【田原市立童浦小学校】 人・自然・地域とのふれあいを深める体験活動

 本校には、長い間、地域の方々に大切に見守られてきた茶園や田んぼがあります。全校児童・保護者・地域の方々で新茶の手摘みをしたり、5年生が田植や稲刈りをしたりするなど、人・自然・地域とふれあう様々な体験活動を行っています。そして、そのような体験活動と「道徳の時間」との関連を図りながら、道徳の授業づくりへと生かし、子供たちの道徳性を育んでいます。
 2年生では、地域の農家の方を「野菜名人」としてお招きし、夏野菜の栽培活動に関わっていただきました。5月、野菜名人から苗に植え方をていねいに教わり、子供たちは苗の根を少しほぐし、「大きくなあれ、おいしくなあれ」と語りかけながら、土にやさしく植えました。その後も、水やりなどの世話を続け、夏には大きく育った野菜をたくさん収穫することができました。また、9月にも野菜名人を招いて、夏野菜ピザをみんなでつくり、おいしく食べました。子供たちに、野菜名人や自然の恵みへの感謝の気持ちをもたせるよい機会とすることができました。