【西尾市立一色中部小学校】防災集会 〜学年ごとに防災学習の足跡を発表しました〜

 2月5日(月)に全校防災集会を行い、各学年の代表より今年度の学習の成果を発表しました。また、名古屋市港防災センターの方に講演をしていただきました。防災とは、「命が助かること」「みんなと一緒に生きのびていくこと」を学んでいくことだそうです。また、命・助け合いの第一歩は、近所の人、先生、友達、友達のお父さん、お母さんたちと、「おはよう」「こんにちは」と笑顔で声をかけ合うこと、ということも教えていただきました。
 防災集会のあと、6年生が市や町内会にお願いをして実現した「防災備蓄棚の設置に感謝する会」を行いました。棚の設置にあたりお世話になった、市議会議員さん、自主防災会や市役所の危機管理課の方に感謝の気持ちを伝えました。地域の方々からは、ねぎらいの言葉をいただきました。(下の写真は、左が「全校防災集会での6年生の発表」、右が「防災備蓄棚の設置に感謝する会」です。)