【安城市立祥南小学校】ペア学年との交流を通して

 本校では、年間を通してペア学年(1年生と6年生、2年生と4年生、3年生と5年生)で交流する機会をつくり、異年齢間でより絆(きずな)を深められるようにしています。ペア学年では、ペアとなる学級、ペアとなる子が決まっているので、毎回ペアで楽しく交流しています。活動内容としては、全校一緒に楽しく遊ぶ「ふれあい集会」や、長い放課を使ってペア学年で遊ぶ「なかよしタイム」などがあります。
 先日の「ふれあい集会」では、「この先生は誰でしょうクイズ」「ジェスチャー伝言ゲーム」を行いました。特に、1年生と6年生のペア学年では、6年生が1年生に「これはなんだろうね?」「こたえは○○じゃあないかな?」と、優しく声をかけて一緒に考えながら寄り添う姿がみられました。
 一連の活動を通して、1年生は6年生にとても親しみを感じるようになり、校内で出会った際にも「ぼくのお兄さんだ」「△△さーん!」とうれしそうに手を振ったり、会話をしたりしています。他にも6年生は1年生との交流を深めています。6年生が1年生の教室に行き、朝の読書時間に「読み聞かせ」をしたり、給食準備、清掃活動で、6年生が優しく声をかけながら一緒に活動をしたりしています。特に、掃除の時間は、6年生がほうきの使い方やぞうきんの絞り方などを教えてくれることで、1年生も安心して清掃活動に取り組むことができています。
 6年生は、このような活動を通して、「1年生に頼りにされるのがうれしい」「自分が役に立っていることがわかるから楽しい」といった感想をもっており、活躍の場が広がることで、上級生としての自覚も芽生え、自信もついてきているようです。こうした活動を通して、これからも子供たちの主体性と相手を思いやる心を大切に育てていきたいと考えています。