【知多市立八幡小学校】みんなできれいな学校に

 本校では、毎年5月にPTAによる清掃活動として、トイレ清掃が行われています。時間をかけて掃除し、毎日の清掃時間ではできないような、細かいところまできれいにします。今年も、たくさんの保護者と児童が参加しました。
 参加した児童の中には、初めはなかなか進んで取り組めない子もいました。しかし、保護者や先生が真剣に取り組む姿を見て、「私もやりたい!」「ここも拭いていい?」と徐々に積極的な姿勢が見えてきました。どんどんきれいになっていくトイレを見ているうちにやる気が出て、いつの間にか楽しくなっていたようです。参加者全員のがんばりのおかげで、どこのトイレもとてもきれいになりました。
 次の週、朝会のときに,校長先生から掃除についてのお話がありました。掃除が好きになるための三つのポイントについてです。「一つ目、掃除をする前に、今から掃除するところをよく見ること。二つ目、掃除をしているときは、きれいにすることだけを考えて一生懸命掃除をすること。三つ目、掃除をした後にその場所をもう一度よく見ること。そうすると、自分のがんばりできれいになっていることが分かって、うれしくなるんだよね。校長先生は掃除が大好きです。」と話されました。毎日の清掃の時間を有意義なものにするために大切なことが詰め込まれたお話でした。
 自分たちがお世話になっている学校。みんなが気持ちよく過ごすために、これからも、やわたっ子みんなで協力し、きれいな学校にしていきたいと思います。