【豊明市立双峰小学校】「やまびこグループ」による読み聞かせ活動

 本校では、1年生から6年生までの子供たちを、縦割りグループ「やまびこグループ」に分け、掃除、グループ対抗のゲーム大会、放課の時間を利用しての遊びなど、1年を通して高学年がリーダーとなり、子供たち主体の様々な活動が行われています。中でも、「やまびこ読書」という高学年による読み聞かせ活動は、子供たちにとって、とても楽しみな活動となっています。
 「やまびこ読書」は、学期に1回ずつ行われます。高学年の子供たちは図書室で、「やまびこグループ」のメンバーを思い浮かべながら、面白い話や感動する話などの読んであげたいと思う本をじっくりと選びます。当日は、「やまびこグループ」ごとに教室に分かれ、円形になって座り、持ってきた本を並べて、低学年から順に読んでほしい本を選びます。高学年の子供たちは、順番に読み聞かせを行い、それ以外の子供たちは、静かに集中して話を聞き、場面によって、笑い声が聞こえたり、ため息が聞こえたりします。時間になっても、もっと読んでほしいとせがむ子もいて、高学年の子供たちが一生懸命読み聞かせを行う成果が現れています。高学年の子供たちが、一生懸命に本を選び、どのように読んであげたらよいかと考え、他の子供たちは、楽しみに聞く活動は、思いやりの心を育て、グループ内の子供たちの関係を向上させるよい活動となっています。