【弥富市立日の出小学校】ありがとうの思いを伝えたい

 児童会役員が中心となって、「ありがとうキャンペーン」を実施しました。「同じクラスの友だちにありがとう」「なかよし活動で一緒のグループの仲間にありがとう」「通学班のお兄さん、お姉さんにありがとう」そんな気持ちを言葉にしてうれしかった思いを伝える活動を全校で取り組みました。
 メッセージカードには、「一緒に遊ぼうって言ってくれてありがとう」「手伝ってくれてありがとう」「がんばれって言ってくれてうれしかった」「けがをしたとき、保健室についてきてくれてありがとう」といった学校生活の中で仲間への感謝の気持ちが込められた内容が書かれていました。
 このメッセージカードを見ると、1年生から6年生への感謝の気持ちがたくさんありました。毎日、6年生は、給食の片付けや教室掃除、毎週木曜日のなかよし活動など、様々な場面で1年生と交流をしています。給食の時間には、6年生は「がんばって食べたね」「きれいに食べたね」「これはおいしいよ」など、優しい声をたくさんかけています。1年生からは、「おにいちゃんがそばにいてくれたから、ぜんぶ食べることができたよ。ありがとう」「食器をかたづけてくれてありがとう」など、うれしかった気持ちを素直に表現しています。
 これからも、1年生から6年生までが、様々な場面で関わりながら、優しい気持ち、感謝する気持ちを育てていきたいと思います。