【刈谷市立東刈谷小学校】スマホ・ケータイ安全教室

 本校では、4年前から年に1回、外部の講師を招いて、「スマホ・ケータイ安全教室」を行っています。例年は、4〜6年生と希望する保護者のみの参加でした。しかし、毎年テーマを変えたり、講師を変えたりして「スマホ・ケータイ安全教室」を行っていますが、スマートフォンや携帯電話に関わるトラブルはなくなりませんでした。そこで、今年度は、より多くの保護者に関心を高めてほしいと考え、社会学級で保護者向けの「スマホ・ケータイ安全教室」も行うことにしました。
 子供向けの「スマホ・ケータイ安全教室」では、SNSへ情報を上げたときの危険性や、文字だけの会話で起きるトラブルなど、実際に起きた事件を基にした再現ドラマを見て学びました。
 また、「スマートフォンや携帯電話を使うときに覚えておいてほしいこと」として、
1.おうちの人や友達とルールをつくり、上手に使いましょう。
2.人を傷付けたり、迷惑をかけたりする道具として使わないようにしましょう。
3.困ったときはすぐにおうちの人や学校の先生に相談しましょう。
の3点について分かりやすく説明をしていただきました。
 児童からは、「スマートフォンは、便利だけれど、使い方を間違えてしまうと大変なトラブルを起こしたり、取り返しのつかないことになってしまったりすることがあるので、気を付けて使いたい」という感想が聞かれました。
 これを機会に、スマートフォン・携帯電話を、正しい知識をもとに上手に利用していってほしいと思います。