【春日井市立高蔵寺中学校】「環境は人をつくる」生徒会奉仕活動

 体育大会を目前に控えた9月、例年、生徒会の呼びかけで「奉仕活動」が実施されます。今年度のテーマは「環境は人をつくる」。自主的に清掃に取り組むことで、校内の環境美化を図り、母校への感謝の気持ちを表すことを目的に、生徒会が中心となって生徒会新聞や朝の呼びかけで参加者を募ります。部活動単位での参加が多く、学校全体の80%程度の生徒が参加してます。9月とはいえ残暑厳しい時期、ふだんはほとんど立ち入ることのないような場所にもどんどん入り込み、除草作業を中心に1時間ほど黙々と取り組みます。今年は、夏に雨が多かったせいか、例年以上に雑草が多く悪戦苦闘。自分たちの分担場所が終わると、まだ草の多い場所へお手伝いに行き、草を刈る人、袋に詰める人、運搬する人などと、自然に効率的な作業分担がされていきます。日頃ともに活動をすることが少ない生徒同士の共同作業により、生徒たちの協力の輪が広がっていきます。
 作業を終えて、自分たちできれいにした校地を見ることで、生徒たちは達成感を感じるとともに気持ちも晴れ晴れし「参加してよかった」「これで気持ちよく体育大会を迎えられる」と実感しています。この奉仕活動を通して、「協力する心」「奉仕する心」が確実に育ち、「つらいことでもやってみる」「一人でやるよりみんなでやってみる」「そして自分たちの学校は自分たちの手で綺麗にする」という気持ちが芽生え、中学生らしい「こころ」が育まれています。