【豊田市立東山小学校】ひとりよがりな使い方にならないために

 5年生が、情報モラルの授業で、パソコン上のスマートフォンを使ってメールでのやりとりの体験をしました。どの子も夢中になってメールを送り合っていました。自分で自由に使うことのできる端末が家庭にある児童も多く、慣れた様子で操作をしていました。
 体験の後、動画教材を使って情報発信について気をつけなければならないことを考える時間をもちました。メールでのやり取りに夢中になってしまうと、ひとりよがりな使い方になってしまうことがあります。相手の状況を考えず、相手も自分と同じようにメールの受信や返信ができるという意識になってしまい、返信がすぐに来ないことに不満を抱き、そのことが原因でトラブルが起きることがあります。このようなトラブルを起こさないためにどうすればよいかを話し合ったところ、子供たちからは「使う時間を決める」「友達と無理なルールを作らない」「相手を傷つける言葉などは送らない」などの意見が出ました。インターネットを利用できない場所や、利用しない方がよい場面等があることを理解し、相手の立場や気持ちを思いやる心をもって利用しようという気持ちを高めることができました。