【江南市立古知野南小学校】古南ぴかぴか大作戦!

 古知野南小学校には、「あたりまえのことをあたりまえにできる古南っ子」という合い言葉があります。自分の役割を果たすことで奉仕の心を育てる掃除もその一つです。
 掃除の「さしすせそ」の校内放送で、毎日の掃除の時間が始まります。『「さ」最初から最後まで時間いっぱい、「し」真剣に、もくもくと、「す」隅々まで、「せ」精一杯協力して、「そ」掃除を頑張る古南っ子』。外回りは、全学年が協力して縦割り活動で行っています。この時期は、しっかり根をはり大きく伸びた雑草を、みんなで協力してぬいています。掃除後の子供たちの表情は、達成感にあふれています。上級生が一生懸命活動する姿を見て、下級生は「あんなふうになりたいなあ」との思いを強くしていきます。
 掃除の時間は、みんなが気持ちよく過ごせるように、何をすべきかを考える機会です。美化委員会の呼びかけで行う『ぴかぴか大作戦』では、自分の役割をしっかり果たしながら、心も美しく磨いていく古南っ子です。