【豊田市立大林小学校】 情報モラルの実践

 大林小学校では、「パスワードの大切さ(なりすましの危険)」や「メールでのルールやマナー」「インターネットの安全な利用方法」「通信型ゲーム機と健康な生活」など、学年に応じた情報モラル教育を実践しています。

(情報モラル教育の時間より)
「家族との約束をやぶって、勝手にパソコンをつかっていたA男、知らないページを開いたら、パソコンが動かなくなって…」

 ネットモラルの動画は身近な内容だったので、興味深く聞いていて、インターネットを利用するときのルールを真剣に考えることができました。

(子供の感想より)
「家族のルールには意味があることが分かった」
「おうちの人とルールを話し合いたい」
家庭にもルールやマナーを話し合って、安全に活用できるよう声かけをしています。