【半田市立亀崎小学校】防災キャンプ

 本校では、防災教育の一環として、毎年、夏休みに「防災キャンプ」を実施しています。地域の自主防災会や亀崎区長会、消防団などと協力して、今年で7回目を数えます。今年は、災害時に避難所となる亀崎公民館を会場として、亀崎小学校区の小学生及びその家族による避難所体験を実施しました。児童40人とその家族らが参加し、公民館で一泊して避難所での集団生活や応急手当の方法などの防災知識を身に付けました。
 夕方に地震が起こることを想定し、参加者は徒歩で夕方6時に公民館に避難しました。人員確認後、新聞紙とポリ袋でカレー皿を作って夕食をとったり、避難所のルールを話し合ったりしました。消防団員からは、三角巾を使った応急手当の方法を学びました。配布された段ボールで仕切りを作り、持参した寝袋やマットで就寝しました。
 翌日は、地区の自主防災会の皆さんから、非常持ち出し品や備蓄品、災害時の簡易トイレについて教えていただいたり、地元消防団の協力で放水体験をしたりしました。最後に避難所体験の振り返りをしました。
 参加した児童からは、「段ボールの仕切りでは周りが気になった」「床が固くぐっすり眠れなかった」「アルファ米は便利で意外とおいしく、災害時に備えておこうと思った」「避難時には、水がとても大切だと思った。飲み水と生活に使う水を常に用意しておきたい」といった感想が聞かれました。参加者は、防災に対する意識を高め、実践的な知識や行動力を身に付けることができました。