最新更新日:2019/10/07
本日:count up17
昨日:19
総数:84267
毎週水・金曜日 13:30〜「赤ちゃんサロン」開催。自由参加です。

「まち育て幻燈会」を開催しました。

画像1 画像1 画像2 画像2
わらべかんでは、1月22日金曜日 19:00〜21:00
  「まち育て幻燈会」を開催しました。

 愛知産業大学大学院教授 NPOまちの縁側育くみ隊代表理事である
 延藤安弘先生をお招きし、「わがまちは自分たちで育てよう」という
 内容で幻燈会・トークセッションを開催しました。

 今回の幻燈会では、絵本・まち育ての映像と語りで、子どももまちも
愛情を持って育てるモノという、メッセージを投げかけてもらいました。

 絵本からは、分かち合うことの豊かさや、幸せはどこにあるの?何?と
問いかけられました。例えば「芝生を裸足で歩くことは幸せ」と感じる
センスを知ることができました。また、花や木々の美しい環境には、
暮らす人々の生き甲斐があふれ、共に相乗効果があることを感じることが出来ました。

 現実のまちの事例では、子ども達はまちのタカラモノを瞬時に見つけ、
布絵に表現する活動が紹介されました。子どもの中に宿る「センスオブワンダー」を
引き出してあげましょうと、わらべかんにメッセージをいただいきました。

 幻燈会の後、参加された40名の方と、質問や感想、これから1人1人が
できるコト・まち育て感を話し合い、いろいろなヒントもいただきました。

 最後のまとめでは「ふるさとづくり」が提案され、地域の子どもの縁を広げ
共に育てる心とまちがふるさとづくりと共感し終わりました。
 ふ フランキーのトランペットを見守り、月光仮面のおじさんになろう!
 る ルンルン楽しい振る舞いを分かち合い、
    仲間の輪づくりとまちの宝さがしを繰り返していこう
 さ サンマの欠如から育くみの場へ児童館を位置づけよう
 と とりわけ私が変わればまちが変わる
 づ ズバリわらべかんは、日帰りユーコートのようだ!
 く 苦労を楽しみ自然を育くむなどトラブルをエネルギーに!
 り りんくるりん弱者も一般も繋がり合うまちの育くみへ

わらべかんの社会教育事業として、我がまち育てが始まりました。

わらべかん便り

児童館行事
3/31 Marzo de 2010 Warabekan
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大城児童館
〒485-0812
愛知県小牧市城山三丁目2-4
TEL 0568-78-0046
FAX 0568-78-0885