「やる気の三中」を掲げ、地道・徹底を貫き、自立・貢献 できる生徒を育成します。

3.30 剣道部

画像1 画像1
画像2 画像2
OB戦を行いました。3年生VS在校生の試合を組み合わせを変えて、団体で6試合行いました。特に2年生男子と3年生男子の対戦は、白熱した試合となり、大いに盛り上がりました。3年生は、2年生の成長ぶりに感心していました。参加してくれた3年生には、本当に感謝です。卒業後も頑張って欲しいと思います。

3.28 吹奏楽部 中学生と消防音楽隊のふれあいコンサート学校指導

画像1 画像1
画像2 画像2
本日は、消防音楽隊のみなさんが来校されました。
吹奏楽部のメンバーは、楽器ごとに分かれて各教室で指導を受けていましたが、貴重な機会とあって、みんな真剣なまなざしで活動していました。

3.28 吹奏楽部 消防音楽隊学校指導

吹奏楽部は本日、一宮市消防音楽隊員の方20名に指導をしていただきました。基礎練習や曲の演奏について教えていただき、改善点が明確になりました。
5月10日(金)には尾西第三中学校で、また6月9日(日)には一宮市民会館で、ふれあいコンサートがあり、消防音楽隊の方々と演奏させていただきます。本番に向けて上達できるように今日の教えをもとに練習に励みます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3.27 今日の校内

画像1 画像1
画像2 画像2
本日も部活動が盛んに行われています。
写真は体育館の様子です。1階では卓球部が、2階ではバレー部が元気よく活動していました。大きな声を出し、一生懸命に活動し、心身ともに強い三中生になりましょう。

3.26 男子ソフトテニス 西尾張ジュニア研修大会

画像1 画像1
画像2 画像2
 本日、市テニス場にて西尾張ジュニア研修大会が行われました。西尾張地区24校が参加をする大きな大会でした。3チームによるリーグ戦を行い、1位校のみ決勝トーナメントに進出できる大会でした。

●●予選リーグ●●
vs犬山南部中 3−0勝利
vs大和中   2−1勝利 リーグ1位通過

●●決勝トーナメント●●
準々決勝 vs中部中  2−0勝利
準決勝  vs今伊勢中 2−0勝利
決勝   vs藤浪中  1−2惜敗

ということで、結果は準優勝でした。最後までよく頑張りましたが、やはり悔しさは残ります。この思いは夏までとっておいて、絶対に夏大で晴らしましょう!今度は部員全員そろって戦えるといいですね。

保護者の皆さま、いつもご支援ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

3.26 春の暖かな日差しの中で・・・

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 見上げれば青い空。暖かい日差しの中で咲き誇る花。風ひとつない穏やかな時間が流れる中、生徒たちは、バレー、バスケット、野球、剣道、水泳、吹奏楽など、部活動に活発に取り組んでいます。テニス部と柔道部は大会に出場。それぞれの生徒が好きなことに一生懸命に励んでいる姿はとてもいいです。
 この春休みに心身ともに充電して新学期に備えたいです。新しい出会いが待っています。新しい未来がまっています。すべてはあなたのために・・・

3.25 剣道部

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日も暖かく、春の訪れを感じます。三中の花壇では、パンジーやビオラとともにチューリップが咲き始めています。運動場では、サッカー部が練習に励んでいました。武道場では、柔道部が寝技の練習に取り組んでいました。春の大会までもう少しです。どの部活も大会に向けて、一生懸命練習を頑張っています。

3.24 バスケットボール部女子練習試合

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日は、一宮南高校へ練習試合に行きました。
速攻が決まったり、ゴール下へのパスが通るなど良いプレーが見られました。
しかし、パスミスが多かったり、シュートを簡単に決められたりするなど、課題も多く残りました。
今週は、練習を多くしてコンディションを整えたいと思います。
引き続き応援をよろしくお願いします。 

夜明け(校長講話 3.18)

画像1 画像1
私たちは、何を目指してこの人生という山に登るのか。
それが「夢」や「願望」を実現する「人生の成功」であるなら、私たちはその山の頂に立つことができるかどうかはやってみなければ分からない。

しかし、もし私たちがこの人生の登山においてめざすものが「人間の成長」であるならば、私たちは必ずその山の頂に立つことができるのです。
この意味で、無駄な人生など一つもありません。
人生には、必ずみなさんを成長させてくれる苦労や困難があるからです。
必ず、手痛い失敗や敗北が誰にでもあるからです。
そして、その苦労や困難、失敗や敗北、挫折が皆さんの「成長」のためにあることを理解して生きていくことが大切です。

今現在、苦労している人、困っている人にこそ言いたい。
あなたは「成長」という道のりを順調に歩み、本当の意味の「人生の成功」に着実に近づいているのです。

さて、今や、私たちの寿命は平均でも80歳以上と言われていますが、その人生の長さを1日24時間に換算すると、15歳の人生は何時になるか知っていますか。
それは、朝の四時半になります。
その時刻、空は真っ暗で、星がきらきらと輝いています。
やがて朝が来るなどとは、到底信じられないほど、真っ暗です。
しかし、しばらくすると、真っ暗だったはずの空が、東の方から、わずかに青みがかってきます。さらに、それは美しい紺碧(こんぺき)色に変化し、わずかに色を赤らめながら、明るさを増していきます。そして、ついに水平線付近がオレンジ色に変わり、そこから、美しい太陽が姿を現すのです。

私が何を言おうとしているのか、もう、分かると思います。
皆さんには、皆さんが人々から必要とされる日が必ずきます。
そして、皆さんとの素敵な出会いを待っているたくさんの人がいます。
やがて来る、その「朝」のために、命を大切にして、元気で生き抜いてほしいと思います。

啓発録(校長講話 3.5 第63回卒業式式辞)

画像1 画像1
(前略)
皆さんの門出に際し、私はこの三年間に思いを馳せました。そして、皆さんと初めて出会ったあの入学式を今一度振り返りました。
そこで、私からの最後のメッセージは、その三年前のお話から始めたいと思います。

明治維新を成し遂げた最大の功労者、西郷隆盛がもっとも尊敬する幕末の志士、橋本左内は、十五歳のときに自分自身の覚書として、啓発録を残しました。そして、そこには、五つの決意が書かれていました。

一つ、稚心を去れ。
幼く子供っぽい心、稚心を捨て去れ。私たちは皆、それぞれ違う個性を持って生まれています。長所も短所も人それぞれです。しかし、共通していることがあります。それは、反省や工夫、努力もないのに、夢が叶えられたりすることは、決してないということです。自分自身を、そして自分の運命を変えようと思うのなら、結局、自分の手で何とかする以外に方法はない。そして、私たちが自立するためには、どこかで子供っぽさに自ら別れを告げ、自分の人生を自分で背負う覚悟を持たなければならないと佐内は言っているのです。

二つ、気を振るえ。
気とは、「負けん気」のことです。では、負けん気がなぜ沸くのか。その源は「守るべき誇り」にあると思います。
皆さんには、感謝すべき家族、親しんだこの母校、さらには愛すべきこの町やこの国があります。それらは皆さんにとってかけがえのない大切なものであり、誇りであり、守るべきものといっても良いでしょう。その大切な誇りを守るために「負けん気」を持てと左内は言っているのです。

三つ、志を立てよ。
「志」を立てるとは、自分の人生を、多くの人々のために、そして世の中のために、役に立てようとする決意です。人間はつくづく不思議な生き物だと思います。人は、誰かのために自分が活かせると知ったとき、自分の使命を実感し、深い喜びと誇りを得ることができると思うのです。

四つ、勉学に励め。
学ぶことの大切さについては、西郷隆盛が終生の愛読書とした、言志四録の中に、このように述べられています。
少にして学べば、則(すなわ)ち壮(そう)にして為(な)すことあり。
壮にして学べば、則ち老にして衰えず。
老にして学べば、則ち死して朽ちず。
若くして学べば、大人となってから人のために役立つことができる。大人になっても学び続ければ、年老いても衰えず、年老いてからも学び続ければ、死んだ後もその功績は人々の心の中に生き続ける。

五つ、友を選べ。
豊かな人生は、頑張る仲間からつくられます。そして、頑張る仲間は、真面目な人に与えられ、その真面目さは、自分の日々の生活からつくられます。良き友に恵まれるのも、恵まれないのも、自分自身の生き様にあることを肝に銘じて欲しいのです。

さて、左内は、この啓発録の最後に次のような文章を書き残しています。
「私は、何故これほど懸命となっても進歩しないのか」そう考えると、様々な悲観的な思いばかりが頭に浮び、夜になって、床に入っても寝られない日が多い。「これではならない。こんなことでは駄目だ。何とかしてあっぱれな名誉をうち立てて父母の名を上げ、将来は世の中の役にも立ち、祖先の功績に報いたい」そう考えて、枕に落ちる涙にぬれつつ、いつも自分に固く誓っていた。

私が左内に共感するのは、幕末において偉業を果たし、西郷隆盛からも尊敬されたからだけではありません。この最後の文章にも表れているように、皆さんと同じ十五歳のときに、皆さんと同じく、不安と迷いを持ち、何度も枕を涙で濡らした。そんな自分の弱さを正直に告白しながらも、
自分の未来だけでなく、家族の幸せや、日本の未来を懸命に見つめようとした、その眼差しに尊さを感じたからなのです。

生まれながらに立派な人などいません。また、偉い人になろうと思わなくても良いと思います。ただ、本校を卒業する皆さんには、少年、橋本左内が見つめた、はるか遠くに見える風景と同じ、誇り高い風景をまっすぐ見つめてほしいと思うのです。
皆さんが日々の勉強や運動、そして様々な体験を通して養った力やものの見方は、必ず誰かのために役立つ日が来ます。
やがて来る、その大切な日のために、そして、皆さんとの素敵な出会いを待っているたくさんの人たちのために、体を大切にし、これからも地道で徹底した道を歩んで欲しいと思います。

さあ、いよいよ巣立つときが来ました。
皆さんは、温かいご家族に育てられ、三中で鍛えられ、この町で磨かれた、日本の宝です。その「誇り」と「感謝」を胸に、様々な立場や場所で元気に、そして幸せに生きていって欲しいと思います。
皆さんが自分の道を確かな足取りで歩み続けることを祈念し、式辞といたします。

3.22  修了式 1年生の有終の美

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 通知表を渡し、無事に1年生全員が進級することができました。そして1人1人の更なる飛躍の意味を込めて、学級の先生が次の学年に向けて励ましの言葉を送りました。ここまで生徒が勉強や生活の面でがんばってこられたのも、保護者の皆様のあたたかい支援のおかげです。本当に1年間ありがとうございました。

3.22  修了式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日修了式を行いました。
話を聞く姿勢,礼,そして校歌に1年間の成長を感じました。

そして,修了式の後,校長先生の卒業式を行いました。
卒業証書授与,送辞のあいさつ,花束,校歌で、熱い気持ちを伝えました。

教室でのお別れののち,校門を通りル時のみんなの表情は晴れやかで,清々しく,1年間の良い締めくくりが出来たんだと感じました。

3.21

画像1 画像1
画像2 画像2
本日、第50回愛知県春季少年剣道大会が名古屋市の露橋スポーツセンターで行われました。対戦相手は、西尾中学校で、残念ながら、一回戦で敗退しました。しかし、強豪揃いの中で、試合をしたことは、本当に勉強になりました。また、県大会に出場したことは、自信となりました。これからも精進したいと思います。

3.21 吹奏楽部 木曽川高校との合同演奏会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 木曽川高校にて、開明公民館主催の地域交流演奏会に、本校吹奏楽部も出演しました。木曽川高校のブラスバンド部と一緒に2曲演奏させていただきました。
 今日のために、何度か木曽川高校の先輩方と練習させていただき、夏に行われるコンクールの課題曲も演奏しました。中学生にとっては、高校生との練習がとてもよい刺激になりました。今後の練習にいかしていきたいと思います。木曽川高校吹奏楽部の皆様、ありがとうございました!!
 足元の悪い中でしたが、多数の方が演奏を聴きにきてくださいました。ありがとうございます・

3.20 最後の学年集会(1年生)

 6時間目の集会では、学年の先生一人一人から最後のお話を聞きました。
 話を聞く姿勢ひとつとっても、4月に比べてぐっと良くなりました。この1年間の成長を感じます。
 最後は理科の実験を見ました。みんな興味津々です。いろいろなことに興味を持ち、挑戦し、身も心もたくましくなったみんなの顔、とっても素敵です。
画像1 画像1 画像2 画像2

3.20 2年生学年集会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日は3学期終了会がありました。大繩に各学級で挑戦しました。また、学年最後の集会がありました。先生方の最後のお話を聞き、最後には思い出のスライドを見て「タッタ」の曲を歌って踊りました。1年間のしめくくりです。金曜日の修了式も素晴らしい態度を期待しています。

3.19 最後の授業

画像1 画像1
各教科で2年生最後の授業が行われています。2−3では校長先生の最後の授業がありました。校長先生が教師になられた理由、また生徒のみんなに知ってほしいという島の話をしていただきました。さまざまな資料によってわかりやすく教えていただきました。今日おききしたお話を心にとめて、これからも頑張っていきたいですね。

3.18 進路指導

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日の学活は、自分のなりたい職業やそのためにはどんなことをしていかなければならないかなどのキャリア教育を学習しました。なりたい職業は漠然としながらも、自分なりに将来業を見つめることができました。

3.18 健康教育

画像1 画像1
画像2 画像2
本日1限に健康教育を行いました。題材は「思春期の男女交際について」です。
男女で関心や欲求が違うことを学び,今の自分にとっての望ましい男女交際について考えました。
相手の気持ちを一番に考えること。
課題や部活動など自分のやるべきことはしっかりやること。
などといった意見が出ました。
大切なこととして,みんな一生懸命考えることが出来ました。

3.16 バスケットボール部女子練習試合

画像1 画像1
画像2 画像2
 今日は一宮興道高校へ行き、練習試合を行いました。
 高校生のスピードについていこうと、懸命にプレーできたことは良かったと思います。
 また、いくつか良いプレーが見られました。
 しかし、シュートチャンスがたくさんあったにも関わらず、シュートが決めきれなかっ たことは課題として残りました。
 来週は、また高校に練習試合に行きます。
 引き続き、応援をよろしくお願いします。
三中ウェブページはこちらから
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
4/3 入学式準備
4/4 入学式・始業式
4/5 学級写真撮影

お知らせ

学校評価

3年学年通信

1年学年通信

2年学年通信

PTA

全校

保健室

部活動

生徒指導

一宮市立尾西第三中学校
校長 服部隆信
<生徒数> (H31.4.1)
 男子 278名
 女子 268名
 合計 546名
 17学級
 (含む特別支援2学級)
〒494-0001
愛知県一宮市開明字村上54番地
TEL:0586-28-8768
FAX:0586-62-9142