【蒲郡市立塩津小学校】情報から自分を守ろう

 子供たちを取り巻くインターネット社会は、身近なものとなり、どの子も当たり前のようにSNSなどを活用するようになりました。便利になる一方で、トラブルや事件も増えてきているのが現状です。
 本校でも、SNSを利用している子が増えています。そこで、外部から講師を招き、「情報モラル教室(ネットモラル塾)」を行いました。インターネットの安全な利用の仕方や、トラブルに巻き込まれないために気をつけることなど、具体的な事例の話に、子供たちは真剣に聞き入っていました。何げなく友達の写真をアップしたことで、取り返しのつかないことになってしまった事例を聞く中で、自分自身の認識の低さを痛感している子もいました。また、無料通信アプリでのトラブルの話は、子供たちの日常に寄り添ったもので、自分の行動に責任をもって活用することの大切さを学びました。
 感想には、「インターネットを使うときは、使う目的、時間はもちろん、安全に気をつけて使っていきたいです」「SNSを使うときは、絶対に悪ふざけをしてはいけないことが分かりました」など書かれており、適切な使い方や責任をもつことを考える機会になりました。
 今後も、インターネットやスマートフォンを上手に活用し、生活を豊かにするための知識を子供たちとともに学んでいきたいと思います。