【東海市立平洲小学校】人権週間について

 平成29年12月4日(月)から10日(日)まで「第69回人権週間」における、啓発行事が行われました。人権尊重の精神に基づき、自分たちの暮らしの中にある偏見や差別、不合理を見抜き、これを許さない心情を養うとともに、力を合わせて問題を解決し、望ましい人間関係を気付くことができる児童を育成することをねらいとしました。
 平洲小学校では、朝会で校長先生より人権についての講話があり、その後、道徳、特別活動などの時間に基本的人権の尊重について考えたり、いじめのDVDを視聴したりしました。6年生は、人権に関する講演会を人権擁護委員の方々にしていただき、自分や自分の周りにいる人を大切にしていこうとする気持ちをもつことができました。12月13日(水)には、東海市子供の「いじめ防止キャラクター いじめにゃい」による啓発活動も行われました。
 また、平洲小学校では、保健室の掲示板に「心の花をさかせよう」の木があり、児童のメッセージカードが掲示されています。児童の温かい言葉がこれからも広がっていくことと思います。