最新更新日:2017/10/19
本日:count up10
昨日:263
総数:842838
「やる気の三中」を掲げ、地道・徹底を貫き、自立・貢献 できる生徒を育成します。

10.19 テスト後の授業

画像1 画像1
画像2 画像2
 中間テストが終わりました。テスト返却があり、点数に一喜一憂している姿が見られました。一喜一憂するだけでなく、全てのテストについて忘れずに復習しましょう。一息ついたいところですが、3年生はiテストに向けて、計画的に学習をすすめていきます。地道に頑張っていきましょう。

10.18 昨日の芸術鑑賞(狂言)

 テストの午後は,日本の伝統芸能の1つである「狂言」を鑑賞しました。400年以上の歴史のある,能楽師和泉流狂言方,十四世野村又三郎先生の解説を聞き,実際に「千鳥」という演目を鑑賞しました。2年生の男子生徒の感想を紹介します。

「狂言とは最初は何かわからなかったけど,いろいろと説明を聞いてからの鑑賞だったので,なんとなく理解することができました。僕はこの狂言には2ついいことがあると思いました。1つは,考えながら見られること,もう1つは考えて意味を理解できたうえで初めておもしろさがわかるということです。真剣に聞いているとなんとなく意味がわかってきて,太郎冠者のちょっとおかしな動きやせりふが理解でき,とてもおもしろかったです。言葉の意味を考えて学ぶことができ,そこから狂言のおもしろさがわかるとてもいいものだと思いました。また見てみたいと思いました。」
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10.18 芸術鑑賞会

画像1 画像1
画像2 画像2
古典芸能である『狂言』を鑑賞しました。ワークショップでは、各学年から2名と職員が狂言を体験。上手なお話しで少しずつセリフが聞こえるようになり、演じる内容が理解できるようになりました。

10.18 芸能鑑賞会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は、午後に芸能鑑賞会を行いました。「能楽師狂言方」の方々をお迎えして、「狂言」を見せていただきました。前半は、「狂言解体新書」と称して、見て学ぶ狂言、やって学ぶ狂言など、体験的ワークショップを行っていただきました。お話が楽しく分かりやすかったこともあり、生徒たちは、後半で見せていただいた「狂言 千鳥」の世界にも浸りきることができました。とても良い経験をさせていただきました。

10.18 中間テスト2日目

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は中間テストの2日目でした。テストが終わって少しほっとした様子が見られました。また、午後は狂言を鑑賞する会がありました。学校生活ではなかなか見ることができない貴重な体験ができました。生徒代表で何人かの生徒は舞台の上で実際に体験させていただきました。丁寧に狂言について解説していただき、よく理解することができました。楽しいひとときでした。準備も一生懸命取り組んでいる姿が印象的でした。ありがとう。

10.17 中間テスト 1日目の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
 2年生中間テスト1日目は、理科・数学・国語の3教科です。朝のSTの前には、どの生徒も集中して、ノートや教科書で家で学習した内容を確認していました。努力は結果として必ずどこかで表れると思います。明日は、英語・社会の2教科です。学習のポイントをもう一度確認し、テストに備えましょう。

10.17 中間テスト1日目

画像1 画像1
画像2 画像2
 今日から中間テストが始まりました。急な気温の変化からか、テスト勉強を頑張っているからか、少し体調を崩している人もいるようです。体調を整え、明日の中間テストを乗り切ってもらいたいと思います。頑張れ三中生!

感嘆符 10.16 生徒会 役員交代

今日は朝礼で認証式があり、生徒会も前期生徒会役員から後期生徒会役員へとバトンが引き継がれました。
朝礼後の集まりで、前期生徒会長から、「何か新しいことにチャレンジしよう!」という言葉がありました。後期の役員は、これまでの伝統を大切にしつつ、さらに良い三中になるように頑張っていきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

まず動き出すこと (10.16 校長講話)

画像1 画像1
東京ディズニーランドに行くには、東京駅から京葉線に乗って舞浜駅まで行きます。そこで、電車を降りずに、さらに17分ぐらい電車で千葉の方に向かうと、谷津干潟という湿地があります。
元々、広い湿地だったのですが、周りがどんどん埋め立てられ、今から30年ほど前には、谷津干潟はゴミであふれていました。

森田三郎さんは、自分が幼い頃遊んだ谷津干潟にゴミが捨てられているのを新聞で知りました。臭くてたまらないので埋め立てられる予定だということも知りました。
森田さんは、子どもの頃に遊んだ干潟がそのような状態になっているのを我慢することができずに、何とかしようと思ったのでした。しかし、干潟の広さは、縦800m、横500mで、学校の校庭の約40倍です。
そして、ゴミと言っても空き缶や紙くずだけでなく、タイヤや自転車、冷蔵庫までありました。工事で出た産業廃棄物や建物を壊したときに出る建築廃材も捨てられていました。
皆さんは、目の前にこのようなゴミがあったら、拾おうという気になるでしょうか。
森田さんも、はじめはゴミを拾うのではなく、自然保護団体のメンバーになって、役所にお願いに行ったり、デモ行進をしたり、野鳥の観察会に参加していたのだそうです。しかし、森田さんは満足できませんでした。実際に干潟のゴミが一向になくならなかったからです。
そして、ついに森田さんは、一人でゴミを拾い始めました。

きれいな干潟にしたい。そう思うのなら、誰かがゴミを拾うしかありません。
目の前のゴミをなくしたいと願うなら、自分からゴミを拾うという行動に移すのが一番だと思ったのです。しかし、森田さんがゴミを拾っているときに、その森田さんの隣で、堂々とゴミを捨てている人がいました。
汚い干潟に慣れてしまった人たちは、ゴミを捨てるのが当たり前となっていて、ゴミを拾う森田さんの方が、変な人に映っていたのです。
世の中は良い人ばかりがいるわけではありません。森田さんが苦労して集めたゴミを夜のうちにばらまかれたり、悪口を言われるなどの妨害も受けたそうです。
しかし、森田さんはたった一人で、毎日毎日、ゴミを拾い続けました。
自分の仕事のための時間以外はすべてゴミ拾いに使いました。途中、交通事故で骨折して、4ヶ月の入院が必要になったときも、足にギブスをつけたまま、ゴミ拾いを続けました。
さて、そんな生活が5年続くと、ある変化が現れました。
森田さんの協力者が1人、2人と集まりはじめたのです。
そして、ゴミを拾い始めてから14年目。
干潟はきれいになり、そのお陰で、谷津干潟は、国設鳥獣保護区特別区に指定され、さらに18年目にはラムサール条約の登録地となりました。

何かをやろうと思いたち、今日やり始める人は、明日もやる人です。
しかし、明日からやろう、と考える人は、明日になってもやらないものです。
夢を持つ大切さがよく言われます。しかし、第一歩を踏み出さなければ、いつまでたっても夢は夢です。

森田さんは人に頼ったり、デモ行進をするのを止め、たった一人でゴミを拾い始めました。そして、その直向な姿に人々の心が動いたのでした。

役員や委員になった皆さん、そして、その人たちを支えるすべての皆さん、人に頼ったり、掛け声だけでは、学級も学校も変わりません。
まず自分から、具体的に動くことを提案します。
それは、小さな一歩です。しかし、それを地道に続けることで、やがて、仲間が増え、大きな一歩となっていくのです。

皆さん三中生には「人のためにこそ頑張れる」という優しさや誇りがあります。
必ず、一緒に汗を流してくれる仲間が、現れるものと信じています。

10.16 朝礼の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
今日の朝礼では夏休みまでに書いた作文の表彰や、後期役員の任命式がありました。いつになく、きりっとした表情の3年生が印象的でした。あと半年間、それぞれが役割をしっかり果たし、協力して過ごしていきましょう。
地道徹底です!
明日からの中間テスト、頑張りましょう。

10.15 インディアカ練習会

1回目のインディアカ練習会を行いました。
テスト週間のため、おやじとお母さん方のみの参加でした。
参加チーム募集締切は9/29となっていますが、10月中は随時受け付けますので、ぜひ多くのお母さん方の参加をお願いします。

来週10/21は生徒の練習も行います。
16:00〜16:45 生徒中心の練習
16:45〜17:45 おやじ・お母さん方の練習、片づけ
生徒チームの募集も随時受け付けます。4人以上でチームを作り、担任の先生まで申し込みを!!
インディアカ大会 参加チーム募集!!!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10. 12 みんなで勉強を頑張っています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 なんと、尾西三中生として過ごすのも、5か月を切ってしまいました。全員が一致団結して各自の進路に向けて、さらに頑張っています。昨日、学年集会で進路の田中先生から「受験は団体戦。みんなで一緒に良い雰囲気の中で、受験に臨んでいこう。」という話がありました。
 まず、目前の中間テスト。ベストを尽くして、学習しています。結果はどうなるか、わからないけれど、一生懸命に頑張っています。

10.13 2年生 道徳

画像1 画像1
本日2年生は教育実習生の授業を受けました。
道徳の授業で、「父の決意」という読み物を読み、考えを深めることができました。
生徒たちは周りの人に感謝の気持ちを持ち、命の大切さを感じていました。

インディアカ大会 参加チーム募集!!!

おやじの会主催で、今年もインディアカ大会を開催します。
現在、生徒・保護者(女性)ともに出場希望チームが少なく、まだまだこれからでも参加できます。

第1回の練習日は10月15日(日)16:00〜(おやじの会チームと保護者チーム)です。参加希望用紙を提出されていない方も、当日、練習会場で申し込んでいただければ結構です。ふるってご参加を!!!

インディアカ大会生徒参加募集
インディアカ大会母親参加募集

※本年度は参加賞を新しくしました!! 以下が参加賞のボールペンと優勝チームに送られるメダルです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10.12 中間テストに向けて

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 中間テストが近づいてきました。自習時間も工夫して学習を進められる生徒が増えてきています。休み時間に教科の先生に質問をする姿も見られます。頑張れ、三中1年生!!

10.11 解いてみることが大切

画像1 画像1
画像2 画像2
1年生の数学では、方程式の解き方を練習していました。
説明が済むと、早速、プリントで実際に解けるかどうか試します。
勉強は、聞くだけでなく、こうして、解いたり、書いたり、発表したり、教えたりすることで、本当の自分の力になるのです。

10.11 黙働が当たり前に

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1年生の清掃状態です。
ひたむきに床を水拭きする姿をあちこちで散見します。
もちろん、一言もおしゃべりは無し。
黙働が徹底されています。
こうした態度が習慣化され、内省を深め、
確かな人間力を高めるものと期待しています。

10.11 中間テストに向けて

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日の1限は個人面談の時間でした。
順番を待つ生徒はテスト勉強です。いくらあっても足りない時間、一人ひとりが真剣に取り組んでいました。
一方で廊下では担任の先生との個人面談が進められています。志を高くもち、地道に努力していきましょう。

10.10 2年生授業風景

画像1 画像1
画像2 画像2
2年生の英語の授業では、ペア活動で積極的に授業に参加している生徒がたくさんいました。
また、理科の授業では、集中して問題に取り組んでいました。
テスト週間に入りました。1回1回の授業を大切にするとともに、家庭学習mo
大切にしてほしいと思います。

10.10 6限 テスト計画表作成

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日からテスト週間です。
6限ではこの1週間の計画表を作成しました。
自分で立てた計画をやり切れるよう、ぜひご家庭でも励ましの声掛けをお願いします。
新しい三中ホームページはこちらから(10/9)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
10/21 市ディベート大会
10/22 市ディベート大会
10/23 生徒朝礼 第2回三校合同学校運営協議会(小信中島) 第3回学校運営協議会
10/26 秋季校外学習

お知らせ

学校配布文書

学校評価

教育目標

3年学年通信

1年学年通信

2年学年通信

PTA

全校

保健室

部活動

生徒指導

一宮市立尾西第三中学校
学校長 岩原豊起
<生徒数> (H29.4.1)
 男子 266名
 女子 285名
 合計 551名
 18学級
 (含む特別支援2学級)
〒494-0001
愛知県一宮市開明字村上54番地
TEL:0586-28-8768
FAX:0586-62-9142