」とした方が、混乱が少ないかもしれません。axを比例部分としていることは、グラフをかく時の伏線ですから強調しておくことが必要です。が、授業者はさらっとしか触れませんでした。また、中学校では、a≠0を明示しませんが、教科書はaxを比例部分とすることでそのことを意識させることも考えていると思います。教科書をよく読みこみ、単元全体を通した教材研究が必要となります。
授業者は、1次関数かどうかをy=ax+bと表わせているかどうかだけで判断させます。しかし、この時間は初めて定義をしたところですから、都度これが1次式であることを押さえる必要があります。あくまでも定義は関係が1次式で表わせることであって、y=ax+bで表わせることではないからです。一次関数であることと、y=ax+bで表されることが必要十分な関係であることを押さえておけばいいのですが、その際a≠0が条件として必要になるので、教科書はあえて触れていないのです。こういったことを理解して授業を組み立てることが大切になります。
また、子どもたちは定義における包含関係が意識できていません。比例は1次関数でないように思うのです。これは、小学校では正方形も長方形であることをあえて押さえていないことにも原因があります。1次関数の定義の場面で、比例であれば関係が1次式で表されることを確認し、比例は1次関数の「特別な場合」であることをきちんと押さえておくことが必要です。

1年生の英語で、読みの練習をしている場面を見ました。
子どもたちの視線がバラバラなのが気になります。授業者に続いて読むのですが、教科書を見ている子ども、授業者を見ながら同じように発音しようとしている子ども、何も見ずに暗唱しようとしている子どもといろいろです。この状態は読みの練習にはなっていません。全員にきちんと教科書を見ながら読ませることが大切です。読めるようにするためには、授業者が毎回見本を示すことは不要です。子どもたちだけで読ませて、詰まったり声が小さかったりした時だけ、教師が見本を見せればいいのです。
授業者はこの前に、新しく学習する表現を”situation”をもとに練習させていたそうです。子どもたちはとてもよく集中していたようです。基本表現を理解したので、読みの練習に入ったのです。読みの練習が終わった後、この表現を”situation”を変えて練習させたそうですが、子どもの集中力は戻らなかったそうです。間に読みの練習が入ったので、最初に学習した表現が定着していなかったのでしょう。定着させるためにも、続けて練習をしておくべきだったように思います。教師は授業のクライマックスを映画のように最後にもっていこうとする傾向がありますが、その必要はありません。子どもの集中力が高い時に、大切なことをきちんと理解させ定着させるようしてほしいと思います。

もう一人の1年生の英語の授業も、活動の目的がよくわからない場面がありました。
ペアでパートを分けて練習するのですが、教科書を見て交互に自分のパートを読み上げるだけです。読みの練習であれば、互いに相手の読みをきちんと聞いて評価しなければペアの意味がありません。一人で練習した方が、活動量が増えるだけましです。会話の練習であれば、互いに見合って相手の言葉に対してどう言葉を返すかを意識した練習が必要です。教科書を読んでいては意味がありません。中学校の英語の授業は、その意味を考えず惰性で行っている活動が目につきます。一つひとつの活動のねらいを意識して、そのためには何が大切かを考えて行ってほしいと思います。

この日は理科の授業研究も行われましたが、それについては次回の日記で。

日記を再開します

長らくお休みをいただいていましたが、本日より日記を再開します。

日記更新をしばらく休みます

パソコンが故障したため、しばらくの間、更新をお休みさせていただきます。
楽しみにしていただいている方には申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いします。
復旧次第再開させていただきます。

子どもたちの考えが間違った答に収束しそうになったら

子どもの言葉を活かすことや子ども同士の学び合いを重視すると、これが正解だと教師から答を示すことは避けることが多いと思います。子どもたちが納得した答が正解であることが理想です。ところが、実際には正解とはできない答に収束してしまうことがあります。このような時皆さんはどのようにしているのでしょうか?

自分たちで納得した答を、「それは違っている。正解はこうだ」と教師が説明をしてしまうと、子どもたちの意欲は低下してしまいます。先生が正解を言うのなら、それを待っていればいいと思う子どもも出てきます。結果として子どもの発言意欲が低下してしまうのです。また、たとえ子どもたちで正解にたどり着いても、その後教師が「正解」といって補足や解説をしたりまとめたりすれば、先生はこういうことを求めていたのだと子どもたちは考え、教師の求める答探しをするようになります。最後は先生が整理してまとめてくれるからそれを聞けばよいと考える子どもは、参加意欲、発言意欲が低下します。いずれにしても、子どもたちがしっかりと考えたことに対して教師が説明するのは注意が必要です。
そこで、子どもたちの考えをなんとか正確に導こうと「ヒント」を出すことがよくあります。しかし、「ヒント」という言葉も危険です。教師が「ヒント」という言葉を使った瞬間に、「ああ、自分たちの考えは間違っているんだ。正解は他にあるのだな」と思ってしまうからです。では、どのようにすればよいのでしょか?
一つには、子どもに欠けている視点や、間違えているところを質問の形式で指摘する手法があります。「○○でも、大丈夫?」「○○の場合はどうなる?」「○○については、どう?」と突っ込むのです。ここで注意してほしいのは、子どもたちが間違えたりおかしな方向へ議論が行ったりしているときだけこういった質問をすると、子どもたちは、これは「ヒント」だとすぐに気づくようになります。日ごろから、たとえ正解でも、「本当、○○でも大丈夫」「絶対に言える」といったゆさぶりをかけることをしておくことが必要です。子どもたちが、この考えでいいのかどうかを常に振り返るような癖をつけることが大切になります。
もう一つは、「以前教えた学級では、こんな意見が出てきたけれど、どう思う?」「○組ではこんな考えが出たそうだよ」というように、この学級以外の子どもの意見を使って、考えを深めさせる手法です。もちろん、実際にそのような意見がなかったとしても、そういうことにして子どもたちに与えるのです。子どもたちの意見がすぐに正解に収束しそうなときにも、このような方法で違った考えを示すことで視点を広げることもできます。この方法も先ほどと同じく、正解に収束しそうであってもなくても、日ごろから子どもたちを揺さぶる方法として使うことが大切です。
しかし、このような手法を知っていても、子どもたちの状況に応じて、切り返しの質問や考えを広げたり深めたりする意見の例を持っていなくは使うことができません。教材研究の段階で、子どもたちが正解でない答に行き着きそうになった時にする質問を準備したり、子どもたちからどのような意見が出てくれば正解につながるのかを考えたりしておく必要があります。

子どもの言葉を活かすことや学び合いで課題解決をしようと思うと、正解の説明だけを考えていても上手く授業を進めることはできません。教師の説明が少なくなる分だけ、より深い教材研究が必要になるのです。

全国学力学習状況調査の質問紙と正答率の関係について考える

先週末は、「授業と学び研究所」のミーティングでした。授業深掘りセミナーの撮影についての打ち合わせや、フェローからの全国学力学習状況調査の質問紙と正答率の関係についての考察の発表などがありました。

子どもが話し合いや発表などを通じて主体的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」をよく行った小中学校ほど、平均正答率が高い傾向があるといった新聞報道もありましたが、フェローの一人が元データからそういったことが言えるのか、他の質問項目との比較はどうだろうかといった視点でデータをまとめて発表してくれました。
質問に対する「よく行った」の回答の多い順に質問項目を並べ、「よく行った」学校の正答率の平均との差を比べてみると、「よく行った」を選んだ学校が少ない項目ほど、平均との差が大きい傾向があります。「行っていない」についても同様です。グラフにして見るととてもよくわかります。
ある項目を行っていることと正答率の相関の度合いが同じでも、回答者が「よく行った」「行っていない」と判断する境界が違うと回答数に影響を与えます。極端に少ないものはその境界がかなり高い、低いところに置かれているのかもしれません。正答率の度数分布が正規分布だとすれば、両端の部分で比較することになるので差も大きくなります。「アクティブ・ラーニング」にかかわりそうな「学級やグループでの話合いなどの活動で、自分の考えを深めたり、広げたりすることができていると思ますか」といった項目は、そういった極端に少ない(「その通りだと思う」小学校で8.0%、中学校で9.2%)ものの一つです。
こういった傾向から外れている項目や、同じくらいの回答数なのに正答率の平均の差が異なるものを注目することの方がより影響力をもつ因子を見つけることができるかもしれません。

とても面白い考察で、その資料はとても興味深く、いろいろなことを考えさせるものでした。結論から言えば、新聞記事が正しいかどうかははっきりとしません。資料というのは見せ方やとらえ方で違って見えると言っていいかもしれません。うっかりすると、結論をミスリードさせられる危険性もあるのです。
「授業と学び研究所」のミーティングは、私にとって、こういったことを学ぶ貴重な機会となっています。

自分の授業をより高めたい数学教師に読んでほしい本

静岡の武藤寿彰先生の「ペア、スタンドアップ方式、4人班でつくる! 中学校数学科 学び合い授業スタートブック」の紹介です。

武藤先生は「学び合い」を目的として授業をしてきた方ではありません。一部の子どもが活躍するのではなく子どもたち全員が参加し、わかるできるようになる授業を目指してきた方です。その過程の中で、いろいろな授業に挑戦されてきました。ごく普通の公立学校の教師として、積み重ねた実践がまとめられたものです。ここで紹介されている授業の形態は、「ペア」や「4人班」であったり、「音声計算トレーニング」であったりと一般的に行われているものやどなたかが提唱しているものだったりします。知っている、やっているという方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、注目すべきは、単なるやり方の紹介ではなく、武藤先生がそれを自分の理想とする授業を実現するための方法として、どの場面でどの形態を使うのか、どのようなことを意識してきたのかといったことが記されていることです。何を目指してどう活用したかのポイントが書かれているので、読者自身が目指す授業の実現に活かしやすいのです。例えば「音声計算トレーニング」であれば、どの問題をどのような順番でやらせるとよいのかといった、武藤先生のオリジナルの考えや工夫がそこにはあります。

また、スタンドアップ方式は武藤先生のオリジナルな部分が多い方法です。子どもが自分で相手を探して説明に行ったり、教えに行ったりする方法です。4人班では人間関係が上手くいかない学級では、これに似た方法を使うことがよくあります。授業以外の生活場面での人間関係を使う方法でもあります。そのため、私はこういったやり方に否定的な立場をとっています。特定の子ども同士ばかり関係ができたり、誰ともかかわれない子どもが出てきたりする危険性があるからです。しかし、武藤先生のスタンドアップ方式では、「全員がゴールできるように、クラス全員が持てる力を出す」「やり方や答を教えるのではなく、ヒントを与えて相手に理解させ、納得させることを心がける」「1人でできそうなら、そばに立っているだけでもよい。間違えていたり、つまずいて止まっていたりしたら、積極的にかかわる」・・・というように、決してそのようなことが起こらないようなルールが決められています。このルールこそが、武藤先生の授業観、子どもたちへの思いを現していると思います。このルールを知ることだけでもこの本を読む価値があると思います。

授業事例もたくさん載っています。読者の教師としてのこれまでの経験によってそこから得られるものは異なってくると思います。多くの経験を積んだ教師ほど、より多くのことを学べると思います。自分の授業を振り返り、より高いところへ到達したいと思う方にとっては、とても役立つ事例だと思います。

この本を読むと、「学び合い」はこうでなければいけないというルールややり方ではなく、子どもたちの実態に合わせて工夫することが大切だと気づけます。それと同時に、子どもたちを信じ、子どもたち全員が互いにかかわり合い高め合う力を身につけることを願って授業を続けている武藤先生の熱い思いに触れ、明日から頑張るエネルギーをもらえることと思います。
手っ取り早く「学び合い」のノウハウを手に入れたい方ではなく、理想とする数学の授業に到達するために「学び合い」をどう取り入れようか考えている方にとって、そのためのヒントや指針が手に入る本だと思います。

スタッフの思いの強さを感じた研修会

先週末は、授業力アップの研修会にオブザーバーとして参加させていただきました。今年で13年目になりました。中心となるスタッフの方はほとんど変わっていません。通常であればマンネリになるところなのですが、毎年手を加えてよりよいものにしようとしています。
今年はいつもと違って、最初に「子どもを動かすスキル」という講座が加えられていました。授業の形を取りながら、その中に子どもを動かすためによく使われるスキルが埋め込まれていました。最初に受講者が体を動かしたり、声を出したりすることで会場をあたためることを意識していたようです。これが功を奏したのでしょう、この後の講演での反応や講座での表情は例年に比べてとてもよかったように思います。こういった細かな工夫が積み重なって今があることがよくわかります。

このスキルの講座で残念だったのが、ねらいが微妙にずれる場面があったことです。何をねらっているのかが受講者にわかりづらいために今何を感じ取ればいいのかが不明確になってしまったのです。野口芳宏先生の○か×かを全員に決めさせるスキルを使う最初の場面は、ティッシュペーパーの箱の模様を使って、向かう合う面に同じ模様があることを気づかせる一連の活動の後でした。この活動を使って授業ができそうかどうかを○か×かで聞きました。受講者の立場で言えば、これを活かした授業を考えるのかと思ってしまいます。続いて、この活動を導入に使った授業の例を2つ示します。そこでも、子どもを動かすスキルを使って授業を行なうのですが、先ほどの問いかけの影響が残り、どうしても視点が授業の流れや中身に目がいきます。スキルを伝えることが目的だからでしょう、通常の授業であれば省略しない、答をどのようにして見つけたかを共有することや正解であることを実際に確かめるといった場面はありませんでした。人によってはそのことが引っかかったかもしれません。また、会場の雰囲気を柔らかくするために、ゆるキャラを使って子ども役の興味を引くこともします。ご当地ゆるキャラやコンテストの投票の話をしますが、どこまでが授業のシミュレーションなのか、スキルを実感する場面なのかはっきりしませんでした。
最後に、子どもを動かすスキルを「全員参加させるため」として。「野口式○×法」「指でさして答える」「全員起立して順番に答える」とまとめました。具体的な例もよいのですが、「誰でもできること」をまずさせるという基本となる発想を伝えるべきだと思います。「わかった人?」「困っている人?」といったことを聞けば、該当しない人は手を挙げません。そこで、まず全員立たせたり挙手させたりしてから、座らせたり、手をおろさせたりすれば、全員を動かすことができるわけです。この発想があれば、全員参加のスキルはいろいろと考えられるはずです。
具体例と合わせて「子どもの反応をよく見る」「切り返しの発問、意図的指名」を提示しますが、これは授業の場面のどこでどうであったかは解説されません。この言葉だけでは、少経験者は実際にやれるようにはなりません。もちろん、ここまでをねらっているわけではないのでよいと言えばよいのですが、中途半端な気がしました。
そして、子どもを動かすためには、スキルだけではなく、「?」や「!」をつくることが重要で、「身近なものや具体物」「手作りの掲示物」が有効であることを伝えます。確かにそうなのですが、これもやはり例でしかありません。「?」や「!」をつくるために工夫をしなさいということを伝えたいのでしょうが、小手先のような気がします。
30分という短い時間なので、何をメインにするかはっきりさせて、そこを第一に講座を構成するとよかったと思います。雰囲気づくりが第一であれば成功なのでしょうが、タイトルが「子どもを動かすスキル」となっているので、受講者としては消化不良だったのではないでしょうか。

愛知教育大学名誉教授の志水廣先生の講演は、いつものように子どもたちの気持ちに寄り添った授業観で具体的なお話しでした。会場の反応がよかったせいか、いつも以上にのりのよい講演でした。受講者にとって学びの多いものだったと思います。

実習では、受講者の笑顔を多かったことが印象的でした。先生役をやる時は、たいていは緊張してなかなか笑顔が出ないものですが、この日の受講生はとてもよい表情で先生役に挑戦します。大ホールで小グループに分かれて行っているので、互いによい影響を与え合っているようですが、裏を返せば雰囲気が悪いと全体が落ち込んでいきます。そうなっていないのは、スタッフの力によるところが大きいと思います。スタッフの笑顔が素晴らしいのです。先生役と子ども役の双方をしっかりとポジティブに評価しています。先生役と子ども役は互いに影響し合います。このことをしっかりと理解しています。最初の講座から始まり、最後までスタッフが雰囲気づくりを大切にしていることはとても素晴らしいと思いました。こうした講座を企画すると、どうしてもプログラムやその内容にばかりに意識がいきますが、雰囲気づくりも大切にできることは、長年の積み重ねの結果だと思います。

これだけ長く続いている研修会ですが、スタッフもそれだけ歳を取って来ています。中心メンバーの一人に、後継者の問題を含めてこれからのことをたずねました。「無理やり後継者をつくってもうまくはいかない。自分たちは思いがあってここまで続けてこられた。そういった思いがなければこのような研修会は続けることはできない。次の世代が、自分たちの思いで新しいものをつくればよい」。この答を聞いて感心しました。自分たちでつくったものを何とか継続させたいと思うのが常です。形ではなく、その思いを大切にしているからこそ、次世代が自身の思いで新たなものをつくってほしいと願っているのです。逆に、この研修会のスタッフの思いの強さもよくわかります。
毎年、私自身多くのことを学ばせていただいている研修会です。少しでも長く続くことを心から願っています。

授業深掘りセミナーの講師陣からエネルギーをいただく

授業深掘りセミナーのミーティングを行いました。レギュラー講師陣と授業と学び研究所のフェロー・スタッフが一堂に会しての、セミナーの持ち方や今後についての打ち合わせです。授業深掘りセミナーは多くの方々に期待していただけ、今年度第1回は既に定員に達しています。来年度についてもすでに3回の開催が決定しました(詳しくはこちらで)。

こうして講師陣が一堂に会することで改めてわかることは、どなたも授業に関しては強い思いと実力のある方ばかりだということです。私自身どのような模擬授業を見ることができるのかとても楽しみです。そして、その授業を講師の先生方がどのような見方をして深掘りをしていくのか?想像するだけでドキドキします。参加者にとって学びの多いすばらしいセミナーになること間違いなしです。

この日は懇親会も開かれました。楽しくお話ししながら、講師の方の、授業だけでなく後進を育てること対する強い思いも感じることができました。一人の教師としては、自分が直接かかわることのできる子どもにしか影響を与えることができません。管理職となっても、影響を与えることができるのはその学校の子どもたちだけです。しかし、若い教師を何人も育てることで、その何倍もの子どもたちによい教育を与え、成長を助けることができます。その思いが、授業深掘りセミナーの原動力になっています。このセミナーにかかわる方たちのエネルギーに触れて、私も改めて先生方の成長の助けになりたいと強く思いました。

第2回以降はまだ空きがありますので、興味のある方はぜひ参加をご検討ください。

第2回「教育と笑いの会」の受付開始

第2回「教育と笑いの会」申込受付が始まりました。

日 時:平成27年12月19日(土)13時00分〜16時40分
場 所:名古屋ルーセントタワー16階
参加費:3,000円
定 員:200名

今回は、番組を増やし、寄席のように次から次へと出演者が出てきます。メイン番組は、故・有田和正先生の授業ビデオを見ながらのユーモア分析です。前回同様、とても楽しい会になると思います。すぐに定員に達する見込みですので、興味のある方はお早目にお申し込みをお願いします。

「アクティブ・ラーニング」や「全国学力学習状況調査」について考える

先週末に授業と学び研究所のミーティングが行われました。

最初は、前回に引き続き「アクティブ・ラーニング」についての発表とそれをもとにした話し合いでした。文部科学省の資料に止まらず、元になった会議の議事録も丹念に調べて、資料の背景まで探った発表から大いに学ぶことができました。「アクティブ・ラーニング」の背景やその先にあるものが少し見えてきた気がします。知識基盤社会、グローバル化といった言葉と合わせて考えていくと、小中高大を貫く学びの軸を作り直し、公教育の質を転換しようとしているように思えます。学校教育の目指すもの自体が大きく変わっていくのかもしれません。
一方、2冊の本で著者が「アクティブ・ラーニング」どのように定義しているかを比較する資料も他のメンバーから出されました。人によってとらえ方がかなり違っているように思われます。「アクティブ・ラーニング」が具体的にどのようなものかについてはこれからしばらく異論がたくさん出てくることと思います。文部科学省はもとより、いろいろなところからどのようなことが具体的に発信されていくのか注目する必要があると思います。

先日発表された速報をもとに全国学力学習状況調査の都道府県の状況の変化についても発表されました。マスコミは都道府県の順位ばかりをクローズアップするので、下位の県が急上昇したというような記事になりがちですが、平均正答率に対してどれだけ差があるかという資料を見ると違った姿が浮かび上がってきます。それは、何年もかけて少しずつ成績が上がってきているということです。最初は差が大きかったので、成績が上がっても順位は変わりませんが、時間をかけて追いついてくると少しの点数のアップで順位はそれこそ一気に上がるのです。具体的な方法の是非は置いておいて、こういった県が地道に対応をしているということです。最下位の県と平均正答率の差は3%ほどです。平均点が60点の試験で、ある学級の平均点が58.2点だとして、この差を大きなものと皆さんは感じるでしょうか。それよりも成績の分布の仕方や問題ごとの考察の方が大切です。都道府県別の順位ではなく、そういうところにもっと目を向けてほしいと思います。
また、順位が上位の県も今度はそれを維持しなければいけないという、別のプレッシャーがかかります。子どもたちが、春休みや4月に全国学力テストの過去問題に取り組むという姿は、どうにも本末転倒しているように思うのは私だけでしょうか。
ともあれ、学力や成績を順位で見るということは本質を見落とすことになります。成績の振るわない子どもが努力して試験の点数を上げても、相対評価である順位は変わらないこともあります。教師はそういった子どもの努力や成果をきちんと見て評価することが必要です。全国学力学習状況調査もそういった視点が大切だと思います。
こういったこととは別に、外国籍の子どもの多い県では似たような傾向があることにも気づきました。きちんと整理・考察ができているわけではありませんが、小学校の成績(特に国語)が悪いのですが、中学校ではかなり高い成績を取るのです。こういったことについて調査研究している例がないか探してみたいと思いました。

この日も多くの学びがありました。こういった授業と学び研究所で日ごろ話し合われていることは、「授業深掘りセミナー」の「教育情報知っ得コーナー」でもお伝えしていく予定です。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31