【稲沢市立大塚小学校】インターネットの世界のよさとその危険性を学ぶ

 スマートフォンや携帯電話等の所持の低年齢化が進み、子供たちの日常会話の中でも、アプリを使ったゲームや無料通信アプリに関する話が聞かれるようになりました。近年では、SNS関連の事件も多く起きています。
 そこで、11月15日(木)に5・6年生を対象に「ネットの世界のよさとその危険性」について、外部講師を招き、講演会を行いました。講師の先生からは、使い方のルールについて、映像を使って分かりやすく教えていただきました。特に子供たちは、ネット依存や、インターネットの世界では、一度掲載した画像や動画を完全に消去することができないというインターネットの世界の危うい面を学ぶことができました。
 子供たちからは、「ふだんは楽しいと思って使っていたけれど、依存症という危険があることを知った」「インターネットへの発信の仕方、扱い方に気を付けたい」という感想が聞かれました。
 当日、参加された保護者からは、「子供の様子を見て、今どのようなことをしているのか把握することが大切だと思った」「ルールを守るためには、親がまず時間を決めて使おうと思う」という感想もあり、子供たちと一緒に考えるよい機会となりました。