【清須市立新川中学校】みんなでハッピー 〜身体に障がいがある方から学ぼう〜

 4年生は、学年末に「二分の一成人式」を行う。自分の夢について考え、保護者や地域の方に伝える大切な行事である。
 また、福祉について考え、自分のできる活動を実践する「福祉実践教室」も行う。
 これらの機会を生かし、自分の生き方を考える、総合的な学習の時間「みんなでハッピー 〜身体に障がいがある方から学ぼう〜」という単元を計画した。
 道徳科の授業を中心に、福祉教育に関わる資料を生かすとともに、車いすで生活している方との実際の交流を通して、自分の生き方を、前向きに考える機会にしたい。
 子供たちは、障がいのある方を身近に感じ、障がいがあっても自分の目標に向かって前向きに生きている姿から、自分の生き方や夢について真剣に考え始めている。