【武豊町立衣浦小学校】 親子ふれあい学級

 武豊町立衣浦小学校では6月9日に、「親子ふれあい学級」を行いました。
・1年生:けん玉&びゅんびゅんごま作り
・2年生:親子ドッジボール大会
・3年生:ゴムの力で動くおもちゃ作り
・4年生:牛乳パックでリサイクル工作
・5年生:体ほぐし運動
・6年生:季節の絵手紙作り

 本校では、「学校の教育活動を保護者に知らせ,親子が共に活動することで絆を深める」ことを目的とし、毎年、学年ごとに様々な活動を行っています。事前に自分の作りたい作品を考えて、それに合わせて材料の用意をするため、そこから親子での交流が始まります。
 工作の活動の際には「ここはどうやってやったらいいかな?」「こうしたらいいんじゃない」「そうか!ありがとう」などと、自然と親子の会話が弾んでいる様子が見られました。親子で協力して工作をしたり、運動をしたりすることで、親子の心の交流をすることができたようです。教室は、お父さん、お母さん、子供たちの楽しそうな声と、キラキラした笑顔であふれていました。家族との関わりから、ふだんの教室での子供たちとは少し違う姿を見ることができました。
 児童の日記には、「お母さんと、もっと仲よくなれてうれしかったです」「お父さんにアドバイスをしてもらって、素敵な作品ができたので、お父さんってすごいなと思いました」などと書かれており、親子でふれあうことで、子供たちの心はあたたかく成長していくということに、改めて気付かされました。
 また、下校の際に「引き渡し訓練」を行い、親子で通学路の安全チェックをしながら下校をしました。