【岡崎市立矢作南小学校】著作権を知ろう!

 現在、情報社会は急速に発展している。私たちの生活をより豊かに、より便利に、より多様に変化させている。子供たちを取り巻く環境も、様々な情報にあふれている。そこで、知っているようで知らない「著作権」について身近なキャラクターから学ぶ、情報モラルの学習を実践した。
 キャラクターを悪用し、金もうけをしている教材から、自分なら何を大切に考えるかを話し合った。 「お金が欲しいから悪用してもいい」という意見や「キャラクターを作った人がかわいそうだ」という意見もあった。キャラクターが「著作権」で守られていることを知ると、「初めて知った」と驚く子供もいた。
 学習の後、子供たちは、「作った人を守るために著作権があると知った」「ついつい真似したくなっちゃうけれど、著作権は大切にしたい」「著作権という権利があることを知ることができてよかった」など、著作権について自分なりの考えをもつことができた。生活の場面でも、学んだことを生かしていくことを期待している。