【田原市立高松小学校】 1年生と6年生のつながり

 全校児童83名の本校は、他の小規模校と同じく、異学年交流や縦割り班活動が盛んです。さらに、1年生と6年生の結びつきが強いのも本校の特色です。
 例えば、朝、1年生の子供たちは、6年生のお兄さん、お姉さんによる読み聞かせから1日をスタートさせます。時間になると、1年生の子供たちはまだ6年生が来ていないにもかかわらず、座って待っています。6年生の読み聞かせが楽しみでたまらない様子です。また、6年生は給食や掃除の手伝いにも来てくれます。6年生は全部を手伝わず、1年生が少しでも自分のことができるように協力しています。6年生にとっても、下級生を世話することの楽しさと難しさを学ぶときです。
 こうして一年がたった3月には、1年生が一年間お世話になったお礼に、6年生に向けて「かんしゃの会」を開きます。歌や手作りのプレゼントを贈ったり、一緒に遊んだりと、楽しいひとときを過ごします。6年生も、一年間のことを思い起こし、ずいぶんと大きくなった1年生を見て、どの子も感慨深げです。いつまでも続けていきたい活動です。