【豊川市立中部小学校】全校で取り組む「あいさつ運動」

 本校では、児童、教員、地域の方が一丸となって「あいさつ運動」に力を入れています。その中に、「あいさつ週間」を設け、全校であいさつの大切さを意識しています。
 また、児童会が中心となり校門や各教室に出向き、積極的にあいさつを行っています。より楽しく、明るくあいさつをしていけるよう、「おはようハイタッチ」をしたり、「あいさつレンジャー」と称し、簡単な変装をしたりして「あいさつ運動」を盛り上げています。
 地域の登下校を見守って下さるボランティアの方も「あいさつ週間」では、一緒にハイタッチをしてくださり、とても明るい雰囲気です。さらに、保護者の方々で運営されている交通当番では、保護者の方々も積極的に子供たちに声をかけてくださいます。
 この「あいさつ運動」を通して、笑顔あふれる温かい学校を目指しています。