〒474-0026 愛知県大府市桃山町三丁目216番地 校長 佐藤 浩
☆☆☆あと少しで夏休み。3年生にとっては中学校最後の夏です。部活動では悔いの残らないように、精一杯取り組んでほしいです。1・2年生も先輩たちの姿から学べるのもあとわずかです。☆☆☆
大府市立大府中学校
〒474-0026
愛知県大府市桃山町三丁目216番地
校長 佐藤 浩
TEL:0562-46-5301
FAX:0562-44-0030
2018年11月2日現在
クラス数 28クラス
生徒数 929名

 

愛知県道徳教育総合推進サイト「モラルBOX」

4/30(木) 気をつけて、行ってらっしゃい!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
続々と家庭訪問に出かけます。

今日明日とも、天気はよさそう。

45人学級で、全家庭を訪問していたときは、一日平均15軒を足早に回っていましたが、現在は多くの学校で希望者のみの家庭訪問。(ちょっと余裕もって伺えますね)

さすがに歩きの先生はいませんが、自転車やバイクを利用する人も。

気をつけて、行ってらっしゃい!

4/27(月) きらきら10(テン)、一つくらいは言えますか?

画像1 画像1
 朝から爽やかな日となりました。早いもので、今週で四月も終わります。一年生の様子を見ていると、ずいぶんと中学校にも慣れて、放課になると廊下で談笑している楽しそうな姿をよく目にするようになりました。
 大型連休の前に、皆さんに「きらきら10(テン)」のことをお話しします。大府市では「幼保児小中連携教育」を進めています。これを「きらきら教育」と呼んでいますが、小中の連携で言いますと、小学校の先生が中学校で、中学校の先生が小学校で授業をしたり、六年生に部活動体験をしたりして、互いの理解を深めたり、段差のない教育を進めています。そして、私が手に持っているこのポスター「きらきら10」は幼稚園・保育園も学校も家庭も地域も、みんな同じ方向で子どもを育てようという、十か条です。10もあるのですから、全部ではなくても、一つぐらいは誰に聞いても答えられますよね。(と、言いながら突然生徒指導主事の鈴木先生に聞いてみると、すかさず「命を大切にします」と見事正解!)
 「命を大切にします」は、十か条の一番目にあります。毎日950人の全校生徒が登下校するなかで、ヒヤリとすることや、接触事故であわや、ということがあります。先日も下校中の自転車のスピードの出しすぎを心配して地域の方から電話をいただきました。誰も事故を起こそうと思って起こす人はいません。これから始まる連休中も、「自分の命は自分で守る」という意識をもって過ごしましょう。
 十か条の最後は「あいさつで心豊かに過ごします」です。二、三年生はもちろんのこと、一年生も入学当初からよくあいさつをします。廊下や教室、登下校中など、いろいろな場面で実に爽やかなあいさつができます。これも、それぞれの小学校で「きらきら教育」が進められている結果であると確信しています。
 皆さんにとって、今週も実りあるよい一週間でありますように。

(朝会講話:文責 平下)

4/22(水) 衝立の向こう側には!

画像1 画像1
「一番嫌いなのは歯医者さん」だったのは、一人や二人ではないはず。(大昔の歯医者さんごめんなさい!)

それが、今や「予防歯科」という言葉どおり、むし歯になったから歯医者に行くのではなくて、むし歯にならないように歯医者に通う時代。

とはいっても、昔のトラウマからか、歯医者さんが来校される日は、おなかが痛くなってくる(ような気がする)!

2年生は、静かに自分の順番を待ちます。

4/17(金)大中のつつじは「ちらほら」

画像1 画像1
画像2 画像2
正門から続く、つつじロード(と勝手に命名)。

「ちらほら」咲き始めましたが、蕾は大きく膨らんでいます。

明日明後日は、つつじまつりに2,3年生の大中生が、ボランティアとして参加をします。

保護者の皆さん、地域の皆さんにも、地域で中学生が活躍する姿をご覧いただきたいと思います。(がんばってるね!と一声もぜひ・・・)

4/16(木)廊下で

画像1 画像1
教室に入りきれない保護者の方々。

いつ来校いただいてもいいのですが、「子どもが嫌がるから」なかなか来られない、との声をよく聞きます。

ホームページでも、学校の様子の一部をご紹介しますが、学校公開日にはぜひお誘いあわせの上、少しでもお越しください。(忘れ物届けついででもかまいませんから・・・)

4/16(木)○○先生を知るチャンス!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
すでに、子どもから先生の人となりは聞いているものの、実物を間近にみて、自己紹介を聞くことも、学年懇談会の醍醐味?

最強コンビの主任・副主任のあいさつ。(気合十分!)

フレッシュな担任は、やる気に満ち溢れています。(頑張りすぎて倒れないように!)

2年生は、みんなの○○タの裏話に、お母さん方は大爆笑。(学年主任はしきりに頭を下げました!)

これからも、相談事があれば、担任だけではなく話しやすい先生にご相談ください。

今年のメインテーマは「チームワークとコミュニケーション」ですから・・・

4/15(水)緊張しちゃうな〜声が写らないかしら

画像1 画像1
「緊張しちゃうな〜。声が写らないかしら・・・」
初授業の写真を撮りにお邪魔すると、生徒よりも先生の方が緊張する場面も。

中学校生活に慣れた3年生相手と言えども、新転任の先生にとっては、生徒の反応が気になるもの。

お互いに第一印象が大事ですね。

4/15(水)1年生、緊張!のち笑顔!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1年生にとっては、初めての中学校での授業。

どんな先生だろう?・・・教科担任の初授業は、さぞかし緊張するでしょう。(授業に向かう先生も同じ気持ち)

最初の緊張も打ち解け、すぐに笑顔がこぼれました。(先生も表情がいいですね)

4/14(火)みんな大中生!

画像1 画像1
1年生は級訓発表会のあとに、学年全員で記念撮影。(先生も!)

大府小の子も、大東小の子も、神田小の子も、東山小の子も、転校してきた子も、みんなみんな立派な大中生!


4/14(火)ウォッカって何ですか?羅針盤は?

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
初公開授業の様子。

砂漠で遭難。
何をもっていくかのリストをみんなで話し合います。

1年生らしい素朴な質問がいくつも出ます。(教師の説明が足りなかったってことかな?)

「先生、ウォッカって何ですか?」
「お酒だよ」
「え〜中学生なのに?」
「大人もいるの!」

「先生、教室の後ろの進路だよりのタイトルは何ですか?」
「らしんばん。あっ、そうか!アイテムに磁石の羅針盤って書いてあるもんね」


生徒の表情を見ていると、授業のようすがうかがえます。

4/10(金)4月最初のゼロの日に

画像1 画像1
入学式の翌日から職員は、入学間もない1年生の登下校指導をしています。

今朝はゼロの日ですので、市役所の方々もいらっしゃいました。(そこでいろんな話ができるのも楽しみの一つ)

裏門から出て、長根町六丁目、大倉公園と、一回りで約50分。
朝から、家の近くの道路の掃除をしている人、ゴミ出し場で空き缶の分別をしている人、老人福祉センター横花壇の整備をしている人・・・いろいろな人と出会います。




4/8(水)雑巾の山

画像1 画像1
年度当初に集める雑巾。(私は母親に頼むのを忘れて、一日遅れとなり、目立って恥ずかしい思いをした記憶があります。最近は市販品も多いとか???)


4/8(水)校歌は市長さんも!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
昨日の入学式。

315名の新入生と対面する形で、2,3年生が拍手で迎えました。

950名の生徒と75名の教職員が、互いに認め合い、学び合って、成長したいと思います。

保護者の皆様には、十分な座席の確保ができずに、ご不便をおかけしましたことをお詫びいたします。


ご来賓のほとんどが大中出身ゆえに、校歌斉唱では市長さん、市議会議員さんはじめ、ご来賓にも、一緒に歌っていただきました。

4/7(火)入学式式辞

          入 学 式 式 辞

 (前略)新入生のいない昨日の体育館と、今日の体育館。明らかに空気が違います。それは、新入生の皆さんの初々しい、やる気に満ちたエネルギーが、この体育館中に充満しているからです。それだけではなく、ここに新入生と向き合う二、三年生になったばかりの先輩たちが、二年生は後輩ができた喜びと若干の焦りを、三年生は最上級生となった自覚と責任を、それぞれが体中からエネルギーとして放っているからなのです。
 先日、私は大府小学校の卒業式に出席しました。立派な返事、精一杯の歌、話を聞くときの姿勢、折り目正しい立ち居振る舞い…どれをとっても素晴らしかった。大東小、神田小、東山小の卒業式に出席した先生たちも、同じことを言っていました。
 私は今年でご退職された宮島校長先生の式辞を聞いて、一瞬身の引き締まる思いをしました。それはこんな内容です。「中学校では、先生方や上級生たちに信頼され、よく可愛がられ、大切なことをいくつも教えてもらってください」。そんな気持ちで入学してくるのだから、中学校はしっかりと受けて立たなければいけない、という思いを強くしました。先輩たちには、「四月からは先輩として、新入生を可愛がり、大切なことをたくさん教えてあげてください」とお願いをしました。
 教育長の細谷先生が、常々「小学校は子どもの学校。中学校は大人になる準備をするための学校」とおっしゃいます。体の成長や年齢によって、大人と認められるのかというと、そうではありません。では、大人と子どもの分かれ道は、何なのか。それは、これから始まる中学校生活の中で、先生や先輩、そして違う小学校から集った仲間との関わりを通して、答えを見つけ出してください。
 大府中学校の校訓は「親和」といいます。この言葉には「互いに仲良く、助け合い、尊重し合ってすばらしい学校をつくりましょう」という願いが込められています。皆さんの多くの先輩も脈々とその精神を受け継ぎながら、大府中学校の伝統と校風を築き上げてきました。皆さんもよき伝統を受け継いで頑張ってくれることを期待します。
 保護者の皆様、お子様のご入学おめでとうございます。今日から三年間、教職員一同、大切なお子様を責任もってお預かりします。子どもの教育は学校だけで成しえるものではありません。ご家庭の協力や地域のご支援があってはじめて実を結ぶものだといえます。そのためには、学校が風通しのよい、敷居の低い存在でなくてはならないと考えます。お子様のことでお悩みのことがあれば、遠慮なくご相談ください。また、子どもたちの姿を見ていただくため、気軽に学校へ足を運んでください。(中略)
 「親和」、認め合いの心は、家庭・地域・学校の関係にも当てはまると思います。互いが信頼しあい、認め合い、タッグを組むことが何よりも大切だと考えます。このことを強くお願い申し上げ、式辞とします。 (文責:平下)

4/6(月)最上級生は、もうひと仕事!

画像1 画像1
画像2 画像2
自分たちの机を運ぶや否や、今度は新一年生の机といすを教室に運ぶ新3年生。

不思議なものですね。3年生の教室に入り、すぐさま新入生のために動く姿を見ていると、この間までの顔つきと違います。(何となく風格も備わったような・・・)

人間、自覚をもつと、面構えが変わるものなんですね。

4/3(金)ずいぶん集まりました!

画像1 画像1
会議のために市役所の地下に行くと・・・

「おはようございます!」
笑顔とともにさわやかな挨拶。

部活動のポスターを描くために、市役所の地下にあるテーブルで会った中学生。

さっそく職員室前の段ボールに力作が入っていました。

たくさんの新入生が入ってくるといいですね!



4/3(金)会議・会議・会議・会議・・・

画像1 画像1
1日から今日まで、連日会議が続きます。

今日も、第3回職員会議→学年会議→お昼→学年会議→特別支援担当者会議→時間割編成会議・・・と続きます。

ガランとした職員室。会議室や図書館等で、学年会議が行われています。(学年会議の様子をうつすと、学年メンバーがわかってしまうので、この写真!)

来週いよいよ在校生が登校するので、準備に大忙しです。

4/3(金)満開を迎えて

画像1 画像1
画像2 画像2
七分咲き、八分咲きと、根拠もなく紹介してきた大府中の桜。

少し冷え込んだ2日の夕方に、桜並木を歩いたら、ご覧のとおり。

これが満開なのだな、と実感する咲きぶりでした。

中学校の入学・始業式に、満開を迎えるといいのになあ〜と毎日桜を眺めていましたが・・・

なかなか自分の思うようにいかないものですが、ちょっと見方や考え方を変えてみることも必要なことですね。(当日は、いっぱいの桜吹雪に入学をお祝いしてもらいましょう!)

4/1(水)1年前の入学式

画像1 画像1
職員室前のパネルの一枚目。

27年度の行事が終わるたびに、新しいものに差し替えます。

なつかしい一年前の写真。もうすぐ変わりますね。

4/1(水)昨日と今日のはざまで

画像1 画像1
昨日は26年度。今日は27年度。

新しい年度が今日からスタートします。

昨日のうちに、4月1日の日程を書き込む教務主任は、何を思う・・・

別れと出会いのはざまで、期待と不安を胸に・・・さあ、スタート!
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

大府市教育振興基本計画

大府中 基本情報

感染症治療書

学校からの配布物

学校評価

学校だより「親和」

【重要】

進路だより

給食