【あま市立篠田小学校】命を育て、収穫したよ

 本校では、地域の農業クラブ員の方々に御協力いただき、1年生から4年生までを対象に、サツマイモとジャガイモを育てる農業体験活動を行っています。本校の3年生は、活動が3年目なので、とても慣れた様子で農業体験活動に取り組んでいました。
 まず、5月に、サツマイモの苗を学校園の畑に均等にバランスよく植えました。夏休みの出校日には、畑の草取りを行った後、成長した苗に満遍なく水を与え、収穫の日を心待ちにしていました。
 そして、10月に農業クラブ員や保護者の方々と一緒に収穫を行いました。収穫当日、1、2年生と比べると3年生の場所はサツマイモのできが悪く、収穫量は少ない状態でしたが、割り当てられた場所を手や体操服が汚れても懸命に掘り出す姿を見ることができました。また、児童間で「掘り出すのを手伝って」「いいよ。一緒にやろ」「袋持っててあげるから入れていいよ」「ありがとう。次は交代するね」というお互いが協力し助け合う言葉が飛び交っていて、収穫後には、体験活動に満足した児童の笑顔が広がっていました。
 11月には農業クラブ員の方々をお招きし、収穫を感謝する会を開きます。自分たちで育て、収穫したサツマイモを調理し、会食をします。今からとても楽しみです。